ブログを含むクリーニングオンライン内の検索ができます

2010年8月31日

賠償基準のポスター作成、全ク連

全国クリーニング生活衛生同業組合連合会(青山亨会長)はクリーニング事故賠償基準に関するポスターを作成しました。


クリーニング綜合研究所の堀川祐子係長をモデルにしたもので、お客様へのお願いとして、
「クリーニング事故賠償基準」の規定により、お引取り後6ヶ月以上を経過した品物の苦情はお受けいたしません。
という内容のポスター。
各都道府県の組合を通じて所属組合員に配布されます。

2010年8月30日

7月も洗濯代支出は増加に

総務省統計局の「家計調査報告(二人以上の世帯)」2010年7月分の速報がまとまりました。

7月分の速報結果は、全国全世帯の洗濯代支出金額675円で、前年の666円より1.4%増加しました。勤労者世帯も前年より14.2%増加して770円(前年674円)でした。
支出金額は5月、6月に引き続き増加となりました。

地方別では、
  • 北海道 824円 (前年626円)
  • 東 北 626円(前年769円)
  • 関 東 728円(前年828円)
  • 北 陸 1,013円(前年854円)
  • 東 海 515円(前年517円)
  • 近 畿 589円(前年555円)
  • 中 国 622円(前年698円)
  • 四 国 579円(前年372円)
  • 九 州 744円(前年454円)
  • 沖 縄 184円(前年195円)
過去の世帯当たり支出金額はクリーニングオンラインのデータ集にも掲載しています。
http://www.c-online.net/data/

2010年8月28日

ショートパンツの絵表示誤表記

株式会社シップスはショートパンツの一部で洗濯絵表示に誤表記があると発表しました。
http://www.shipsltd.co.jp/news/detail/189/index.html

対象商品は、1月からシップス各店で販売した「Acycle:1342THRASHER LEOPARD SHORT」および「Acycle:1343THRASHER×Avoid」で、絵表示は「液温は30℃を限度とし弱い手洗い」「ドライクリーニング不可」となっていますが、正しくは「水洗いできない」「石油系ドライクリーニング可」です。水洗いをすることにより、縦方向に縮みが発生するため、洗濯の際は石油系のドライクリーニングをお勧めいたしますとのこと。

商品品番は、113-31-1342・113-31-1343。販売価格は14,700円。
同社では商品の交換、または購入代金で引き取りを行うとしています。

2010年8月27日

白洋舍が静岡支店を分社化

株式会社白洋舎(本社東京、五十嵐素一社長)は、静岡支店を会社分割し、静岡白洋舎株式会社(仮称)を新設することを発表しました。

【会社分割(簡易分割)による静岡支店の分社化に関するお知らせ/pdf】
http://www.hakuyosha.co.jp/ir/pdf/news_20100825.pdf

白洋舎を分割会社とし、新設会社を承継会社とする新設分割(簡易分割)方式で、分割予定日は平成23年1月4日、新設会社登記日は平成23年1月15日を予定しています。

静岡支店の平成21年12月期の売上高は5億1,300万円。

2010年8月26日

ふとんク協会、北海道で研修会

全国ふとんクリーニング協会(最川治久理事長)は、2010年10月1日、2日に総会と見学研修会を開催します。

初日(10月1日)は札幌市の株式会社エンパイアー化学研究所を見学、その後、株式会社エンパイアー本社で総会。翌日(10月2日)は北海道空知郡にあるメディカルクリーンアトリ株式会社でオムニマットの洗濯、乾燥工程などを見学します。

総会では日本羽毛製品協同組合との共同企画「羽毛ふとんイキイキキャンペーン」などについての説明も行われるそうです。

見学研修会には協会員以外でも参加できます。
お問合せは、全国ふとんクリーニング協会事務局(TEL 03-3726-0872)まで。

2010年8月25日

生活衛生資金貸付、利率を改定

生活衛生資金貸付の貸付利率が平成22年8月11日以降の契約から改定されました。
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000000jxd4.html

基準利率は(旧)2.15〜3.55%から(新)2.15〜3.35%となります。

東洋紡テクノユニを設立

東洋紡スペシャルティズトレーディング株式会社のユニフォーム販売子会社であるサントミック株式会社(本社東京、髙本延博社長)と株式会社新晃(本社東京、細山正則社長)は2010年10月1日付で合併し、新会社「東洋紡テクノユニ株式会社」を設立すると発表しました。
http://www.toyobo.co.jp/press/press403.htm

サントミック、新晃に分散していた機能を一カ所へ集中し、東洋紡スペシャルティズトレーディングと総合的、統合的に活用することでシナジー効果を実現し、東洋紡スペシャルティズトレーディングの機能素材を活用したユニフォームビジネスの強化を図るのが目的。
サントミックはサービスユニフォームを中心に、新晃はワーキングユニフォームを中心に営業してきました。

東洋紡テクノユニの社長には細山正則氏が就任。本社と大阪営業所をそれぞれ東洋紡スペシャルティズトレーディングと同じビル内に設置するとのこと。

2010年8月24日

アサヒ、ミラノ展示会ツアー開催

株式会社アサヒ製作所(本社横浜市、飯田正博社長)は10月にイタリア・ミラノで行われるクリーニング展示会「Expo Detergo」の視察ツアーを開催します。

今回のツアーでは展示会とあわせ、リネン工場も視察します。日程は10月15日出発、16日、17日は展示会視察、18日オランダのリネン工場視察、19日ベルギーのリネン工場視察、20日現地出発、21日成田到着。
申し込み締切りは8月31日。最小催行人員15名。

展示会には同社が提携したジェンセン(Jensen)グループも出展、最新機種などを出品する予定で、また視察先工場も連洗ユニバーサルなどを採用した大型工場です。

クリーニング苦情減少、神奈川県

かながわ中央消費生活センターが、平成21年度の神奈川県内における消費生活相談概要をまとめました。
http://www.pref.kanagawa.jp/press/1007/090/index.html

平成21年度に神奈川県及び県内市町村の消費生活センター等で受け付けた相談件数は67,312件。前年より3.9%増加しました。品目別では最も多かったのが「デジタルコンテンツ」に関する相談で、10,319件。アダルト情報サイトによる相談内容が多くを占めています。

「クリーニング」は15位で645件。前年の10位731件から減少しています。
「クリーニング」の苦情相談の状況を分類してみると(複数選択可)
  1. 品質・機能・役務品質 468件
  2. 契約・解約 331件
  3. 接客対応 291件
  4. 価格・料金 85件
  5. 販売方法 42件
  6. 法規・基準 31件
  7. 安全・衛生 20件
  8. 表示・広告 9件
  9. 計量・量目 1件
となっています。

2010年8月23日

7月のチェーンストア販売、衣料品0.8%減

日本チェーンストア協会が7月度の「チェーンストア販売統計」を発表しました。
http://www.jcsa.gr.jp/

会員企業数62社 (店舗数7,858店)の販売データをまとめたもので、概況としては、生活者の節約志向が続く中で、後半は猛暑により夏物商品を中心に動きが良かったものの、前半の天候不順による落ち込みをカバーするまでには至らず、総販売額の前年同月比(店舗調整後)は1.2%のマイナス(20ヵ月連続)となった。猛暑の影響により午前中の早い時間帯と夕方の遅い時間帯にお客様が集中した。商品別には、食品では飲料、アイスクリーム、麺類、衣料品では機能性肌着、水着、住関品では扇風機の動きが良かった、と分析しています。

衣料品を見てみると、販売金額は1,182億8,366万円 で、前年同月0.8%の減少でした。
部門別では、
紳士衣料  222億7,657万円(前年比0.6%増)
婦人衣料  382億6,305万円(前年比0.7%増)
その他衣料 577億4,404万円(前年比2.3%減)

紳士衣料は、スラックス、カジュアルパンツ、Tシャツ、ポロシャツ、ワンマイルウェアは好調だが、スーツ、ネクタイ、ジーンズは不調。
婦人衣料は、ジャケット、フォーマル、ブラウスシャツ、セーター、パンツは好調だが、スーツ、カットソー、ジーンズは不調。
その他衣料・洋品は、機能性肌着、水着は好調だが、子供服、パジャマ、ソックスは不調。雨傘、レイングッズ、帽子の動きは良かった。

2010年8月21日

クリーニング店で命の次に大事なもの

河北新報の河北春秋で、気仙沼市のクリーニング店について書かれています。
隣の店舗から火災が発生、クリーニング店の奥さんが品物を外に持ち出そうしましたが、煙を吸い意識を失ってしまいました...
http://www.kahoku.co.jp/column/syunju/20100821_01.htm

「災禍で人の温かさを知ることは多い」「一番掛け替えのないものは何か」このコラムは問いかけています。
洗濯物はすべて、近所の住民や勤め人たちが手渡しで運び出していた。クリーニング店にとって命の次に大事なものが何かを知っていた。地域の共助の心、向こう三軒の底力が一番尊い。
家族や共同体の危うい未来を映し出す問題があふれていますが、まだまだ捨てたものではないと結んでいます。

2010年8月20日

稲本ショー、11月に開催

株式会社稲本製作所(本社白山市、佐々田和男社長)は11月12日(金)、13日(土)の2日間、本社工場で「2010稲本ショー」を開催します。
http://www.inamoto.co.jp/exhibition/exhibition.html

今回は「お客様の未来をかたちに」をテーマに、次の6つのコーナーにわけて展示、提案します。
  1. 連洗コーナー
  2. ロールアイロナーコーナー
  3. バリアーウォールコーナー
  4. コンセプトコーナー
  5. 環境・省エネコーナー
  6. アフターサービスネットワークについてのご説明、ご紹介コーナー
協賛は住商アイナックス株式会社他。

2010年8月19日

7月の百貨店売上、衣料品3.7%減

日本百貨店協会が7月の「全国百貨店売上高」を発表しました。
http://www.depart.or.jp/

調査対象百貨店92社263店のデータをまとめたもので、売上高総額は約6,002億円、前年同月比で1.4%の減少でした。29カ月連続で前年同月比マイナスとなりました。
7月の売上の特徴としては、
欧米の景気減速懸念を背景に円高・株安傾向が進む中、資産効果の減退によって宝飾品や輸入雑貨など一部高額商材の動きが鈍化したが、中旬以降の猛暑でファッションを中心とした盛夏商材に動きが見られたほか、前半不調であった中元商戦も7月に入ってほぼ前年並みにまで回復するなど、最終的には前月の足踏み状況を解消する結果となった。
と分析しています。

衣料品を見てみると、売上高は2,050億9,443万3千円で、前年同月比3.7%減でした。衣料品は37カ月連続でマイナスとなりました。
商品別では、
  • 紳士服・洋品  380億215万8千円 (前年比1.6%減)
  • 婦人服・洋品 1,378億8,759万1千円 (前年比3.7%減)
  • 子供服・洋品  133億9,614万4千円 (前年比3.7%減)
  • その他衣料品   158億854万円 (前年8.9%減)
となっています。

2010年8月18日

ダスキン、2010環境報告書

株式会社ダスキン(本社吹田市、山村輝治社長)は、「環境報告書 DUSKIN GREEN REPORT 2010」をサイトに掲載しました。環境保全活動等、エコの取り組みを事業内容ごとに紹介しています。
http://www.duskin.co.jp/torikumi/ecology/hokoku/index.html

例えば、モップやマットのレンタルを行っているクリーンサービス事業では、全国47工場で、この5年間に
  • 工場電気の使用量を約19%削減
  • 工場燃料の使用量を約50%削減
  • 水の使用量を約28%削減
  • CO2の排出量を約42%削減
するなど、環境への負荷を抑えていることを紹介しています。

2010年8月17日

マイバッグ持参98.2%、山梨県

山梨県内のスーパーやクリーニング店などでのレジ袋有料化から2年目のマイバッグ持参率は87.1%と、1年目から1.9ポイント上昇しました。山梨日日新聞が報じています。
http://www.sannichi.co.jp/local/news/2010/08/17/5.html

山梨県ノーレジ袋推進連絡協議会のまとめによると有料化から2年目(2009年7月から2010年6月)のマイバッグ持参率は生活協同組合が99.5%、クリーニング店が98.2%、JA・農の駅が92.1%、スーパー・百貨店など86.7%。レジ袋利用を辞退した人が5,923万人と1年目に比べ6.9%増加。県民1人当たりでは93枚のレジ袋を減らした計算になるそうです。

なおクリーニング業では、山梨県クリーニング生活衛生同業組合、株式会社オスカー、株式会社クリーニング志村、株式会社クリーニングすわん、有限会社サンクリーニング、有限会社鈴屋リネンサプライ、株式会社ホワイト急便山梨 、有限会社ヨンマルサンなど347店舗が参加しています。

2010年8月16日

ホーヘンシュタイン、ミンスクにオフィス

ドイツのホーヘンシュタイン研究所(Hohenstein Institute)は7月、ベラルーシ共和国の首都ミンスクにオフィスを開設しました。所長はRoman Paschenuk氏。
ベラルーシをはじめカザフスタン、ウズベキスタン、モルダビア、ウクライナといった国々で品質検査の需要が増加していることに対応したもの。

Hohenstein Institute Belaru
Prityckogo Str. 112-70
Minsk 220017
REPUBLIC OF BELARUS

ホーヘンシュタイン研究所は現在、23カ国にオフィスがあります。

2010年8月15日

化粧品会社を子会社化、ダスキン

株式会社ダスキン(本社吹田市、山村輝治社長)は、化粧品の製造販売等を行うアザレプロダクツ株式会社(本社八尾市、安藤正和社長)および共和化粧品工業株式会社(本社八尾市、安藤正和社長)の株式を取得し、両社を完全子会社にすることを12日の取締役会で決議しました。

【リリース/pdf】
http://www.duskin.co.jp/ir/information/pdf/20100812.pdf

ダスキンは株式取得の理由として、
アザレプロダクツ株式会社が持つ“AZARE”ブランドが、更なる販売戦略によって「無鉱物油」「無石油系界面活性剤」「無香料」の安全な化粧品づくりと健康的な美しい素肌づくりの実現を目指した自然派化粧品として、今後も更なる拡大発展が期待できると判断し今回の決定に至ったものであります。
また、将来的には、アザレプロダクツ株式会社が持つ製販一体の機能と当社のマーケティング機能を活かした商品開発や新たな高付加価値商品の提供も視野に入れ、新しいお客様づくりを目指して参ります。
としています。

2010年8月14日

ドイツの人気コイン店の商品揃える

東京・新丸ビル内にあるギフト専門ショップDelier IDEEは8月13日から9月6日まで「Freddy Leck sein Wasch salon Fair」を開催しています。
http://www.idee.co.jp/shop/delier/

ドイツ・ベルリンで洗濯機、インテリアなどにもこだわり、カフェを併設した人気のランドリーサロン「Freddy Leck sein Wasch salon(フレディレックウォッシュサロン)」の心地良い空間を再現するフェア。オリジナル洗剤や封筒付きのTシャツなどオリジナルグッズ全アイテムを取り揃えています。

2010年8月13日

カットソーで着用時色落ち

株式会社エストネーションは「D/ESTNATION×SACRA」Wネーム、ウィメンズカットソー(カラー:ブラック/ネイビー)が着用時に色落ちする可能性があると発表しました。
http://www.sazaby-league.co.jp/brand/info/1008_2.html

対象商品は「D/ESTNATION×SACRA」(品番:01-161-13-193327)。2010年2月10日から8月1日まで販売されたもので、販売価格は15,750円。
同社では対象商品を回収、返金するとしています。

2010年8月12日

日清医療食品にTOB、ワタキュー

日清医療食品株式会社は12日、親会社であるワタキューセイモア株式会社が100%子会社である株式会社ティ・エフ・ダブリュを通じ、同社に対して株式公開買い付け(TOB)を実施すると発表しました。ロイターが伝えています。
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPnTK044156620100812

ワタキューセイモアは日清医療食品の普通株式59.77%を保有。今回のTOBは完全子会社化を目的としており、日清医療食品もTOBに賛同しています。
今回のTOBについて買付予定の株券などの数に上限を設定していないため、TOBの結果次第では日清医療食品は上場廃止となる可能性もあるとしています。買い付け期間は8月16日から10月4日。
TOB価格は1株あたり1,740円、買付代金は約501億円。

クロロカーボン衛生協会通信第15号

クロロカーボン衛生協会が「クロロカーボン衛生協会通信・第15号」(2010年8月)をサイトにアップしています(PDF配信)。
http://www.jahcs.org/message/message.htm

今号では職場の安全衛生活動—安全衛生委員会—について解説。安全委員会、衛生委員会に関して委員の構成、調査審議事項等を紹介しています。

クロロカーボンのような化学物質を取り扱う職場では、まずはその物質の危険性及び有害性を十分に熟知させ、取り扱い、貯蔵、運搬等に係わる際に発生する可能性について取り上げ、その防止策等の検討、話し合いを行うことも安全衛生委員会の大きな課題・テーマの一つとなるとしています。

2010年8月10日

アサヒ、11月に個展

株式会社アサヒ製作所(本社横浜市、飯田正博社長)は11月12日(金)、13日(土)に同社横浜工場で個展を開催することを発表しました。
「The future is steamless」をテーマに、6月に独占的販売店契約をむすんだジェンセン(Jensen)グループの機械を中心に紹介する予定。ガス式のロールや乾燥機など、工場のスチームレス化をはかる機種も登場します。
  • 連洗アサヒニューゼンキングユニバーサルP50-6
    遠心脱水機APE-3050
  • 連洗アサヒニューゼンキングメディラインP50-10
    油圧脱水機ASP-560
  • 大型洗濯脱水機 L-Tron 450
  • ガス式トンネル乾燥機APT-4100G
  • カレンダロール ACR-2700-4L
  • ジェンロールEXPG 2
といった機械が実際に見られそうです。

2010年8月9日

朝チャレ!環境省が推進

環境省ではチャレンジ25キャンペーンの一環として、CO2排出量を削減する新たなライフスタイル「朝チャレ!(朝型生活にチャレンジ)」を推進しています。
http://www.challenge25.go.jp/asachalle/

朝は早く起きて、夜は早く寝ることで、夜間の電力消費を抑えるとともに、健全で充実したライフスタイルを推奨する運動です。「朝チャレ!」は、「クールビズ」といった言葉と同様、朝型に生活時間をシフトすることで、夜間のムダなエネルギー消費を抑える、地球温暖化対策のためライフスタイルの一般的な愛称として広く使われることを意図しています。

サイトでは「朝チャレ!」に賛同する企業・団体も紹介しており、その中には、ふとんクリーニングの株式会社ザブザブも “社員全員でのラジオ体操で「朝チャレ!」を応援します” と掲載されています。

2010年8月7日

パスタのファストフード開店、カクテン屋

ユニフォームの販売やレンタルを行っている株式会社カクテン屋(橋本哲生社長)が、神戸市中央区にパスタのファストフード店「Q and Q いくたロード店」をオープンしました。神戸経済新聞が報じています。
http://kobe.keizai.biz/headline/571/

同店は注文してから1分半でできたてのパスタを提供するスピードと、1コイン以下に抑えた価格(ランチセット450円)、独自の製法による麺が特徴。女性をターゲットに「新しいランチの選択肢」として提供するとしています。
もちろんスタッフが着用するユニフォームは同社オリジナルです。

2010年8月6日

三井ガーデンホテルズ、ECO連泊プラン

三井ガーデンホテルズは8月4日から「ECO連泊プラン」サービスを開始しました。
http://www.gardenhotels.co.jp/plan/plan_eco20100726a/

「清掃不要で地球にやさしい」をキャッチフレーズにしたECO連泊プランは、2泊以上の連泊の場合、部屋を清掃しないプランで、特別価格で提供します。滞在中は、
  • シーツ、ベッドカバー、枕カバー、ナイトウェア(浴衣)の交換は行わない
  • 歯ブラシ、カミソリ、ヘアブラシ等のアメニティの交換は行わない
  • 客室、バスルームの清掃およびベッドメイクは行わず、お出かけ時の状態のままに
タオルの交換、ゴミ箱の回収、灰皿の清掃は毎日行うそうです。また3泊以上の場合は2泊おきに通常清掃を行います。

2010年8月5日

上半期のホテル・旅館倒産は50件

2010年上半期(1月から6月)のホテル・旅館経営業者の倒産は50件でした。観光経済新聞社が報じています。
http://www.kankokeizai.com/backnumber/10/07_24/ryokan_hotel.html#02

帝国データバンクがまとめたところによると、今年上半期のホテル・旅館経営業者の倒産は50件、負債総額は269億3,100万円でした。前年同期の60件、747億4,900万円から大きく減少。特に前年同期に4回あった100億円の大台超えは、今年はありませんでした。

2010年8月4日

デジジャパン、MVNOに参入

株式会社デジジャパン(本社東京、三宅良昇社長)は、NTTドコモのFOMA網を活用するMVNO(Mobile Virtual Network Operator)として、法人向け移動体通信事業に参入することを発表しました。日本通信株式会社が機材や通信インフラ等を支援します。
これにより3Gネットワークを、業務端末と、SaaSアプリケーションと通信をセットにした、ワンストップソリューションとして提供していく計画です。

http://www.digi-jp.com/

サービスの一例として、同社ではクリーニングチェーンでの活用をあげています。

従来はクリーニング店でPOS端末を導入する際、サーバとの通信等でADSLや光回線など店舗ごとに契約する必要がありました。
しかし今回のサービスでは、 デジジャパンPOS端末が、予め3Gモバイル通信端末と通信サービスがセットされた状態で届きます。店舗ではPOS端末が届いたその日から、ネット回線の有無を気にせずサービスの提供が可能となります。

また既に同社のクリーニング用POS「DUKE」とインターネット本部システム「ASTEMPO」を導入しているところでも、このワイヤレスプランに切り替えることもできるそうです。

今回の取り組みによってデジジャパンは、グループ全国150拠点に広がるサービス網をベースにクリーニング店が必要とする全てのサービスとソリューションをワンストップで提供することが可能になったとしています。

2010年8月3日

展示会の出展締切りは8月31日

「クリーンライフビジョン21/2010東京国際クリーニング総合展示会」が12月3日から5日まで、東京ビッグサイトで開催されますが、大会本部では現在、出展の申込みを受け付けています。


今年の展示会は全国クリーニング生活衛生同業組合連合会、社団法人日本産業機械工業会、全日本クリーニング機材商協議会が主催。
クリーニングに関するすべての製品・技術・サービス・ノウハウが出展対象で、クリーニングの機械や資材はもちろん、環境関連やアパレルファッション関連なども含みます。

基本小間料金は、1小間346,500円。1小間のサイズは3メートル×3メートル。
申込み締切りは8月31日。

2010年8月2日

パーカーの絵表示誤表記

株式会社シップスは女性用パーカーの一部で洗濯絵表示に誤表記があると発表しました。
http://www.shipsltd.co.jp/news/detail/176/index.html

対象商品は、昨年9月からシップス各店で販売している「シップスウイメンズ ジップフードパーカー」で、絵表示は「表地ポリエステル100%」「ドライクリーニング可」となっていますが、正しくは「ポリエステル100%
(塩化ビニルコーティング)」「ドライクリーニング不可」です。ドライクリーニングすると硬化する恐れがあるそうです。

商品品番は、NO314-02-1595。販売価格は19,950円(セール価格10,500円)。
同社では購入代金で引き取りを行うとしています。

大阪駅北にインターコンチネンタル

三菱地所株式会社など大阪駅北地区先行開発区域プロジェクト開発事業者12社とインターコンチネンタルホテルズグループは7月29日、JR大阪駅北側の再開発地域に2013年完成予定の高層ビルに「インターコンチネンタルホテルズ&リゾーツ」が出店すると発表しました。

【プレスリリース/pdf】
http://www.mec.co.jp/j/news/pdf/mec_100729.pdf

関西初となるインターコンチネンタル(名称は未定)は2013年の開業を目標にホテル(客室約200)とレジデンス(戸数約50)、レストラン、宴会場等を営業する予定。
今後、大阪駅北地区先行開発区域プロジェクトにおいてホスピタリティ、アメニティなどのおもてなしの機能のほか、賑わい、交流、憩いを創造する機能として国内外からの集客をはかる役割を担うとしています。

2010年8月1日

白洋舎が第2四半期決算を発表

株式会社白洋舎(本社東京、五十嵐素一社長)は、平成22年12月期第2四半期の連結業績(平成22年1月1日から6月30日)を発表しました。
http://www.hakuyosha.co.jp/ir/02.html

それによると、
  • 売上高    222億5,100万円(前年同期比3.8%減)
  • 営業利益    6億7,400万円(同17.0%減)
  • 経常利益    6億400万円(同20.5%減)
  • 四半期純利益  2億7,400万円(同14.5%減)
でした。

第2四半期連結会計期間(平成22年4月1日から6月30日)の業績を事業セグメント別にみると、

クリーニング事業は、4月の記録的な天候不順により、衣替え需要が伸び悩み、売上面では大変苦戦。これに対して工場生産ラインの変更による生産性の向上や不採算店舗の閉鎖を行ない、経営体力の強化に取り組んだり、社内資格取得推進による、工場技術者やカウンタースタッフ等のスキルアップに力を入れ、生産性の向上を目指したそうです。
以上の結果、売上高は78億8,700万円(前年同期比3.3%減)、営業利益は15億9,000万円(前年同期比
6.0%減)でした。

レンタル事業のうち、リネンサプライ部門は、都内のホテル稼動が回復傾向にあり、売上減少に歯止めがかかりました。一方で、生産部門を中心とした経費削減等に取り組むことで増益。
ユニフォーム部門は、得意先の事業縮小や人員削減の影響により、減収となりましたが、労務費を中心とした経費削減により、増益となったとのこと。
ケミサプライ部門におきましては、低価格競争や得意先のコスト削減などの影響から、より一層厳しい事業環境が続いたとしています。
以上の結果、売上高は46億8,000万円(前年同期比1.2%減)、営業利益は2億6,300万円(前年同期比18.3%増)でした。

ダスキンが第1四半期決算を発表

株式会社ダスキン(本社吹田市、山村輝治社長)は、平成23年3月期第1四半期の連結業績(平成22年4月1日から平成22年6月30日)を発表しました。
http://www.duskin.co.jp/ir/information/kessan.html

それによると、
  • 売上高    439億5,000万円(前年同期比3.5%減)
  • 営業利益    28億2,400万円(同17.0%減)
  • 経常利益    33億3,500万円(同13.6%減)
  • 四半期純利益  8億6,300万円(同46.7%減)
でした。

同社では事業別に展開していた既存の事業をマーケット別の組織へと変更し、事業間の相乗効果を発揮していくことが必要不可欠であるとの考えから、当第1四半期初に組織変更を実施し、同時に報告セグメントも「クリーングループ」「フードグループ」「その他」に変更しました。

「クリーングループ」のホームサービス事業(一般家庭向けサービス)は主力のモップ商品群の売上が減少し、売上高は前年同期を下回りました。家庭向けのお掃除サービスは、エアコンクリーニングの売上が価格の見直しやキャンペーン効果により増加、掃除等の家事代行サービスの売上は前年同期並みとなったとのこと。
ビジネスサービス事業(事業所向けサービス)では事業所数が減少傾向にある市場環境の影響を受け、主力商品であるマット商品群の売上が減少し、売上高は前年同期を下回りました。
以上の結果、クリーングループ全体の売上高は286億8,300万円(前年同期比2.5%減)、営業利益は35億4,400万円(前年同期比17.4%減)でした。

トーカイが第1四半期決算を発表

株式会社トーカイ(本社岐阜市、小野木孝二社長)が平成23年3月期第1四半期決算の連結業績(平成22年4月1日から平成22年6月30日)を発表しました。
http://www.tokai-corp.com/finance/

それによると、
  • 売上高   :197億円 (前年同期比3.7%増)
  • 営業利益  : 11億700万円 (同3.6%増)
  • 経常利益  : 12億8,500万円 (同15.4%増)
  • 四半期純利益: 6億4,200万円 (同1.4%減)
でした。

決算短信によると、ヘルスケア関連事業は老齢人口の増加を背景に堅調に推移していますが、環境サービス事業では顧客先である法人の経費削減や個人の消費減退が続いており、景気後退の影響が残る結果でした。しかしコアセグメントの「健康生活サービス」「調剤サービス」が堅調に推移し、売上高の伸長に貢献したとしています。