ブログを含むクリーニングオンライン内の検索ができます

2016年8月31日

ジャケットの素材混率表記に誤り

株式会社ラクラスは、ジャケットの一部で品質表示の素材混率表記に誤りがあると発表しました。
http://www.baycrews.co.jp/information/apology/2016/007158.html

対象商品は2016年5月31日から8月22日までL'Appartement DEUXIEME CLASSE各店舗で販売した「No Lapel Jacket」(品番16‐010-560-0005-30)。
素材表示がポリエステル100%となっていますが、正しくは「トリアセテート72% ポリエステル28%」。洗濯、取り扱い方法については、絵表示の通りで問題ないとのこと。
同社では組成表記の貼り替えシールを送るとしています。

「ニュークリーナーズ」第541号発行

全国クリーニング協議会の「ニュークリーナーズ」2016年8月25日号(第541号)が発行されました。


今号の主な内容は、
  • 8月度常務理事会報告/環境保全大会・CLV21 企画調整、進む
  • 丹羽雄哉衆議院議員 今期限りの引退表明
  • 便利でお得な「メンテ」の話〜違和感で気付くべきトラブル編
  • クリーニング業の労務管理/キャリアアップ助成金について
  • 全協会員コラム<特別顧問・小川賢治>良い仕事は良き服装から
  • 法律相談/コインランドリーの事故
  • 繊維素材の雑学コラム〜麻繊維のお話
  • クリーニング・夏の暑さ対策

透けない白衣、都中小企業振興公社も支援

株式会社大真(本社東京、川上康道社長)は「裏地付き透けない白衣」の本格製造販売に乗り出したと、日刊工業新聞ニュースイッチが報じています。
https://newswitch.jp/p/5903

この白衣は、白衣生地と裏地との組合せにより、生地を分厚くすることなく、どんな下着の色や柄も透けさせないというもの。グループ会社のシーユーピー株式会社(岡山市)が特許を取得した技術。下着の色、柄を透けないようにするのはすでにコートなどで実用化されていますが、特許対象を透けやすい白衣に絞り、明度が3.5以下の色の裏地を使うと透けない原理を確立したとのこと。

東京都中小企業振興公社から、ニューマーケット開拓支援事業の支援対象製品(技術)に採択されており、ビジネスナビゲーターの販売支援が始まっているそうです。

SAPA配合の洗剤に「テカリ」抑制効果

ライオン株式会社ファブリックケア研究所は、制服やスーツを繰り返し着用した際の「テカリ」の対処法を研究した結果、繊維保護成分SAPA配合のおしゃれ着用洗剤で洗濯することで「テカリ」を抑制できることを新たに見いだしたと発表しました。
http://lion-corp.s3.amazonaws.com/uploads/tmg_block_page_image/file/3367/20160830.pdf

研究結果によると、毛製品のテカリは、洗濯により目立ちにくくなることを確認。これは平滑化した繊維表面が洗濯によりほぐれて、凹凸のある状態になったためと推察しています。
また繊維保護成分SAPAを配合したおしゃれ着用洗剤で毛製品を洗濯すると、着用によるテカリの発生を抑制できることを見いだしました。SAPAには、ウールなどの繊維表面に吸着し、摩擦を低減する効果があるため、着用時の負荷による繊維の削れやつぶれを軽減し、着用によるテカリを抑制していると推察されるとしています。

研究結果は9月20日、21日に山形大学で行われる「平成28年度繊維学会秋季研究発表会」で発表予定とのこと。

2016年8月30日

WASHハウス、新ブランドキャラクターに橋本マナミさん

コインランドリーチェーン『WASHハウス』を運営するWASHハウス株式会社(本社宮崎市、児玉康孝社長)は2016年8月30日、事業戦略および新ブランドキャラクター発表会を開催しました。
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000019761.html

当日はブランドキャラクターの橋本マナミさんとスペシャルゲストに陣内智則さんを招き、新しいWEB-CMのお披露目と洗濯をテーマにしたトークセッションを行いました。



心の洗濯についてのエピソードを聞かれた際には、陣内さんは「とにかく洗濯や掃除をする。嫌なことがあったら、特にトイレを掃除する」とコメントし、それに対して橋本さんが「そういう男性良いですね。私は、とにかく泣きます。悲しくなる音楽をかけて大声で歌って泣きます」とエピソードを紹介していました。

今回のWEB-CMは同社のサイトで公開中。
http://www.wash-house.co.jp/

7月のクリーニング代支出は501円、9.2%増加

総務省統計局の「家計調査報告(二人以上の世帯)」2016年7月分がまとまりました。

7月分の結果は、全国全世帯のクリーニング代支出額は501円で、前年の459円より9.2%増加。2カ月連続で増加となりました。勤労者世帯も前年より3.1%増加して536円(前年520円)でした。

地方別では、
  • 北海道 332円(前年426円)
  • 東 北 562円(前年382円)
  • 関 東 652円(前年562円)
  • 北 陸 546円(前年527円)
  • 東 海 456円(前年314円)
  • 近 畿 358円(前年385円)
  • 中 国 411円(前年445円)
  • 四 国 355円(前年347円)
  • 九 州 397円(前年486円)
  • 沖 縄 39円(前年179円)
詳細はクリーニングオンラインのデータ集に掲載しています。
http://www.c-online.net/data/c_expense/index.html

2016年8月28日

「日本クリーニング新聞」1794号発行

クリーニング業界の業界紙「日本クリーニング新聞」2016年8月25日号(第1794号)が発行されました。


今号の主な内容は、
  • “特殊品”こそプロの知識発信/TeMA-CA会
  • CLV21東京&コイン展〜9月21日出展者説明会
  • 全ク連「全国大会in盛岡」募集開始
  • 折目加工クリーナーズ・16年春キャンペーン結果発表
  • さわやかグループ/ドライ仕上げ、シミ抜き競技
  • 木戸商事シミ抜き教室〜十分着れる状態に復元
  • ツボイ式フローチャートによる経営計画と管理手法
  • 8年ぶりハンドブック発行/全ク連
  • ツー・エム「ニンジャウエットゆかた」ポスター出来!!

【日本クリーニング新聞のサイト】
http://www.nicli.co.jp/

2016年8月27日

「洗濯の科学」242号発行

一般財団法人洗濯科学協会の「洗濯の科学」2016年8月号(第242号)が発行されました。


今号の内容は、
  • 繊維製品での染料の規制と安全議論
  • 夏のスーツを洗ってみましょう
  • 最近の「著作権」問題を考える
  • 日本の服装文化と季節感表現(その1)
  • 我が家の断熱リフォーム
  • クリーニングの苦情事例(23)フェルト化
  • 自然素材でのんびりナチュラル・ライフ(40)災害時の洗濯や掃除
  • 編集後記

【洗濯科学協会のサイト】
http://www.foundation-f.com/~sentakukagaku/

インドネシアの洗濯代行、スタートアップW杯へ

「スタートアップ・ワールドカップ(W杯)2017」の東南アジア予選が南ジャカルタで行われ、インドネシアのアフリジャサ・テクノロジー・インドネシアが優勝。来年3月に米シリコンバレーで行われる決勝に出場すると、じゃかるた新聞が報じています。
http://www.jakartashimbun.com/free/detail/31281.html

アフリジャサ社は、洗濯代行と個人宅から企業ビルまでの掃除、エアコン清掃を行う業者を簡単に手配できるサービスを展開。昨年の会社設立後リリースしたスマートフォン用アプリは約1万2千ダウンロードされ、現在では1日100件の注文があり、毎月32トンの衣類を洗濯しているとのこと。

2016年8月25日

非正規から「正社員エリア専任職」へ登用、ダスキン

株式会社ダスキン(本社大阪府吹田市、山村輝治社長)は、新たな人事制度を設け、勤務地や人事異動を限定した正社員(正社員エリア専任職)の登用を10月1日に開始すると発表しました。
http://www.duskin.co.jp/news/2016/0823_01/index.html

個々の従業員のライフスタイルに応じた働き方が選択できるよう門戸を広げることで、従業員がより働きやすく、より能力を発揮できる職場環境を目指すのが目的。また、正社員への登用制度があることをパート従業員の募集時に報知することで、雇用の拡大をはかるとしています。

正社員エリア専任職は入社時点で59歳以下で、限定社員勤続半年以上、またはパート従業員勤続3年以上の人が対象。
10月1日からの登用に先立ち、2016年4月1日時点で働いている非正社員・パート従業員を対象に正社員を募集。社内での選考を経て、新たに80人を正社員として登用します。今後も1年に1回、同制度に基づく登用の機会を設けるとしています。

2016年8月22日

7月のチェーンストア販売、衣料品0.3%増

日本チェーンストア協会が平成28年7月度の「チェーンストア販売統計」を発表しました。
http://www.jcsa.gr.jp/

会員企業数57社(店舗数9,421店)の販売データをまとめたもので、総販売額は1兆1,050億6,825万円(前年比0.2%増)でした。
概況として、7月は食料品は、全体でまずまずの動きだったが、衣料品、住関品は、上旬は高気温の影響もあり堅調に推移、中旬以降は低気温や梅雨明けが遅かったこともあり苦戦したが、総販売額の前年同月比(店舗調整後)はプラスとなった、としています。

衣料品を見てみると、販売金額は992億581万円で、前年同月比0.3%増でした。
部門別では、
紳士衣料  184億4,082万円(前年比1.7%減)
婦人衣料  322億132万円(前年比2.5%減)
その他衣料 485億6,367万円(前年比3.0%増)

紳士衣料は、スーツ、ジャケット、スラックス、半袖カッターシャツ、カジュアルパンツなどの動きは良かった。
婦人衣料は、カジュアルシャツ、カジュアルパンツなどの動きは良かったものの、ショートパンツ、カットソー、Tシャツなどは不調だった。
その他衣料・洋品は、紳士・婦人・子供肌着、紳士・子供水着、子供服、婦人バックなどは好調だったが、ベビーウェア、婦人水着、レイングッズ関連、帽子や日傘などが不調に終わった。

2016年8月20日

7月の百貨店売上、衣料品2.0%減

日本百貨店協会が平成28年7月の「全国百貨店売上高」を発表しました。
http://www.depart.or.jp/

調査対象百貨店81社236店のデータをまとめたもので、売上高総額は約5,598億円、前年同月比で0.1%減。5カ月連続のマイナスとなりました。
7月の特徴としては、クリアランスの前倒しを行った衣料品が前年に届かず厳しい結果に終わったが、身のまわり品、雑貨はプラスに転じた、としています。

衣料品を見てみると、売上高は1,735億4,738万7千円で、前年同月比2.0%減。9カ月連続のマイナスとなりました。
商品別では、
  • 紳士服・洋品 346億8,150万5千円 (前年比2.1%増)
  • 婦人服・洋品 1,140億7,801万6千円 (前年比2.6%減)
  • 子供服・洋品 113億5,313万2千円 (前年比4.5%減)
  • その他衣料品 134億3,473万4千円 (前年比4.2%減)
となっています。

2016年8月19日

書籍「元町クリーニング屋 横浜サンドリヨン」



洗濯日和は謎解きを!横浜でクリーニング屋を営む天才クリーニング師・更紗のシミから始まるミステリー。書籍「元町クリーニング屋 横浜サンドリヨン〜洗濯ときどき謎解き〜」(森山あけみ著)が発売されます。

【内容紹介】
横浜・元町でレトロな老舗クリーニング屋『横浜サンドリヨン』を営む天才クリーニング師・白石更紗は、どんなシミも落とし、あらゆる修繕をこなす服のお医者さん。
普段はおっとり天然な更紗だが、ひとたび衣類のことになると「服が泣いています」と人が変わったように服に感情移入してしまう。
ある日、そこに探偵・不破がコートを持ち込むと、更紗は服に付いたシミなどから彼の行動や性格、暮らしぶりを見抜き……?
脱いだ服には、必ず着ていた人の痕跡がある――。縫い目やほつれ、かつてのクリーニング師が使ったという糸文字などから事件を読み解く、更紗&不破の名コンビの爽やか洗濯ミステリー!! 完全犯罪は、シミにご注意を。
著者:森山 あけみ(もりやま・あけみ) 。イラスト:loundraw。マイナビ出版から8月24日発売。

2016年8月17日

超音波を利用した乾燥機、米研究所が開発

米国・オークリッジ国立研究所(Oak Ridge National Laboratory)は、超音波を使用した新方式の洗濯乾燥機の開発に成功したことを発表しました。BusinessNewslineが伝えています。
http://business.newsln.jp/news/201608170225180000.html

この乾燥機は圧電トランスデューサを使用することで超音波を発生させ、その超音波を使って衣類の湿気を空気中に放出。空気中に放出された湿気にだけ温風を当てて、湿気分を吹き飛ばすことで、衣類を乾燥させるという原理に基づくものとのこと。
温風を使用した一般的な洗濯乾燥機に比べて70%の省エネを達成することができるほか、衣類の乾燥に要する時間も半分に短縮させることが可能としています。

研究所ではGEと共同で実用化モデルの開発に取り組み、将来的には商用化を予定しているそうです。

ワイエイシイが第1四半期決算を発表

株式会社ワイエイシイ(本社東京都昭島市、百瀬武文社長)が平成29年3月期1四半期決算の連結業績(平成28年4月1日から6月30日)を発表しました。
http://www.yac.co.jp/ir/

それによると、
  • 売上高   :77億1,100万円(前年同期比64.2%増)
  • 営業利益  :5,000万円(同76.8%減)
  • 経常利益  :△1億5,200万円(−)
  • 四半期純利益:△1億8,500万円(−)
でした。

決算短信によると「クリーニング関連その他事業」は、顧客需要を確実に取り込み、業績は堅調に推移した結果、売上高は3億3,200万円(前年同四半期比24.1%増)、セグメント利益は5,500万円(前年同四半期はセグメント損失2,600万円)でした。

2016年8月16日

カーディガン、洗濯で縮み

タルボットジャパン株式会社は、カーディガンの一部で縮みが発生する可能性があると発表しました。
http://www.talbots.co.jp/news/news00102.html

対象商品は2016年7月8日から販売した「綿麻ロングカーディガン」(品番:7562002)。洗濯表示の「手洗い、ドライクリーニング」処理すると寸法変化基準を下回る縮みが発生する商品であることが判明したため、同社では返金対応するとしています。

「クリーニング流通新聞」314号発行

クリーニング業界の業界紙「クリーニング流通新聞」2016年8月10日号(第314号)が発行されました。


今号の主な内容は、
  • 注目のコインL事業を見学/販売・設置から管理まで(三共工業)
  • CLV21-東京国際展〜開催概要と目玉企画発表
  • 第8回CL大会in盛岡「復興・感謝・防災」テーマに
  • 折目加工協春のキャンペーン/3部門とも初優勝
  • TeMA/商業クリーニング勉強会
  • 寝具と睡眠について学ぶ・西川レベックスを見学
  • 歴史の証言者【特別編・業界回顧録】歴史を作った傑人たちとの出会い
  • 両親の築いた店守りたい〜女性の視点で基盤作りを/ポパイミズノ(東京)

2016年8月15日

「日本クリーニング新聞」1793号発行

クリーニング業界の業界紙「日本クリーニング新聞」2016年8月15日号(第1793号)が発行されました。


今号の主な内容は、
  • 白洋舎15年中間決算〜リネンで手堅く、増収増益
  • CLV21東京/業界団体代表によるパネル討論
  • ラクナ油脂/9月からしみ抜き講習
  • ベンツからアマゾンに乗換え!「東コレ」冠スポンサーを交代
  • 「副資材」探しに朗報〜ショールームと情報冊子で発信・クロップオザキ
  • ぶんちゃん研<女性目線>で好循環生む
  • ツボイ式フローチャートによる経営計画と管理手法
  • 木戸商事さっぱり洗い365研究会〜知るべきは水の原理原則

【日本クリーニング新聞のサイト】
http://www.nicli.co.jp/

2016年8月12日

ファミマ「24h洋服お直し便」を開始

株式会社ファミリーマート(本社東京、中山勇社長)は、洋服や靴・バッグ等のお直しの承りサービスを展開する株式会社ビック・ママ(本社仙台市、守井嘉朗社長)と協力し「24h洋服お直し便」を8月2日から仙台市内のファミリーマートで開始しました。
http://www.family.co.jp/topics/2016/160728_01.html

単身世帯が増加する中、日常的な洋服類の修繕を手軽にプロにお願いしたいというニーズに応えるサービスとして、ビック・ママの専用ホームページで申し込むとファミリーマートの店頭で24時間365日、直したい洋服類の発送・受け取りができるというもの。

仙台市内の約120店で先行展開し、今後、全国のファミリーマート店舗へ順次拡大する予定とのこと。

破れた衣類を自己修復、米国の大学が開発

破れた衣類も自己修復できる液体を米国の大学が開発したと、CNNが報じています。
http://www.cnn.co.jp/fringe/35087344.html

米国ペンシルベニア州立大学の研究チームはイカのタンパク質に自己修復の特性があることを発見し、バイオテクノロジーなどの技術を使ってこの特性を再現。

切り離した繊維にこの液体を数滴垂らし、湯に浸して接合部分を1分間押さえると、繊維がつながって元に戻るとのこと。木綿、ウール、ポリエステルなどの素材で実験を重ねた結果、素材の品質を損なうことなく修復でき、修復した衣類は洗濯機での洗濯にも耐えられることがわかったそうです。
この液体で衣類をコーティングする方法や、同技術を応用した繊維で衣類を製造する方法で、破れても自己修復する製品ができるとしています。

2016年8月10日

ナックが第1四半期決算を発表

株式会社ナック(本社東京、吉村寛社長)が平成29年3月期第1四半期決算の連結業績(平成28年4月1日から6月30日)を発表しました。
http://www.nacoo.com/ir/index.html

それによると、
  • 売上高   :145億3,800万円(前年同期比7.0%減)
  • 営業利益  :△18億5,800万円(−)
  • 経常利益  :△18億7,200万円(−)
  • 四半期純利益:△14億600万円(−)
でした。

決算短信によると「レンタル事業」に関しては、主力のダストコントロール商品部門では、M&A戦略を通じた顧客件数の増加、顧客単価改善、トータルケアサービス部門の拡充による顧客層の拡大を推進した結果、顧客件数は堅調に推移し、顧客単価が向上したことで売上高が前年同期比で増加。
害虫駆除部門および法人向け定期清掃サービスでは、直営店と加盟店において販売活動を強化したことや既存顧客からの紹介で新規顧客が増加したことが要因となり、売上高が前年同期比で増加しました。
レンタル事業の売上高31億7,000万円(前年同期比3.1%増)、営業利益3億6,600万円(同17.0%減)でした。

テーオーシーが第1四半期決算を発表

株式会社テーオーシー(本社東京、大谷卓男社長)が平成29年3月期第1四半期決算の連結業績(平成28年4月1日から6月30日)を発表しました。
http://www.toc.co.jp/toc/ir/article/index.html

それによると、
  • 売上高   :52億9,100万円(前年同期比1.4%増)
  • 営業利益  :16億4,200万円(同6.9%増)
  • 経常利益  :16億7,800万円(同9.6%増)
  • 四半期純利益:11億6,200万円(同14.3%増)
でした。

決算短信によると、リネンサプライおよびランドリー事業に関しては、大口顧客先であるホテルからの受注が減少し、売上高は4億2,200万円(前年同四半期比1.2%減)となりましたが、営業利益は3,800万円(同93.1%増)でした。

2016年8月9日

寝具と洗濯に関する調査、ライオン

ライオン株式会社(本社東京、濱逸夫社長)は、女性の「寝具と洗濯に関する実態調査」の結果を発表しました。
https://www.atpress.ne.jp/news/109157

寝具の洗濯頻度を質問したところ、「ねまき」は9割以上の人が週に1回以上洗濯しているのに対し、「ねまき」と「敷き・掛け布団カバー/シーツ類」は4割強、「枕カバー」は6割、「肌掛け・タオルケット/掛け布団」は3割未満の人しか、1週間に1回以上洗濯をしていないことがわかりました。寝具によって洗濯頻度に違いがあるようです。

また「洗濯頻度」と「快適な睡眠が得られているか」の回答を分析した結果、「ねまき」「枕カバー」では差がなかったものの、「敷き・掛け布団カバー/シーツ類」では81.0%、「肌掛け・タオルケット/掛け布団」で76.1%もの人が「快適な睡眠がとれている」と回答しています。

調査は2016年6月17日~20日、20歳~59歳の女性1,200名を対象に、インターネットリサーチで行われました。

半袖プルオーバー、洗濯で移染

株式会社ビームスは、半袖プルオーバーの一部で洗濯により移染する可能性があると発表しました。
http://www.beams.co.jp/aboutus/important/detail/7208

対象商品は2016年4月22日から6月17日まで販売したRay BEAMSオリジナル フリルハイネックRIB編半袖プルオーバー(品番6305-0088-556)。洗濯により濃色部分から白色部分へ移染してしまう可能性があることが判明したため、同社では回収、返金対応するとしています。

2016年8月8日

トーカイが第1四半期決算を発表

株式会社トーカイ(本社岐阜市、小野木孝二社長)が平成29年3月期第1四半期決算の連結業績(平成28年4月1日から6月30日)を発表しました。
http://www.tokai-corp.com/finance/

それによると、
  • 売上高   :256億8,700万円(前年同期比2.2%増)
  • 営業利益  :15億6,300万円 (同23.9%増)
  • 経常利益  :16億1,000万円 (同21.2%増)
  • 四半期純利益:10億9,200万円 (同22.3%増)
でした。

決算短信によると、「健康生活サービス」は病院関連事業およびシルバー事業において、レンタル売上が堅調に推移したほか、クリーニング設備製造事業についても好調であったことから、売上高は126億4,700万円(前年同四半期比3.3%増)となりました。利益面は、営業力強化のための人件費の増加はあるものの、資材投下時期のずれによるレンタル資材費減等、売上原価の減少により11億1,500万円(同77.7%増)でした。

「環境サービス」は当期より、太陽光事業を行う連結対象子会社が1社増加したことなどから、売上高は30億4,100万円(同1.9%増)となりました。利益面は、連結対象子会社の増加に加え、リースキン事業におけるレンタル資材費の減少等により、2億6,000万円(同74.6%増)でした。

2016年8月7日

「日本クリーニング新聞」1792号発行

クリーニング業界の業界紙「日本クリーニング新聞」2016年8月5日号(第1792号)が発行されました。


今号の主な内容は、
  • 本紙予測:総需要、前年並維持か
  • 品質研究会/9月に「公開講座」商業ウエット徹底解剖
  • ダイヤ研/夏物トラブル対策・水洗いで汚れ落し
  • 速報トピックス〜過去最高「最低賃金24円上げ」
  • 迫る「新JIS」施行を前に・ワイズプラントがウエット3倍売る方法
  • ぶんちゃん研が課外授業/職場環境重視した運営
  • 【不定期連載】八つ当たりばったりでモノ申す/毛利春雄
  • 今回の機資材(ツー・エム化成NEOソルベントボーイ など)

【日本クリーニング新聞のサイト】
http://www.nicli.co.jp/

2016年8月6日

「東京クリーニング界」802号発行

東京都クリーニング生活衛生同業組合の「東京クリーニング界」2016年8月号(第802号)が発行されました。


今号の主な内容は、
  • 成果が出ています!組合のインターネット対策
  • 役員の素顔 Vol.2
  • クリーニングトラブルを防ぐためのチェックポイント
  • 産機工・全機連/平成27年度機会出荷統計を発表
  • 暑中お見舞い申し上げます
  • 火災に注意!人様の品物があることをお忘れなく
  • 一都四県共同PR企画委員会・平成27年度実施事業報告
  • 本部だより
【東京都クリーニング生活衛生同業組合のサイト】
http://www.tokyo929.or.jp/

2016年8月4日

経産省、新しくなる洗濯表示を60秒解説

経済産業省はホームページで「60秒解説:50年ぶりに新しくなる洗濯表示」を公開しました。
http://www.meti.go.jp/main/60sec/2016/20160804001.html

12月1日から新しくなる洗濯表示の覚え方のコツなどを紹介しています。

超音波ウォッシャー、シャープが新発売

シャープ株式会社は、家庭洗濯向けの「超音波ウォッシャー<UW-A1>」を9月15日から新発売します。
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/160804-a.html

家庭での部分洗いニーズに対応したもので、毎秒約38,000回の超音波振動で汚れを弾き出すというもの。襟や袖汚れ、化粧品や食品の汚れなどを素早くキレイに落とします。また超微細な真空の泡が弾ける力で洗浄するので、衣類に優しく、布傷みを抑えるとのこと。
充電式コードレス仕様で、携帯できる軽量コンパクト設計。外出先でも手軽に使用できるとしています。

2016年8月2日

「かなめ」379号発行

かなめ流通グループの情報紙「かなめ」2016年8月1日号(第379号)が発行されました。


今号の主な内容は、
  • 「ニンジャ」シリーズ第4弾『ゆかた』登場/ツー・エム化成
  • かなめ会員機材商の展示会・研修会
  • セーター類を出す決め手は?〜中青会「利用者意識調査」
  • ぶんちゃんの販促道場/若年層をクリーニングに引っ張るために…
  • 新リフォームは宝の山だ!!スニーカー革命!!
  • 女性ならではの感性で管理、運営〜協栄クリーニング(札幌市)
  • 資材REPORT(ゲンブ・GSパワーリキッド など)
  • クリーニング綜合研究所・事故衣料品統計
【かなめ流通グループのサイト】
http://www.kaname-g.jp/

「ニュークリーナーズ」第540号発行

全国クリーニング協議会の「ニュークリーナーズ」2016年7月25日号(第540号)が発行されました。


今号の主な内容は、
  • 7月度常務理事会報告/秋のキャンペーン引き続き審議を継続へ
  • クリーニング業の労務管理/職場における熱中症対策について
  • 全ク連役員と懇親会開催
  • 便利でお得な「メンテ」の話〜日頃のメンテナンスの注意点
  • ドイツでテックスケア展
  • 繊維素材の雑学コラム〜綿繊維のお話
  • 法律相談/納期過ぎ、謝る店員〜改善策を取らない会社
  • 開始から20年、クイックサービスの今

2016年8月1日

悲観的な従業員が多い業種は?米国の調査

米国で最も悲観的な従業員が多い職種はクリーニング店の作業員だと、Forbes JAPANが伝えています。
http://forbesjapan.com/articles/detail/13063

報酬情報サイトのペイスケールが米国内の労働者42万5,219人を対象に調査を実施。「自分の勤務先の見通しは明るい」にどの程度“同意”できるかを5段階で評価するというもので、業種別に最も明るい展望を持っていたのは「客室乗務員」「歯科医」「中等教育機関の教師」の順。

逆に最も悲観的な見方を示したのが「クリーニング店(工場)の作業員」で、勤務先の未来についての楽観度が32.6%低かったとしています。

「クリーニングニュース」808号発行

全国クリーニング生活衛生同業組合連合会の「クリーニングニュース」2016年8月号(第808号)が発行されました。


今号の内容は、
  • 特集/第8回全国クリーニング大会 in 盛岡
  • 特集/クリーニング業者に求められる新JIS取扱い表示への対応 vol.3
  • 情報ファイル(夏の蚊対策国民運動 など)
  • クリーニング師研修・業務従事者講習インフォメーション
  • 業務従事のクリーニング師の変更届〜保健所への届出をお忘れではありませんか?
  • クリーニング業の設備投資動向(日本公庫の調査結果)
  • 技術部会のページ〜クリーニング技術部会入会のご案内
  • 青の時代ー平成28年度事業計画
  • 全国ふるさと自慢(宮城県/天平ろまん館、香川県/瀬戸大橋)
  • トピックス(スポーツウエア 街着に など)
  • クレーム情報〜水性処理による色泣き
  • 全国クリーニング業企業年金基金・新規加入事業所募集中!
  • みんなの共済広場「つなげること」
  • CLEANER'S VOICE〜読者のページ〜
  • 「編集委員だより」・編集後記
  • 全ク連活動報告Diary(平成28年6月)
  • クリーニング検索ガイド〈2016年盛夏〉

【全ク連のサイト】
http://www.zenkuren.or.jp/