ブログを含むクリーニングオンライン内の検索ができます

2015年8月31日

ライオン、洗濯に関する意識・実態調査

ライオン株式会社(本社東京、濱逸夫社長)は、未就学児をもつママを対象に、洗濯に関する意識・実態調査を実施しました。
http://lion-corp.s3.amazonaws.com/uploads/tmg_block_page_image/file/2317/20180831.pdf

調査は2015年6月19日から23日まで、全国47都道府県の未就学児を持つママ2,650名を対象にインターネットで実施。

調査の結果、約9割のママが「子どもの清潔や健康のためにお洗濯で菌対策を行いたい」と思っていることが判明。一方で、その意識と実態は県によって違いがあることがわかりました。
概要としては、洗濯への意識や自己評価が高く、子どもの衣類を菌から守る洗濯がしっかりできているのは和歌山県、山梨県、岡山県。
子どもが幼稚園や保育園に行くようになって、子どもの衣類の菌対策をしたいと思うようになった人が65.9%。しかし、子どものために菌対策ができているかの自己採点の全体平均は53.2点と低めでした。

2015年8月30日

アクロン公式アプリ「これ洗える?」

ライオン株式会社は、アクロン公式のアプリ「これ洗える?」を公開しています。
http://acron.lion.co.jp/app/index.htm

洋服の絵表示をチェックして、洗えるかどうか判定するとともに、洗い方や干し方のアドバイスも紹介。MyCloset機能で持っている洋服の管理もできます。

「これ洗える?」アプリは、iOS6.1以上/Android4.0.3以降のスマートフォン端末に対応。

「洗濯の科学」238号発行

一般財団法人洗濯科学協会の「洗濯の科学」2015年8月号(第238号)が発行されました。


今号の内容は、
  • 洗濯用洗剤の除菌評価方法と除菌基準
  • 男性の小用スタイルによるトイレまわりの汚れ実態
  • 浴衣の手入れ
  • 国産表示制度「J∞QUALITY 商品認証事業」とその期待
  • ドイツのドライクリーニング
  • 世界のクリーニング事情:第4話ヨーロッパ編後編
  • 相続の憂鬱〜タワーマンション節税〜
  • クリーニングの苦情事例(19)着用中に作用した高熱物による破損など
  • 自然素材でのんびりナチュラル・ライフ(36)家事の常識・非常識
  • 平成26年度研究助成による研究報告(要旨)
  • 編集後記

【洗濯科学協会のサイト】
http://www.foundation-f.com/~sentakukagaku/

2015年8月29日

クリーニング店兼住宅から出火、大阪

大阪市のクリーニング店で火災が発生しました。産経WESTが報じています。
http://www.sankei.com/west/news/150829/wst1508290047-n1.html

8月29日午前10時5分ごろ、大阪市平野区平野宮町のクリーニング店兼住宅から出火。木造2階建ての店舗兼住宅や、隣接する民家や空き事務所計5棟が焼けました。この火災で経営者の73歳の男性が両腕にやけどを負って病院に搬送されたとのこと。大阪府警平野署が詳しい出火原因を調べています。

【続報】
店舗は洋服リフォーム店で、クリーニングの取次も行っていた可能性があります。
出火原因は掃除機を使用中、コンセントから煙が上がり燃え広がったとのこと。

毎日新聞
http://mainichi.jp/select/news/20150829k0000e040212000c.html
読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/osaka/news/20150829-OYO1T50020.html

7月の洗濯代支出は459円、8.2%の減少

総務省統計局の「家計調査報告(二人以上の世帯)」2015年7月分がまとまりました。

7月分の結果は、全国全世帯の洗濯代支出金額459円で、前年の500円より8.2%の減少となりました。勤労者世帯も前年より5.3%減少して520円(前年549円)。勤労者世帯は7月としては過去最低金額となりました。

地方別では、
  • 北海道 426円(前年496円)
  • 東 北 382円(前年413円)
  • 関 東 562円(前年597円)
  • 北 陸 527円(前年571円)
  • 東 海 314円(前年460円)
  • 近 畿 385円(前年378円)
  • 中 国 445円(前年426円)
  • 四 国 347円(前年689円)
  • 九 州 486円(前年444円)
  • 沖 縄 179円(前年237円)
過去の世帯当たり支出金額はクリーニングオンラインのデータ集にも掲載しています。
http://www.c-online.net/data/c_expense/index.html

2015年8月28日

「日本クリーニング新聞」1758号発行

クリーニング業界の業界紙「日本クリーニング新聞」2015年8月25日号(第1758号)が発行されました。


今号の主な内容は、
  • マイナンバー開始へ〜住民票の所在地早急に確認を
  • 主要メーカー秋の催し日程発表
  • 「箱根会議」提言
  • 第16回毛利セミナー/次世代フッ素、デリバリー、ネット宅配
  • JBA「ふとん」にも新ケアラベルを
  • 品質研究会「ボイラー」テーマに開催
  • 夏商戦後半へ 講習会&話題
  • 木戸商事シミ抜き教室・地色壊さず落とす
  • C&C/CA初の地方(新潟)開始

【日本クリーニング新聞のサイト】
http://www.nicli.co.jp/

2015年8月27日

全国展、出展者説明会を9月17日に開催

クリーンライフビジョン21「2015大阪国際クリーニング総合展示会」が11月13日から3日間、インテックス大阪で開催されます。
運営事務局では出展者説明会を9月17日、東京で開催します。

説明会では、
  • 会場利用計画、フロアプランについて
  • 事前、会期当日の準備・運営に関する説明
  • 併催企画・カンファレンスの説明
などを行います。
出展者はもちろん、出展を検討中の方もぜひ参加してほしいとしています。

会場は、全国クリーニング会館(新宿区若葉)。時間は10:30〜12:00。
お問合せは、CLV21事務局(TEL.03-5565-4285)まで。

シャツのボタンホールから生地破損

株式会社ユナイテッドアローズは、green label relaxing(グリーンレーベルリラクシング)で販売したシャツの一部で、ボタンホールから生地が裂ける可能性があると発表しました。
http://www.united-arrows.co.jp/info/2015/08/057528.html

対象商品は2015年4月27日から7月31日まで、グリーンレーベルリラクシングの店舗で販売した「シャツ(ELAN C/LI CHAMB WD)」、品番3211-299-1875。ボタンホールから生地が裂ける可能性のある商品が混在しているため、対象商品を持っている場合、同社では販売店舗またはお客様相談室まで連絡してほしいとしています。

2015年8月25日

元従業員を逮捕、クリーニング工場火災

8月23日午後7時50分ごろ、福島県平田村のクリーニング工場で火災が発生しましたが、火をつけた疑いで元従業員の男が逮捕されました。福島中央テレビが伝えています。
http://www.fct.co.jp/news/news_30792896.html
http://www.fct.co.jp/news/news_30792899.html

警察によると容疑者の男(55歳)はクリーニング工場に侵入し、工場を焼こうと、ライターで衣類や洗濯機に火をつけた疑いがもたれています。関係者によると、男は今年の春ごろまで、このクリーニング工場で働いていて、警察の調べに容疑を認め「待遇面に不満があった」などと、供述しているということです。

2015年8月24日

8月24日は「レンタルユニフォームの日」

丸紅メイト株式会社(本社東京、有武志社長)は、毎年8月24日を「レンタルユニフォームの日」とする申請を行い、一般社団法人日本記念日協会より正式に認定されたと発表しました。
http://prw.kyodonews.jp/opn/release/201508242906/

8月24日の8は、90度傾けると∞(無限)を表す記号になります。これは、利用、回収、再利用というレンタル事業の循環を象徴するもの。同時に、ユニフォームのクリーニングや補修を通じて資源の3R(リデュース・リユース、リサイクル)に貢献する特性を表しています。24はユニ(2)フォ(4)ームに由来する、としています。

同社では制定に伴い、事業内容と社員総出演の企業PR動画をYouTubeで公開しています。


2015年8月23日

ナックが第1四半期決算を発表

株式会社ナック(本社東京、吉村寛社長)が平成28年3月期第1四半期決算の連結業績(平成27年4月1日から6月30日)を発表しました。
http://www.nacoo.com/ir/library.html

それによると、
  • 売上高   :156億2,500万円(前年同期比18.4%減)
  • 営業利益  :△15億1,400万円(−)
  • 経常利益  :△15億1,300万円(−)
  • 四半期純利益:△11億5,500万円(−)
でした。

決算短信によると「レンタル事業」に関しては、主力のダストコントロール商品部門では、業務用市場における価格競争が継続するなか、家庭用市場への注力を中心とした営業方針により新規顧客獲得と既存顧客への深耕が奏功しました。その結果、顧客数は堅調に推移し売上高が前年同期比で増加。
害虫駆除部門および法人向け定期清掃サービスでは、前期より新規出店してきた直営店へ営業力を集中したことと、WEB受注の定着により前年同期比で売上高が増加しました。レンタル事業の売上高30億7,500万円(前年同期比2.5%増)、営業利益4億4,200万円(同29.9%増)でした。

2015年8月22日

7月のチェーンストア販売、衣料品0.4%増

日本チェーンストア協会が平成27年7月度の「チェーンストア販売統計」を発表しました。
http://www.jcsa.gr.jp/

会員企業数59社(店舗数9,401店)の販売データをまとめたもので、総販売額は1兆1,150億9,283万円(前年同月比1.9%増)でした。
概況としては7月は、食料品は、相場高の影響を受けた農産品を中心に好調に推移し、衣料品、住関品も、中旬以降の気温上昇とともに季節商品の動きが良くなったことから、総販売額の前年同月比(店舗調整後)は、4カ月連続のプラスとなった、としています。

衣料品を見てみると、販売金額は1,014億4,836万円で、前年同月比0.4%増でした。
部門別では、
紳士衣料  193億4,615万円(前年比2.0%減)
婦人衣料  337億6,727万円(前年比0.1%減)
その他衣料 483億494万円(前年比1.7%増)

紳士衣料は、スーツ、長袖カッターシャツ、カジュアルパンツなどの動きは良かったが、半袖カッターシャツ、ショートパンツ、Tシャツなどの動きは鈍かった。
婦人衣料は、カーディガン、ジーンズ、長袖カジュアルシャツ、カジュアルパンツなどの動きは良かったものの、フォーマル、半袖カジュアルシャツ、Tシャツなどは不調だった。
その他衣料・洋品は、婦人浴衣、紳士ホームウェアー、婦人肌着、子供服、婦人バック、レイングッズ関連、帽子や日傘などは好調だったが、紳士肌着、紳士・婦人水着、女児半袖Tシャツ、ベビーウェアなどが不調に終わった。

店舗に乗用車が衝突、宇都宮

栃木県宇都宮市のクリーニング店舗に乗用車が衝突する事故がありました。下野新聞が報じています。
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/accident/news/20150821/2058204

8月21日午後4時ごろ、宇都宮市松原のクリーニング店の店舗に85歳の男性の運転する乗用車が衝突。店のガラス2枚などが破損しましたが、けが人はいなかったとのこと。宇都宮中央署によると、男性は駐車の際にアクセルとブレーキの操作を誤ったようです。

2015年8月19日

7月の百貨店売上、衣料品2.8%増

日本百貨店協会が平成27年7月の「全国百貨店売上高」を発表しました。
http://www.depart.or.jp/

調査対象百貨店82社238店のデータをまとめたもので、売上高総額は約5,612億円、前年同月比で3.4%増。4カ月連続のプラスとなりました。
7月の特徴としては、主力の衣料品がセール時期の見直しに加え、後半からの気温上昇により盛夏物などのプロパー商材が動いた、としています。

衣料品を見てみると、売上高は1,773億6,739万4千円で、前年同月比2.8%増でした。
商品別では、
  • 紳士服・洋品 340億1,081万2千円 (前年比1.7%増)
  • 婦人服・洋品 1,173億4,745万円 (前年比2.6%増)
  • 子供服・洋品 119億1,194万2千円 (前年比10.3%増)
  • その他衣料品 140億9,719万円 (前年比1.2%増)
となっています。

2015年8月18日

日経IRフェア、ダスキンとトーカイも出展

日本経済新聞社が主催する「第10回日経IR・投資フェア」が2015年8月28、29日の2日間、東京ビッグサイトで開かれます。
http://www.nikkei-irfair.jp/

上場企業と個人投資家の対話の場として今年で10回目を迎える日本最大級のIRイベント。会場には、株式会社ダスキン、株式会社トーカイも出展します。

2015年8月17日

デニムニットパンツの素材表記に誤り

株式会社アダストリアは、BARNYARDSTORM(バンヤードストーム )ブランドのデニムニットパンツの一部で混用率の表記に誤りがあると発表しました。
http://www.dot-st.com/barnyardstorm/info/CSfViewNews.jsp?sort=1&no=51&shopNo=0000100020

対象商品は、2015年4月29日からBARNYARDSTORM各店舗、通販サイトで販売した「デニムニットパンツ」(品番204025)。混用率の表記が「綿100%」となっていますが、正しくは「ポリエステル55%・綿38%・ポリウレタン7%」。絵表示通りの取扱いで問題はありませんが、返金希望の場合は対応するとしています。

パークの管理濃度改正など、意見公募を開始

厚生労働省は、特定化学物質障害予防規則の規定に基づく厚生労働大臣が定める性能等について、改正を行う予定ですが、今回の改正概要に関して意見公募(パブリックコメント)を開始しました。
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=495150116&Mode=0

「特定化学物質障害予防規則の規定に基づく厚生労働大臣が定める性能等の一部を改正する告示案」では、テトラクロロエチレン(パーク)について、管理濃度を50ppmから25ppmに改めることも盛り込まれています(適用日は平成28年10月1日)。

意見公募期間は平成27年8月11日から9月10日まで。e-Govの意見提出フォーム、郵送、ファックスで受付けています。

2015年8月16日

「日本クリーニング新聞」1757号発行

クリーニング業界の業界紙「日本クリーニング新聞」2015年8月15日号(第1757号)が発行されました。


今号の主な内容は、
  • 白洋舎15年中間決算〜増収も人件費、コスト増響く
  • ホームドライ・設立40周年祝い歌舞伎と東京湾ディナークルーズで英気
  • ふとん協会/ロイヤルネット工場で保管、店舗など研修会
  • アイクリ/TVCF制作コンペ
  • 関東甲信越ブロック・埼玉で青年会議開く
  • 日本さわやかグループ〜品質向上目指し全国大会
  • 閑散期対策の話題
  • TOSEI/最新モデルに税制措置
  • 不入流/サトウ商会〜お客が選び、納得する3価格帯比較直列法

【日本クリーニング新聞のサイト】
http://www.nicli.co.jp/

2015年8月14日

「クリーニング流通新聞」301号発行

クリーニング業界の業界紙「クリーニング流通新聞」2015年8月10日号(第301号)が発行されました。


今号の主な内容は、
  • 「ふとん」にも新ケアラベル〜作成へ向け委員会設置
  • 全国ふとん協/ロイヤルネットG見学
  • TeMA/ワイシャツ知識深めよう 講演と情報交換活発に
  • 都経協『楽しく学び安心の接客を』秋季大学の概要決まる
  • ホームドライVC・設立40周年盛大に祝う
  • 埼玉クリーニング交流会〜武蔵野Rで見学会
  • 日本さわやかグループ/ドライ仕上・シミ抜き競技会
  • 歴史の証言者【特別編・業界回顧録5】
  • 宅配CLの「リネット」訪問〜井下社長が事業を語る

2015年8月13日

バイカラーニット、手洗いで移染

株式会社エフユーエヌは、VONDEL(フォンデル)ブランドのバイカラーニットの一部で洗濯により移染のおそれがあると発表しました。
http://www.funinc.jp/information.html

対象商品は、2015年春夏展開のVONDELバイカラーニット(品番:VDK15SS001、VDK15SS002)。色止めが効いておらず、洗濯表示通りの手洗いにより移染してしまう可能性があることが判明したため、同社では回収するとしています。

2015年8月12日

生活衛生資金貸付、利率を改定

生活衛生資金貸付の貸付利率が平成27年8月12日から改定されました。
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000093729.html

基準利率 :1.90〜2.90%
特別利率A:1.50〜2.50%
特別利率B:1.25〜2.25%
特別利率C:1.00〜2.00%
特別利率E:0.50〜1.50%
特別利率F:1.25%

佐賀組合が服のリサイクル事業

佐賀県クリーニング生活衛生同業組合(坂本豊美理事長)は、着なくなった服のリサイクル事業を始めました。佐賀新聞が伝えています。
http://www.saga-s.co.jp/column/economy/22901/218343

佐賀県組合では「着なくなった服を処分したい」「資源ごみとして捨てるのではなく、再利用したい」などの声を受けて、2月にリサイクル事業をスタート。43の加盟店で実施しており、服を無料で回収し、車の内装材にするほか、状態のいい物は古着として再利用するとのこと。

評判は上々で、6月には380キロの古着を回収したそうです。回収で得られた利益は全額、社会貢献事業への寄付を予定しています。

2015年8月11日

ワイエイシイが第1四半期決算を発表

株式会社ワイエイシイ(本社東京都昭島市、百瀬武文社長)が平成28年3月期1四半期決算の連結業績(平成27年4月1日から6月30日)を発表しました。
http://www.yac.co.jp/ir/

それによると、
  • 売上高   :46億9,500万円(前年同期比147.09%増)
  • 営業利益  :2億1,700万円(−)
  • 経常利益  :2億2,000万円(−)
  • 四半期純利益:1億600万円(−)
でした。

決算短信によると「クリーニング関連その他事業」では、クリーニング業界においては、国内の需要の減少傾向が続く厳しい状況が続き、業績は横ばいで推移した結果、クリーニング関連その他事業の売上高は2億6,800万円(前年同四半期比16.3%増)、セグメント損失は2,600万円でした。

ワンピース、ドライで色移り

タルボットジャパン株式会社は、ワンピースの一部でドライクリーニングにより移染するおそれがあると発表しました。
http://www.talbots.co.jp/news/news00030.html

対象商品は2015年5月11日から7月31日まで販売した「ヘムレース×ジャカードナンシータイトワンピース」(品番4251017)。洗濯表示通りに『ドライクリーニング(セキユ系)』すると布地の紺色がレース部分に色移りすることが判明。
同社では修理可能か否かの詳しい対応が決まり次第、再度連絡するとのこと。その間、クリーニングに出さないようにしてほしいとしています。

2015年8月10日

トーカイが第1四半期決算を発表

株式会社トーカイ(本社岐阜市、小野木孝二社長)が平成28年3月期第1四半期決算の連結業績(平成27年4月1日から6月30日)を発表しました。
http://www.tokai-corp.com/finance/

それによると、
  • 売上高   :251億3,500万円(前年同期比6.5%増)
  • 営業利益  :12億6,200万円 (同6.1%減)
  • 経常利益  :13億2,900万円 (同5.9%減)
  • 四半期純利益:8億9,300万円 (同5.5%増)
でした。

決算短信によると、「健康生活サービス」は病院関連事業において、主力であるレンタル商品の拡販が好調に推移したほか、シルバー事業のレンタル売上についても堅調に推移したことから、売上高は122億4,100万円(前年同四半期比3.9%増)となりました。
利益面については、レンタル資材費の増加、営業力強化のための人件費増等により、営業利益は6億2,700万円(同5.8%減)でした。

「環境サービス」は リースキン事業における新商品投入、ビル清掃管理事業における新規契約獲得等により、売上高29億8,600万円(同1.8%増)、利益面はレンタル資材費の増加等により1億4,900万円(同12.0%減)でした。

2015年8月9日

「東京クリーニング界」790号発行

東京都クリーニング生活衛生同業組合の「東京クリーニング界」2015年8月号(第790号)が発行されました。


今号の主な内容は、
  • 「クレームの防止と対応策」と「事故品の現物を用いたトラブル防止策」
  • 板橋区消費者講座〜知っておきたいクリーニングの基礎知識
  • 低圧進相コンデンサによる火災に注意して下さい!
  • 産機工全機連・平成26年度機械出荷統計を発表
  • スーツ仕上げDVDアンケート結果報告/今年のテーマは「和服」
  • 一都四県共同PR企画委員会・平成26年度実施事業報告
  • 本部だより
【東京都クリーニング生活衛生同業組合のサイト】
http://www.tokyo929.or.jp/

「日本クリーニング新聞」1756号発行

クリーニング業界の業界紙「日本クリーニング新聞」2015年8月5日号(第1756号)が発行されました。


今号の主な内容は、
  • 本紙予測〜またまた4千億円割れ
  • 6月支出額20.9%ダウン
  • テキスタイルケア協会/自社の能力は?MA値実用試験成績認証制度スタート
  • K&N専用サイトを開設〜悩み抱えるク店支援
  • 苦情相談から見るアパレルの品質意識ーこれって如何なもの?
  • リネット・3つのサービス内容を刷新
  • 喜久屋「JACA」約40社、着実に進展
  • TeMA/対アパレル、双方で認識に差
  • 今回の機資材(佐鳴/インクゴー など)

【日本クリーニング新聞のサイト】
http://www.nicli.co.jp/

2015年8月6日

リネン協、第19回衛生基準認定工場を決定

一般社団法人日本リネンサプライ協会(武田善彦会長)は平成27年8月1日、衛生基準認定制度に基づく第19回認定工場「新規申請工場(2社)、更新申請工場(14社)」を決定しました。
http://www.jlsa.or.jp/nintei/koujou19.html

衛生基準認定制度は平成18年にスタートしたもので、協会が定める基準に適合した施設に対して認定証を交付。衛生基準は、管理者の国家資格取得義務、工場施設・機械設備等の衛生的な配置、クリーニングや消毒の詳細な方法など、多岐にわたって定められています。

今回、認定された工場を含め、平成27年8月1日現在、全国で72工場が認定工場となっています。

ワンピースの組成表示に誤り

MARK STYLER株式会社は、LAGUNAMOON(ラグナムーン)ブランドのワンピースの一部で組成表示に誤りがあったと発表しました。
http://mark-styler.co.jp/important.html

対象商品は2015年7月8日から7月31日まで販売した「スリットレイヤードフレアーワンピース」(品番031530300601)。組成表示が「身頃:ポリエステル80%、レーヨン20%」「スカート:綿50%、ナイロン47%、ポリウレタン3%」となっていますが、正しくは「身頃:ポリエステル99%、ポリウレタン1%」「スカート:綿58%、ナイロン38%、ポリウレタン4%」。洗濯表示、取扱い方法には問題はないとのこと。

2015年8月5日

ボーケン、原因調査事例紹介「フロック加工品の毛羽脱落」

ボーケン品質評価機構は、今月の原因調査事例紹介〜繊維製品「教えて!ボーケンくん」No.16を公開しました。
http://www.boken.or.jp/news/nob.16.pdf

今回は「フロック加工品の毛羽脱落」を取り上げています。コール天風パンツを着用していたら、右膝部分の毛羽が脱落したという事例で、その原因や防止策を解説しています。

2015年8月4日

中国・南京市、リネンの細菌数が基準値超え

中国・南京市のホテルで使用されているリネンの細菌数やpHが基準値を超えていたと、FOCUS-ASIA.COMが伝えています。
http://www.focus-asia.com/socioeconomy/photonews/425238/

記事によると、中国江蘇省南京市のクリーニング業協会が、現地メディアと協力して同市内の複数のホテルに対する潜入調査を実施したところ、シーツやタオルなどのリネン類備品の細菌コロニー数、pHが非常に深刻なレベルで基準値を超えており、宿泊客が皮膚病を発症するケースもあることが明らかになったとのこと。

調査の対象となったホテルには、エコノミー型のほかに4つ星ホテルも。あるホテルで使われていた表面が真っ白のタオルは、日光を照射すると「黒い集団」が透けて見えたとしています。また、あるホテルの洗濯済リネン品からはpH9.5という洗剤とほぼ同レベルのアルカリ性が示されました。
このような結果になったのには、コスト削減のために中和剤を添加していない、質の悪い工業用洗剤を使用しているなどの原因をあげています。

同協会では、市内のホテルに対して提携しているクリーニング業者の公開を呼びかけており、ホテルの衛生条件について格付けを行い、条件を満たしていないホテルの名前を公開するとしています。

サニクリーン「サニエル」LINEスタンプ配信

株式会社サニクリーン(本社東京、山田健社長)は、公式キャラクター「サニエル」のLINEスタンプの配信を7月24日から開始しました。
http://www.sanikleen.co.jp/linestamp/

「サニエル」は2005年に誕生し、今年で10周年を迎えたサニクリーンのマスコットキャラクター。いろいろな表情を見せる「サニエル」のスタンプは全40種類。

2015年8月3日

大阪展、工場視察やJISセミナーなどを企画

2015年11月13日から15日の3日間、インテックス大阪で開催される「2015 大阪国際クリーニング総合展示会̶」のセミナー、視察ツアーの企画内容が一部、発表されました。

昨年も好評だったリネン工場の視察やユニフォームに関するセミナーをはじめ、今回は特に繊維の街・大阪にふさわしい「アパレル関連」にポイントをおき、平成28年12月に変更となるJIS取扱い表示の講演や紡績工場の視察なども企画されています。

大阪国際クリーニング総合展示会̶に関する情報は随時、クリーニングオンライン展示会特集ページに掲載しています。
http://www.c-online.net/exhibit/clv2015/seminar.html

2015年8月2日

「かなめ」367号発行

かなめ流通グループの情報紙「かなめ」2015年8月1日号(第367号)が発行されました。


今号の主な内容は、
  • ゲンブ/夏の汚れをスッキリ落とす洗剤&ソープ
  • かなめ会員機材商の展示会・研修会
  • CLV21大阪大会の概要決定
  • ぶんちゃんの販促道場/Jabuじゃぶでシミのコトを知ってもらいましょう!!
  • 新リフォームは宝の山だ!!/「スーツを究めよう」第三章
  • 難洗衣料解体新書
  • 資材REPORT(ツー・エム化成・ゆたかなねむり など)
  • かなめ流通Gホットライン〜第13回・夏のゆかた今と昔
  • クリーニング綜合研究所事故衣料品統計
  • かなめ会員機材商の展示会・講習会レポート
【かなめ流通グループのサイト】
http://www.kaname-g.jp/

2015年8月1日

漂白剤と界面活性剤を水溶性ポリマーのカプセルに

バテル記念研究所(米国オハイオ州コロンバス)は、漂白剤と界面活性剤を水溶性ポリマーのスマートカプセルに閉じ込めた「BATTELLE Smart Laundry Capsule™」を発表しました。
https://www.value-press.com/pressrelease/146199

「BATTELLE Smart Laundry Capsule™」は、相反する性質の材質同士を安定的に存在させることができるバテルのマイクロカプセル技術を使用し、洗濯用洗剤の主成分である界面活性剤をカプセルの中に閉じ込めています。このカプセルはpH値の変化によって溶解する生分解性の特殊なポリマーでできており、理想的なpH値で漂白剤をリリース。ワンステップで高効率な漂白力を実現するというもの。

pH値の変化によって溶解のタイミングを調整できるというこの特殊なポリマーの技術は、洗濯用洗剤だけでなく、 さまざまな分野で利用することができるとしています。

「クリーニングニュース」796号発行

全国クリーニング生活衛生同業組合連合会の「クリーニングニュース」2015年8月号(第796号)が発行されました。


今号の内容は、
  • 特集/第7回全国クリーニング大会 in 鹿児島
  • 新しくなったクリーニング事故賠償基準 読み解きガイドNo.4
  • 特集/平成26年度クリーニングサービスに関する利用者意識調査
  • 情報ファイル(クリーニングギフト券制度改革についての議論がスタート など)
  • 国際展示会 CLEAN SHOW アトランタ視察報告
  • クリーニング師研修・業務従事者講習インフォメーション
  • 技術部会のページ
  • 青の時代ー中央青年部会のページ/平成27年度事業計画
  • リレーコラム/比嘉奈津美先生「高いクリーニング技術を次世代に」
  • 全国ふるさと自慢(青森県/水源地公園、兵庫県/灘のけんか祭り)
  • トピックス(16社共同で羽毛再利用 など)
  • クレーム情報〜汗成分の作用による変色
  • みんなの共済広場「蜘蛛」
  • 全国クリーニング業国民年金基金〜親が子のために加入するケースが増えています
  • 日本政策金融公庫/クリーニング業の設備投資動向
  • CLEANER'S VOICE〜読者のページ〜
  • きらりネットワーク:全ク連人物録vol.5/大西俊太
  • 「編集委員だより」・編集後記
  • クリーニング検索ガイド

【全ク連のサイト】
http://www.zenkuren.or.jp/