ブログを含むクリーニングオンライン内の検索ができます

2012年12月31日

大掃除でふとんは後回し?

ブカンセムズ日本支社は、アレルギーに関する意識調査の結果を発表しました。同社はふとん専用ダニクリーナーを販売しており、今回の調査は2012年11月2日から5日の3日間、20歳以上の男女1,090人を対象に行われました。
http://www.dreamnews.jp/press/0000065553/

アンケートによると、自分もしくは同居する家族がアレルギーにかかっているとする人が半数となっています。アレルゲンの認知度としては花粉、ハウスダスト、卵(鶏卵)が上位を占めています。

また大掃除で掃除する場所では、台所(65%)やお風呂(64%)、リビング(63%)、トイレ(62%)等を中心にそうじをする人が多く、寝具(ふとん、ベッド)は35%で8番目と後回しにされる傾向があるとしています。

2012年12月30日

きょくとうが第3四半期決算を発表

株式会社きょくとう(本社福岡市、牧平年廣社長)が平成25年2月期第3四半期決算(非連結)を発表しました。
http://www.cl-kyokuto.co.jp/company/index.html

第3四半期の業績(2012年3月1日から11月30日)は売上高が54億4,000万円で前期より0.3%減少。営業利益、経常利益も前期より減少となりました。
  • 売上高   :54億4,000万円 (前期比0.3%減)
  • 営業利益  : 3億8,200万円 (前期比28.4%減)
  • 経常利益  : 4億3,500万円 (前期比24.6%減)
  • 四半期純利益: 2億2,200万円 (前期比21.9%減)
決算短信によると、生産面においては、工場・プラントの女性班長を中心とした生産性アップの取り組みと新しい機械設備の積極的な導入を実施するなど、品質と生産性の向上に取り組みました。
営業面においては、工場・プラントの女性スタッフによる販促活動「I(愛)メール」や販促品などを
活用した取り組みと、9月には「新規入会キャンペーン」を実施するなど、「お客様づくり」「売上づく
り」に取り組みました。

エリアの拡大と生産の効率化をはかるため、平成24年8月に久留米プラント(福岡県久留米
市)、9月に伊都プラント(福岡市西区)、尾道プラント(広島県尾道市)、10月に板橋プラント(東京都板橋区)を開設。また新規出店は、当第3四半期累計期間において30店舗を出店。

利益については、主に新規出店と新規プラントの開設に伴う費用の増加や、生産面における新しい
機械設備の導入、営業面における販促活動の強化に伴う費用の増加により、営業利益、経常利益、四半期純利益とも減益となった、としています。

2012年12月29日

大阪国際見本市委員会が法人解散へ

社団法人大阪国際見本市委員会(佐藤茂雄会長)は平成24年12月末で業務を終了し、平成25年3月末に法人を解散することを発表しました。
http://www.fair.or.jp/index.html

大阪国際見本市委員会は、平成15年のクリーンライフビジョン21大阪大会から特別開催協力として参画し、先日行われたクリーンライフビジョン21「2012東京国際クリーニング総合展示会」でも事務局として運営を行っていました。

同会は1953年(昭和28年)に大阪府・大阪市・大阪商工会議所・海外市場調査会 (現在の日本貿易振興機構)等の5者をもって発足。1954年にアジア初の国際見本市を開催し、以後、公益的な国際見本市運営組織として事業を行っていました。
平成24年度はクリーンライフビジョン21のほか、国際アパレルマシンショー、大阪モーターショー、フードテックなど6つの見本市事業を実施していました。

2012年12月28日

予約図書の貸出・返却を店舗でサービス

株式会社白洋舎(本社高松市、鵜川俊英社長)の店舗で、高松市図書館の予約図書の貸出・返却サービスを実施することになりました。
http://library.city.takamatsu.kagawa.jp/index.asp

予約図書の貸出・返却サービスは、これまでコンビニエンスストア2店舗で行っていましたが、実施店舗が休店することから、平成25年1月11日から白洋舎郷東町本店、白洋舎コープ栗林店、高松シティホテルで実施することになったそうです。

11月の洗濯代支出、20%の減少

総務省統計局の「家計調査報告(二人以上の世帯)」2012年11月分がまとまりました。

11月分の結果は、全国全世帯の洗濯代支出金額561円で、前年の702円より20%の大幅な減少となりました。
勤労者世帯も前年より9.0%減少の680円(前年747円)でした。

地方別では、
  • 北海道 777円(前年532円)
  • 東 北 441円(前年784円)
  • 関 東 617円(前年804円)
  • 北 陸 429円(前年682円)
  • 東 海 625円(前年877円)
  • 近 畿 496円(前年629円)
  • 中 国 554円(前年360円)
  • 四 国 855円(前年639円)
  • 九 州 389円(前年563円)
  • 沖 縄 219円(前年285円)
過去の世帯当たり支出金額はクリーニングオンラインのデータ集にも掲載しています。
http://www.c-online.net/data/c_expense/index.html

2012年12月27日

ナガイレーベンが第1四半期決算を発表

ナガイレーベン株式会社(本社東京、澤登一郎社長)が平成25年8月期第1四半期決算の連結業績(平成24年9月1日から平成24年11月30日)を発表しました。
http://www.nagaileben.co.jp/ir-jyouhou.html

それによると、
  • 売上高   :29億7,800万円(前年同期比1.3%減)
  • 営業利益  :8億1,600万円(同1.5%増)
  • 経常利益  :9億2,100万円(同8.8%増)
  • 四半期純利益:5億6,300万円(同13.2%増)
でした。

決算短信によると、メディカルウェア業界は市場の安定を背景に概ね業界は順調でした。このような状況のもと、前年同期の売上高が東日本大震災の影響による更新遅れ物件の発生と患者衣の大口納入により6.5%の伸びであったために、当第1四半期連結累計期間は若干の減収となりました。しかし更新物件もほぼ予定通り受注できており、全体としては順調に推移しているものと考えている、としています。

2012年12月26日

白洋舍が新本社を建設へ

株式会社白洋舍(本社東京、五十嵐素一社長)は、東京都大田区下丸子2丁目にある東京支店ならびに連結子会社の共同リネン株式会社の隣地に新社屋を建設し、本社機能を移すことを決定しました。
http://www.hakuyosha.co.jp/news_files/upload_news_file/20121221120727_943308.pdf

現在、隣地(約2,545平方メートル)は日本精工株式会社が保有していますが、平成25年3月に取得し、6月ごろに建物を着工、26年6月ごろに新社屋を竣工する予定。土地と建物の投資総額は約21億円。新社屋には白洋舍の本社とともに、分散している連結子会社の本社も集約します。

本社機能をグループの主力営業・生産拠点に隣接させることにより、よりお客さまや現場の視点に沿った経営を目指すとしています。またグループの本社機能を集約することで、業務効率の改善をはかるとともに、グループ間でのシナジーを追求するとのこと。

東京都渋谷区神山町の現本社は、新社屋に移転後、賃貸する方針。

2012年12月25日

アップリカ、ベビーカーのクリーニング開始

アップリカ・チルドレンズプロダクツ株式会社(本社大阪市、前田英広社長)は、ベビーカーのクリーニングサービスを開始しました。
http://www.aprica.jp/cleaning

赤ちゃんのために常に清潔で快適な状態を保ちたい、という要望に応えたサービス。布地部分からフレームまで、ベビーカー全体をクリーニングしたうえ、さらにメーカーならではのサービスとして、修理などでお受けする車輪のグリスアップも実施。クリーニング後にはベビーカーがきれいになるだけでなく、押しやすさも改善されるのこと。

クリーニング料金はベビーカーのタイプによって3,675円〜5,250円(集配料は別途)。現在のサービスエリアは、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県。

同社は1949年にベビーカーの開発第1号を発表しているベビー用品の大手メーカー。

「日本クリーニング新聞」1662号発行

クリーニング業界の業界紙「日本クリーニング新聞」2012年12月25日号(第1662号)が発行されました。


今号の主な内容は、
  • 中小企業金融円滑化法3月切れの対応〜貸し渋りや融資条件厳格化への準備
  • 個人店事業継承、相続以外も円滑に
  • 東京都組合・第2回事故品展示会
  • 売上アップ経営サークル/来年度の会員先行募集をスタート
  • プレイバック'12東京展〜写真レポートでおくる
  • 回顧2012/新市場創造へ挑戦の1年
  • ロイヤルネットワーク・平成24年度事業説明会

【日本クリーニング新聞のサイト】
http://www.nicli.co.jp/

2012年12月23日

JALグループ、新制服のデザイン決定

JALグループの新しい制服のデザインが決定しました。
http://press.jal.co.jp/ja/release/201212/002354.html

グループの航空運送事業に関わる全部門(約26,700名)の制服が一新されます。従来、異なるデザインだった客室乗務員や搭載・貨物部門の制服のデザインを統一することや、素材・管理方法について徹底的な見直しを実施することにより、大幅なコスト削減を実現。
新デザインは、新生JALブランドのコンセプトをベースに、清楚で上質なものを目指すとともに、航空機のデザイン・空港のサインとも調和し、お客さまに一目で「JALグループの社員」と認識できるものにしたとのこと。

新制服は2013年度上期から導入するとしています。

2012年12月22日

ブルゾン、摩擦により中綿が出る

ブランシェス株式会社は、ブルゾンの一部で中綿が出てくる可能性があると発表しました。
http://www.branshes.jp/news/2012/12/1227.shtml

対象商品はリバーシブルブルゾン(品番2412-157、2412-158)。摩擦により中綿が出てくる商品があることが確認されたため、同様の現象が起こった場合、同社では違う商品への交換、または返金対応するとしています。

11月のチェーンストア販売、衣料品5.2%増

日本チェーンストア協会が11月度の「チェーンストア販売統計」を発表しました。
http://www.jcsa.gr.jp/

会員企業数57社(店舗数7,873店)の販売データをまとめたもので、概況としては、11月は全国的に気温が低くなったことから、衣料品では秋冬物・冬物、食品では鍋物商材といった季節商品は好調に推移。一方、相場安による青果など食品全般が苦戦したことから、販売総額は9カ月連続で前年同月を下回った、と分析しています。

衣料品を見てみると、販売金額は1,282億9,054万円で、前年同月5.2%の増加でした。
部門別では、
紳士衣料  285億4,347万円(前年比6.9%増)
婦人衣料  383億4,973万円(前年比4.4%増)
その他衣料 613億9,734万円(前年比4.9%増)

紳士衣料は、コートなどの冬物衣料をはじめビジネススーツ、スラックスは好調だったが、長袖Tシ
ャツ、長袖ポロシャツは不調。
婦人衣料は、ジャケット、カットソー、セーター、ジーンズは好調だったが、カットレングス、長袖
Tシャツ、ブラックアンサンブルは不調だった。
その他衣料・洋品は、ヒート系インナーは紳士・婦人・子供ともに好調、ベビートドラーも好調だっ
た。子供ホームウエアー、女子冬物ハーフパンツ、女児トレーナーは不調。婦人ブーツ、手袋が好調だ
った。

2012年12月21日

白洋舎のカーテン当日仕上げが人気

株式会社白洋舍(本社東京、五十嵐素一社長)のワンデーカーテンクリーニングが好評、という記事をzakzakが掲載しています。
http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/news/20121220/ecn1212200709000-n1.htm

午前中の預かりで、夕方までに仕上がるというカーテンクリーニングのワンデーサービス(当日仕上げ)。替えのカーテンがなくても夜にはきれいなカーテンを使えるとあって、この年末ブレークして「猫の手も借りたいほどの忙しさなんです」とのこと。あわせて、クリーニング料金の5%の手数料でカーテンの取り外し、取り付けするサービスもお年寄りのご家庭に喜ばれているとしています。

単なる洗濯だけでない新しい価値提案こそ『GS世代』(処分所得の高い黄金の60代)を主要顧客に持つ白洋舍が、いまもっとも取り組んでいるテーマだと、記事ではカーテンクリーニングだけでなく、さまざまな同社の取り組みを紹介しています。

コート、クリーニングで色落ち

株式会社メンズ・ビギは「UNIONSTATION」ブランドのコートの一部で、クリーニングによる色落ちが発生すると発表しました。
http://www.unionstation.jp/info/2012/12/post_115.php

対象商品はUNIONSTATIONコート、商品番号:M0823FJM21、商品番号:M0823FJM22、商品番号:M0831FJM08。このうちボルドー色の商品に関しては、回収のうえ返金、または修理で対応。レッド色、ブルー色、ネイビー色、ブラック色の商品については、クリーニングに関する注意事項を記載したシールを用意するとのこと。

またボルドー色のコートは12月20日以降販売分から色落ちしない加工を施しているそうです。あわせて内ポケットに注意文シールを貼付してあります。
http://www.unionstation.jp/info/2012/12/post_118.php

2012年12月20日

タートルネックポンチョの品質表示に誤り

株式会社ビームスは、タートルネックポンチョの一部で品質表示に誤りがあると発表しました。
http://www.beams.co.jp/aboutus/important/detail/947

対象商品は2012年9月12日から11月30日まで販売した<LAPIS LUCE>タートルネックポンチョ(品番6415-0149-173)。
品質表示がアクリル70%、毛30%となっていますが、正しくは「アクリル75%、モヘヤ15%、毛10%」。取扱い方法には変更はありません。
同社では正しい表記のラベルに付け替え希望の場合、店舗まで連絡してほしいとしています。

2012年12月19日

It's time to start thinking Clean - the Clean Show, that is!

クリーニングの国際展示会「Clean Show」が2013年6月20日から22日、アメリカ・ニューオーリンズで開催されます。
http://www.cleanshow.com/cleanshow2013/public/enter.aspx

先月から事前登録の受付もはじまり、 サイトでは開催日までのカウントダウンも表示されています。クリスマスシーズンにあわせてかと思いますが、開催を案内するグリーティングカードも発送されるなど、着々と準備がすすめらています。


Clean Showは2年に1度、アメリカで開催されるドライクリーニング、ランドリー、テキスタイルサービスの世界最大規模の展示会。前回、ラスベガスで行われたClean 2011には430社が出展し、世界88カ国から約11,200人が来場しました。

11月の百貨店売上、衣料品3.4%増

日本百貨店協会が11月の「全国百貨店売上高」を発表しました。
http://www.depart.or.jp/

調査対象百貨店86社249店のデータをまとめたもので、売上高総額は約5,542億円、前年同月比で2.2%増。7カ月ぶりのプラスとなりました。
11月の特徴としては、全国的に平年を大きく下回る気温低下から、展開最盛期のコートを中心とした重衣料やマフラー・手袋などの防寒用品を含む主力の衣料品が活発に動いたほか、身のまわり品も大幅な伸びを示した、としています。

衣料品を見てみると、売上高は1,959億6,942万8千円で、前年同月比3.4%増でした。
商品別では、
  • 紳士服・洋品 445億2,589万9千円 (前年比5.8%増)
  • 婦人服・洋品 1,255億3,466万1千円 (前年比3.0%増)
  • 子供服・洋品 119億2,922万5千円 (前年比1.8%増)
  • その他衣料品 139億7,964万3千円 (前年比1.3%増)
となっています。

2012年12月18日

「日本クリーニング新聞」1661号発行

クリーニング業界の業界紙「日本クリーニング新聞」2012年12月15日号(第1661号)が発行されました。


今号の主な内容は、
  • 接客CA資格会員外受験可に/TeMA
  • 品質研究会/年内最後は見学会
  • 感染症研究権威、RALの有効性を語る
  • 産機工洗濯機部会・機械設備「関連法令ガイドブック」完成、配布
  • 学校・団体・研修会特集〜賢く学び次代へステップ
  • 今週の機材紹介(中村商店・3Dカラーキーパーなど)

【日本クリーニング新聞のサイト】
http://www.nicli.co.jp/

2012年12月16日

寝具の乾燥消毒車で出張サービス

日本アメニティー株式会社(本社富山県魚津市、宮崎正太郎社長)は寝具の乾燥消毒車を導入し、出張サービスをはじめたと、北日本新聞が報じています。
http://webun.jp/news/A600/knpnews/20121214/71811

同社は保育園や福祉施設などへの寝具リースや、ホテルなどへのリネンサプライ、アメニティー用品販売を手掛けています。今回、導入した寝具の乾燥消毒車は、一度にふとん約20枚を、約90度の熱風とオゾンで乾燥・殺菌できるもの。作業時間も1時間程度ですむそうです。

富山県内を中心に福祉介護施設や保育園などへサービスを提供するほか、寝たきりの人がいる個人宅にも出張し、買い物支援サービスに並ぶ新たな福祉サービスにしたい考えとのこと。

2012年12月15日

クリーンファイターズ、リーグ4位で終了

株式会社東京洗染機械製作所が母体のラグビークラブチーム「クリーンファイターズ」の今シーズンのリーグ戦が終了しました。
http://www.clean-fighters.jp/cat3/cat6/

イーストリーグ Div.2に所属するクリーンファイターズは3勝4敗(勝点17)で全日程を終了。リーグ4位となり、Div.2に残留です。

リネン業厚生年金、指定基金に

厚生労働省は平成24年11月30日付けで、早期かつ確実に財政健全化を図ることを目的とした「指定基金」に新たに18厚生年金基金を指定しました。
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002qnpy.html

平成24年度の指定基金には、日本リネンサプライ業・介護事業厚生年金基金も含まれています。

指定基金制度は、運用環境の悪化などにより、財政の健全性が問題となったことから、平成17年度に設けられました。積立水準が著しく低い基金を厚生労働大臣が指定し、5年間の財政健全化計画を作成させて、計画に従った事業運営を指導するもの。
今回、新たに指定された18の基金を含め、指定基金総数は97基金。厚生年金基金総数は571ですので、17%が対象となっています。

2012年12月14日

「クリーニング流通新聞」268号発行

クリーニング業界の業界紙「クリーニング流通新聞」2012年12月10日号(第268号)が発行されました。


今号の主な内容は、
  • 3日間で9775名来場〜注目された今年の東京展
  • クレジット決済できる店・クリーニング業は現在1万8千店
  • TeMA/新年度方針を発表
  • レック(兵庫)が浄化体験発表/全協・環境保全大会
  • 都経協/中間管理職ゼミと忘年会
  • クリーンライフビジョン21・写真レポート
  • 優勝は幸栄舎の石毛さん/C-1グランプリ
  • 元気を出そうクリーニング業界〜すしざんまい社長講演

2012年12月13日

生活衛生資金貸付、利率を改定

生活衛生資金貸付の貸付利率が平成24年12月12日から改定されました。
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002qryc-att/2r9852000002qs1y.pdf

基準利率 :2.05〜3.35%
特別利率A:1.65〜2.95%
特別利率B:1.40〜2.70%
特別利率C:1.15〜2.45%
特別利率E:0.65〜1.95%
特別利率F:1.75%

・引火性溶剤の安全対策設備の導入が必要なクリーニング業を営む方(洗濯物取次業を除く)が、引火性溶剤使用に伴う安全対策に必要な設備資金については、特別利率Cが適用されます。
・生活衛生同業組合等から、一定の会計書類を準備していることの確認および事業計画の確認を受けた方が振興事業を行うための設備資金および運転資金については、通常適用される利率より0.15%低い利率でご利用いただけます。
・東日本大震災に伴う東日本大震災復興特別貸付及び生活衛生関係営業経営改善資金特別貸付における拡充措置が適用されています。

2012年12月12日

コーデュロイシャツの品質表記に誤り

株式会社ビームスは、コーデュロイシャツの一部で素材の表記に誤りがあると発表しました。
http://www.beams.co.jp/aboutus/important/detail/908

対象商品は2012年9月1日から11月18日まで販売した「GIANNETTO(ジャンネット)」コーデュロイ シャツ(品番:2411-0013-272)。23,100円。
品質表記が麻100%となっていますが、正しくは「綿100%」。取扱い方法に変更はありません。同社では、正しい表記のラベルに付け替え希望の場合は連絡してほしいとしています。

2012年12月11日

「日本クリーニング新聞」1660号発行

クリーニング業界の業界紙「日本クリーニング新聞」2012年12月5日号(第1660号)が発行されました。


今号の主な内容は、
  • 東京展商談活発賑わう〜真剣さ溢れた1万人来場
  • ロイヤルネットワーク新展開/うさちゃん+魔女「マーシ」
  • クリーンサワ/トルコでグリーンDry
  • 全協・第21回環境保全大会〜パーク土壌汚染問題に挑む
  • ワイズプラント/九州初「基準作りセミナー」
  • 毛利春雄の『クリーニング革新大系』〜クリーニングの機械とメンテナンス
  • 展示会速報(1)セミナー盛況の裏に危機感

【日本クリーニング新聞のサイト】
http://www.nicli.co.jp/

2012年12月10日

おしぼりで手指衛生を促進

株式会社藤波タオルサービス(本社東京都国立市、藤波璋光社長)は、おしぼりによる「ウイルス・食中毒対策の為の手指衛生」のプロモーションを本格的に開始すると発表しました。
http://prw.kyodonews.jp/opn/release/201212078804/

同社はウイルス対策おしぼりとして「VB(ブイビー)」シリーズを提供しています。「VB」は慶大発ベンチャーと共同研究し、通常のおしぼりより99.9%以上ウイルスの活動を不活性にすることを実証、開発して特許出願したもの。

例年、冬場にはインフルエンザが流行することに加え、今年はノロウイルスが大流行すると見られ、食事前にVBおしぼりで手を拭くことで、手にウイルスや細菌の付着を防ごうという啓蒙活動を12月初旬から進めていきます。
具体的には、飲食店内へ貼付できるVBステッカーを全数無償配布、併せてWEBサイトも設立し一般消費者への訴求をしていくとしています。当初は首都圏を中心として約1万店舗からステッカーの配布を開始するとのこと。

2012年12月8日

ボーケン、東京本部ビルに移転

一般財団法人ボーケン品質評価機構(堀場勇人理事)は東京本部ビルに東部事業所、東部試験センター、日本橋ビーボラボの3拠点を統合し、「東京事業所」として業務を開始します。
http://www.boken.or.jp/main/news/notice/post_19.html

東京本部ビルの所在地は、東京都江東区毛利1-12-1。地上5階、地下1階。移転する3つの試験場をあわせたスペースより2.4倍の広さがあり、1拠点でより多くの試験が可能となるため、よりスピーディな対応ができるとしています。また試験方法やその仕組みを知ってもらうため、研修センターも設置するとのこと。

東部事業所は12月17日から、日本橋ビーボラボは12月25日から、東部試験センターは来年1月15日から、それぞれ東京本部ビルで業務を開始します。

2012年12月7日

「東京クリーニング界」758号発行

東京都クリーニング生活衛生同業組合の「東京クリーニング界」2012年12月号(第758号)が発行されました。


今号の主な内容は、
  • 要注目!取扱い絵表示改正の動き
  • 第2回事故品展示会開催決定!テーマは損傷
  • 投稿〜大森支部・屋形船で家族慰安
  • クリーニング事故の推定方法
  • クリーニング学校通信
  • 第20回消費者センターとの懇談会/受付の接客能力の向上を
【東京都クリーニング生活衛生同業組合のサイト】
http://www.tokyo929.or.jp/

婦人服パンツ、組成表示漏れ

イトキン株式会社は「エスピエ」ブランドの婦人服パンツの一部で、組成表示に記載漏れがあったと発表しました。
http://www.itokin.com/information/important/info121205.html

対象商品は、エスピエが2012年9月から11月まで販売した婦人服パンツ「TRガンクラブ」。品番はDRLAM-26150とDSLAM-26150。15,750円。
組成表示はポリエステル63%、レーヨン35%、ポリウレタン2%となっていますが、正しくは「本体部分:ポリエステル63%、レーヨン35%、ポリウレタン2%/パイピング部分:合成皮革」。
同社では、適正な品質ラベルへの付け替えで対応するとしています。

2012年12月6日

金づち強盗事件、千葉県

千葉県香取郡神崎町で金づち強盗事件が発生しました。千葉日報が報じています。
http://www.chibanippo.co.jp/c/news/national/113281

12月5日午後4時ごろ、神崎町のたばこ販売兼クリーニング店に男が侵入、金づちを振り回しながら店番をしていた女性に「金を出せ」と脅迫、現金約7万円を奪って逃走したそうです。
香取署は強盗事件として男の行方を追っています。

東京クリーニング学校、入学案内ビデオ公開

東京クリーニング学校は、クリーニング学校を紹介する入学案内ビデオを作成しました。サイトで公開しています。
http://school.tokyo929.or.jp/admission/post_3.php

ビデオでは、学校の周辺環境から授業風景などを紹介しています。

現在、東京クリーニング学校は平成25年度4月入学生を募集していますので、入学を検討されている方は是非ご覧ください。また実際の授業を見学できるオープンキャンパスも実施しています。

2012年12月5日

標準的な検品・検査工程のDVD作成

全ク連・クリーニング技術部会(溝口悦夫部会長)は「利用者信頼確保のための標準的な検品・検査工程」DVDを作成、販売を開始しました。


クリーニング綜合研究所の事故衣料品鑑定では、全体の6〜7割の事故が利用者に返却したあとに指摘されているため、受付時から返却までの工程で的確な検品・検査を行っていくことが重要となります。

今回のDVDには、適正な状態で品物を引き渡すために必要な「受付から返却までの標準的な検品・検査工程」「溝口悦夫部会長によるジャケット、ズボン等のチェックポイントの確認」が映像でおさめられています。あわせて「標準的な検品・検査工程概要図」「検査工程作業ポイント」などの解説資料も収録。

販売価格は技術部会員2,000円、一般5,000円(それぞれ消費税込、送料別)。

2012年12月4日

黒色のワンピースで色落ち

株式会社ユナイテッドアローズは、ワンピースの一部で生地裏側より色落ちが発生すると発表しました。
http://www.united-arrows.co.jp/info/2012/11/020493.html

対象商品は2012年10月11日から11月15日までアナザーエディション各店舗で販売したワンピース「AE ベロア N/SL OP」(品番5626-199-2172)。黒色の商品のみ、生地裏側より色落ちが発生するため、同社では交換、返品対応するとしています。

2012年12月3日

東京国際クリーニング総合展示会が閉幕

クリーンライフビジョン21「2012東京国際クリーニング総合展示会」が11月30日(金)から12月2日(日)まで、東京ビッグサイトで開催されました。今年で50回目という大きな節目となった展示会ですが、期間中、前回の東京開催より約1,300人多い、9,775人が来場しました。


クリーニングオンラインでは、今年も出展全ブースを掲載した写真レポートを公開しています。
http://www.c-online.net/exhibit/clv2012/photoreport/index.html
展示会へ行った人も、行かなかった人も、写真レポートで会場の雰囲気をお楽しみください。

なお次回の「2013大阪国際クリーニング総合展示会」は2013年11月15日から17日、インテックス大阪で開催予定。

アイロンがけ日本一に山本孝氏

11月30日に東京国際クリーニング総合展示会の会場内で行われた「第25回全国ワイシャツ仕上競技大会」の様子をフジニュースネットワーク(FNN)が伝えています。
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00236319.html

大会には全国から選ばれた20代から70代までの精鋭10人が参加。制限時間内にアイロンでワイシャツを仕上げ、その技術などを審査します。

今年、見事に優勝(厚生労働大臣賞)したのは関東・甲信越ブロック代表の山本孝氏でした。
また大会会長賞は渡部五郎氏(神静ブロック代表)、ビジョン21賞は本間利吉氏(北海道ブロック代表)でした。

2012年12月1日

10月の洗濯代支出、2.6%の減少

総務省統計局の「家計調査報告(二人以上の世帯)」2012年10月分がまとまりました。

10月分の結果は、全国全世帯の洗濯代支出金額634円で、前年の651円より2.6%の減少となりました。
勤労者世帯も前年より0.4%減少の694円(前年697円)でした。

地方別では、
  • 北海道 893円(前年793円)
  • 東 北 594円(前年769円)
  • 関 東 730円(前年677円)
  • 北 陸 624円(前年686円)
  • 東 海 657円(前年659円)
  • 近 畿 496円(前年616円)
  • 中 国 654円(前年513円)
  • 四 国 573円(前年713円)
  • 九 州 467円(前年554円)
  • 沖 縄 177円(前年364円)
過去の世帯当たり支出金額はクリーニングオンラインのデータ集にも掲載しています。
http://www.c-online.net/data/c_expense/index.html