ブログを含むクリーニングオンライン内の検索ができます

2017年7月21日

6月の百貨店売上、衣料品20カ月連続のマイナス

日本百貨店協会が平成29年6月の「全国百貨店売上高」を発表しました。
http://www.depart.or.jp/

調査対象百貨店80社229店のデータをまとめたもので、売上高総額は約4,720億円、前年同月比で1.4%。2カ月ぶりのプラスとなりました。
6月の特徴としては、円安株高で富裕層の高額消費やインバウンドが好調推移したことに加え、少雨高温の天候が夏の季節需要を押上げたほか、多くの店舗でクリアランスセールを6月末開始に前倒ししたことなど、プラス与件が重なった、としています。

衣料品を見てみると、売上高は1,355億8,279万5千円で、前年同月比0.5%減。20カ月連続のマイナスとなりました。
商品別では、
  • 紳士服・洋品 299億4,125万3千円 (前年比0.8%減)
  • 婦人服・洋品 869億8,196万円 (前年比0.6%減)
  • 子供服・洋品 84億2,714万1千円 (前年比4.6%増)
  • その他衣料品 102億3,244万1千円 (前年比3.2%減)
となっています。

2017年7月20日

ダニの知識と対策に関する調査、アース製薬

アース製薬株式会社(本社東京、川端克宜社長)は、全国の主婦600人を対象に「ダニの知識と対策に関する調査」を行いました。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000025.000023444.html

調査の結果、ダニ対策をしている人の中で8割の人が、

  • 布団を天日干しすれば、生きたダニは死滅する
  • 布団たたきをすれば、ダニを落とせる

といった、生きたダニの駆除には効果の薄い方法を「効果的なもの」と信じて実践していたことが判明しました。

同社によると、ダニの「熱」と「乾燥」に弱い性質を利用し、布団や毛布を洗濯機で丸洗いや、ふとん乾燥機を使用するなどの方法で駆除した後に、こまめに掃除機をかけることでその死骸を取り去るというような対策が有効だとしています。

2017年7月19日

「日本クリーニング新聞」1826号発行

クリーニング業界の業界紙「日本クリーニング新聞」2017年7月15日号(第1826号)が発行されました。


今号の主な内容は、
  • 春総括と夏対策/概ね「良い春だった」の声
  • 九州北部豪雨・数件で浸水報告
  • 中部洗機/中洗楽展市場2017
  • 定員に求められるのは「知識」〜情報通信M・A
  • 特集・夏の需要喚起提案2017
  • 新JISウェットの品質評価/力量が問われる洗浄力
  • 不入流・第1回繁盛会開く〜今後の傾向と対策を講義
  • オゾン溶水で洗う・超強力殺菌消臭で衛生効果アップ

【日本クリーニング新聞のサイト】
http://www.nicli.co.jp/

2017年7月18日

2タックワイドパンツ、洗濯絵表示に誤り

株式会社バレリーは、パンツの一部で洗濯絵表示に誤りがあったと発表しました。
http://www.palgroup.co.jp/important/20170714-02/

対象商品はRIVE DROITEで2017年6月7日~28日まで販売した「2タックワイドパンツ」(品番RD17F0020010100)。
洗濯絵表示に手洗い表記がありますが、手洗いには対応していません。同社では回収、返金対応するとしています。

2017年7月14日

書籍「なぜ、ユニフォームは、働く人を美しく魅せるのか?」


なぜ、ユニフォームは、働く人を美しく魅せるのか?
〜仕事服(ユニフォーム)の「なぜ」と「魅力」をこの一冊に〜

著者:長尾 孝彦 (住商モンブラン株式会社社長)

【内容紹介】
ユニフォームで会社が伸びる?ユニフォームで一流スタッフが育つ? 国内の超大御所デザイナーや高級レストランのシェフ、そして今をときめく実業家によるインタビューも収録。国内最大級のユニフォームメーカー社長が職業ユニフォームを語った、経営者とマネジャー必読の教科書的一冊。

「クリーニング流通新聞」326号発行

クリーニング業界の業界紙「クリーニング流通新聞」2017年7月10日号(第326号)が発行されました。


今号の主な内容は、
  • コインLにマスコミ加熱〜厚労省はコインで調査
  • 中青会/業者数の減少はチャンス
  • ラクナ新本社の竣工披露
  • 日本リネンサプライ協会/新会長にベネック山田氏
  • JAFCA・ふとんクリーニングの品質認定
  • クリーニング接客プロの資格[CA]試験・全国3カ所で
  • クリーナーズ防炎協会・創立50周年で記念式典
  • 無理な売上アップより利益の出せる汗抜きを/AMG有馬義

2017年7月12日

品質は高いが価格は低い、サービス品質の日米比較

公益財団法人日本生産性本部は7月12日、「サービス品質の日米比較」を発表しました。
http://activity.jpc-net.jp/detail/01.data/activity001511.html

現在の日本のサービス品質を日本人および米国人がどう評価しているのかについて調査したもの。今回対象とした28分野のほとんどで日本のサービス品質が米国を上回ると認識する一方、日本のサービス価格は、 米国より低いと認識する分野も多くなっています。

クリーニングに関してみてみると、

日本と米国のサービス品質の差
(100=品質が同等、数値が大きいほど日本の品質が高い)
日本の方が品質が高い:日本人115.9/米国人103.2

日本と米国のサービス価格の差
(100=価格が同等、数値が大きいほど日本の価格が高い)
日本の方が価格が高い:日本人97.8/米国人97.4

サービス品質を評価する上で重視するポイント
日本人
  • 正確で信頼できるサービス提供:43%
  • 接客が丁寧:31%
  • 迅速にサービスを提供:30%
  • 従業員・設備が清潔:21%
米国人
  • 正確で信頼できるサービス提供:31%
  • 接客が丁寧:29%
  • 設備や道具の性能・見栄えが良い:28%
  • 顧客に進んで手を貸してくれる:28%


スキニーパンツ、縫い糸が切れるおそれ

株式会社シップスは、パンツの一部で着用時などで縫い糸が切れてしまうおそれがあると発表しました。
https://www.shipsltd.co.jp/news/24205/

対象商品は2017年3〜6月にSHIPS WOMENS取扱店で販売した「カラースキニーパンツ (WC:PIECEDYE COLOR SKINNY PT)」(品番:NO.313-11-2490)。
着用および脱着時など過度に力が加わった際、縫い糸が切れてしまうおそれがあることが判明したため、同社では回収、返金対応するとしています。

2017年7月11日

澤田グループ、九州大雨災害で募金活動

富山県の澤田グループは九州大雨災害義援金の募金活動を行っています。
http://ameblo.jp/northkikaku/entry-12291316479.html

富山第一ドライクリーニング各店舗をはじめ、グループ企業のパチンコホール、ボーリング場、ショッピングセンターなどに募金箱を設置し、義援金を募ります。

「ザ・サプライヤー」20号発行

テキスタイルレンタルの専門情報誌「ザ・サプライヤー」2017年夏季号(第20号)が発行されました。


今号の主な内容は、
  • CLEAN2017ラスベガスで開催
  • “座って投入”仕様のHaYaBuSa/東京リハビリ協会
  • ローコストで利益創出する次世代型工場/南九イリョー
  • エグゼクティブライン構築/プリンスホテルリネンサプライ
  • 新工場にクールミスト47台導入/ベネック関東支店第二事業所
  • 新生『アイナックス稲本』スタート
  • ホテル館内着の変化に対応するために/東都フォルダー工業
  • 人手不足…勤怠管理も省人省力化/クリーニングみわ
  • CLEAN2017でも好評得た最先端ERP/ABSランドリービジネスソリューションズ
  • ほつれない、にじまない、はがれない/EID SYSTEM
  • 純利益550万円を生んだECOMAX/松本日光舎
  • ワックスが品質とコストを左右/共栄産業
  • 損耗リネン品、まとめて回収・買い取り/橋本繊維
  • 白衣にも最適なマルチフォーマー/イツミ製作所
  • ローコスト高生産工場のつくり方(ケーエスシー・北川幸一)
  • リネン工場の現場改善&生産管理術(エムアイイーシーシステム研究所・伊藤良哉)
【ゼンドラ/ザ・サプライヤーのサイト】
http://www.zendora.co.jp/supplier.html

2017年7月10日

ニューワタナベ、1袋2,980円セール開催

株式会社ニューワタナベ(本社新潟市、渡邊滝博社長)は、恒例の「袋セール」を開始しました。上越タウンジャーナルが伝えています。
https://www.joetsutj.com/articles/37189783

指定の袋に衣類や小物を詰め込んで店に持ち込むと、一律1袋2,980円でクリーニングしてもらえるというキャンペーン。袋に入れられるものは上着、ズボン、スカート、ポロシャツ、ワンピース、ブラウス、ジャンパー、コート、セーターなど。足袋やネクタイ、スカーフなどの小物も5点まで入れることができます。

同社の夏恒例企画となっており、「袋にうまく詰め込むとクリーニング代金が1万円以上得になることも。家事の負担も減らすことができるので、この機会にぜひ利用して」としています。
http://www.wash.co.jp/nw/contents/sale/index.html

2017年7月8日

アイロンがけするヒューマノイド・ロボット

アイロンがけするロボット!をギズモード・ジャパンが紹介しています。
http://www.gizmodo.jp/2017/07/iron-man-the-one-that-irons.html

アイロン台でアイロンがけするのは、スペインのマドリード・カルロス3世大学の研究者たちが開発しているヒューマノイド・ロボット「TEO」。新しく開発されたアルゴリズムによってTEOは服についたシワを認識し、それをアイロンで取り除くことができるようになったそうです。

頭部に設置された深さも検知するカメラ・システムでシワを認識し、シワが特定されると取り除くための効率的なアイロンの道筋を計算。そのデータはTEOのサブシステムに送られ、アイロンをTEOが持ち上げてアイロンをかけるとのこと。

まだスピードは遅く、ポケットやジッパー、刺繍といった一般的な衣服の特徴を認識することができないそうですが、研究者たちは、アイロンがけ技能を改善させたいと考えているそうです。

ユトリロの版画展示、ギャラリー付きコインランドリー

株式会社洗濯革命本舗(本社東京、西山由之社長)は日本初のギャラリー付きコインランドリー、「コインランドリーピエロ/49号二宮店」(神奈川県中郡二宮町)を2017年7月14日にオープンすると発表しました。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000027040.html

西山社長が所有する西山美術館は、モーリス・ユトリロ絵画の収蔵数が国内第1位。ユトリロ著作権継承者のジャン・ファブリス氏から日本におけるユトリロ愛好家として正式に認められました。

コインランドリーピエロ二宮店にはユトリロの版画5点を展示。名画を鑑賞しながら、ゆったりとした気持ちでお洗濯を、としています。


2017年7月7日

ミスターミニット、白洋舍と店舗展開で提携

ミニット・アジア・パシフィック株式会社(本社東京、迫俊亮社長)は、株式会社白洋舍(本社東京、五十嵐素一社長)と店舗展開の業務提携を行ったことを発表しました。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000026793.html

同社が展開する靴修理・合カギ作製をはじめとする総合リペアサービス店「ミスターミニット」で2016年9月より白洋舍の協力のもとクリーニング取次サービスを一部店舗でテスト導入。結果、店舗売上が平均の2倍以上に増加したことから、正式に業務提携を行い、同モデルの店舗展開を加速するとのこと。

今後はクリーニング取次サービスを追加したサービスコンビニ型店舗を、路面立地、スーパーマーケット、ショッピングセンターなどへ出店範囲を広げるとともに、既存の白洋舍クリーニング専門店をミスターミニットとの複合店への転換も実施。2020年までにクリーニング併設店舗を100店舗以上出店することを目指すとしています。


「日本クリーニング新聞」1825号発行

クリーニング業界の業界紙「日本クリーニング新聞」2017年7月5日号(第1825号)が発行されました。


今号の主な内容は、
  • リネンサプライ協会/新会長に山田修氏
  • 全ク連中青会・会員数全国500人割り込む
  • 7月東西で「消費科学講座」選ばれるブランド/繊消科学
  • ダスコン28年調査
  • ラクナ油脂の新本社/竣工披露に250人
  • TeMA-CA・17年は発信するCA(接客)
  • 東横サポート〜京技術会20期がスタート
  • 商品紹介(マルソー産業・夏の付加価値アップ応援キャンペーン など)

【日本クリーニング新聞のサイト】
http://www.nicli.co.jp/

ブラウスの混用率表記に誤り

アナディス株式会社はブラウスの一部で混用率表記に誤りがあったと発表しました。
https://www.dunadix.jp/articles/news/site-info/news_20170630.html

対象商品は2017年3月から販売した「DIRECTOIRE スラッシュブラウス ネイビー」(品番591-7171524 #120)。
生地混用率が「コットン 95% ポリウレタン 5%」となっていますが、正しくは「コットン 55% ポリエステル 45%」。
生地並びに商品の機能、および取り扱い方法については問題ないとのこと。同社では回収、返金対応するとしています。

2017年7月6日

「東京クリーニング界」813号発行

東京都クリーニング生活衛生同業組合の「東京クリーニング界」2017年7月号(第813号)が発行されました。


今号の主な内容は、
  • 組合のネット戦略
  • 第59回全ク連通常総会開催
  • 新JISに合わせた機械設定は各メーカーに連絡を!
  • 組合ホームページ店舗紹介サービス
  • 石油系ドライ回収型乾燥機入れ替えのメリット
  • 本部だより
【東京都クリーニング生活衛生同業組合のサイト】
http://www.tokyo929.or.jp/

フランスベッド、羽毛リフォーム強化

フランスベッド株式会社(本社東京、池田茂社長)は、静岡工場で行う羽毛ふとんのリフォームサービスを7月3日より拡充しました。 http://www.nikkei.com/article/DGXLRSP449374_X20C17A6000000/

プレミアムダウンウォッシュ仕上げと呼ばれる方法で、羽毛を側生地から取り出し丁寧に洗い上げ、傷んだ羽毛の除去、新しい羽毛を補充する品質にこだわった新リフォームサービスを提供していきます。
このサービスは他社商品を含む全ての羽毛ふとんが対象で、1枚から対応し、追加する羽毛には高品質ダウンの産地であるハンガリーのホワイトグースダウンを採用、抗菌防臭加工を施した生地を使用するとのこと。羽毛は2種、側生地は4種から選択可能。

羽毛ふとんのリフォームサービスの拡充により、工場の稼働率が安定し効率的な生産が見込まれ、よりニーズに合った価格での良質な商品提供を目指すとしています。

2017年7月4日

「ニュークリーナーズ」第551号発行

全国クリーニング協議会の「ニュークリーナーズ」2017年6月25日号(第551号)が発行されました。


今号の主な内容は、
  • 春の感謝キャンペーン抽選会を開催
  • ワイシャツアンケート・回答企業に集計結果を提供
  • 便利でお得な「メンテ」の話〜ドライ機の整備について
  • 業界紙記者と情報交換会を開催
  • クリーニング業の労務管理/健康診断の受診拒否
  • 全協会員コラム<常務理事・吉田修>大嫌いだった中国・前編
  • 法律相談/コインランドリーのトラブル
  • プロレスの変遷とクリーニング

2017年7月3日

厚労省、営業対策事業費補助金の審査結果公表

厚生労働省は、平成29年度生活衛生関係営業対策事業費補助金審査結果を公表しました。
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000169765.html

平成23年度より外部評価の導入を通じた効果測定の検証や PDCAサイクル(Plan、Do、Check、Action)による事業検証を導入、審査・評価を実施しており、6月15日、平成29年度生活衛生関係営業対策事業費補助金の140事業に係る審査評価を行いました。クリーニング関係の事業計画と総評などは以下の通り。

全国クリーニング生活衛生同業組合連合会
  • 長期間放置品解消に向けた「クリーニング事故賠償基準」改訂並びに利用者への啓発推進事業
  • 計画額745万円
  • 審議結果<A>
  • 先進的モデル事業として評価でき、事業計画どおり実施されたい。さらに、長期間引き取りに来ないクリーニング品について、 具体的な解決案の策定を期待する
全国クリーニング生活衛生同業組合連合会
  • 後継者育成支援、組合組織活性化に資する実態調査並びに次世代ビジョン構築事業
  • 計画額355万円
  • 審議結果<B>
  • 事業計画どおり実施されたい。
全国クリーニング生活衛生同業組合連合会
  • 今後のクリーニング師資格のあり方に関する検討並びにクリーニング師研修受講促進事業
  • 計画額180万円
  • 審議結果<B>
  • 事業計画どおり実施されたい。
新潟県クリーニング生活衛生同業組合
  • 縫製業者との連携によるオーダーメイドワイシャツ販売によるクリーニング店の生産性向上事業
  • 計画額230万円
  • 審議結果<B>
  • 事業計画どおり実施されたい。ただし、 オーダーメイドワイシャツの販売がクリーニング業として客層の拡大に貢献したかどうかを検証してほしい。
岐阜県クリーニング生活衛生同業組合
  • 組合員のしみ抜き技術高度化並びに利用者へのクリーニング知識普及促進事業
  • 計画額220万円
  • 審議結果<B>
  • 事業計画どおり実施されたい。
滋賀県クリーニング生活衛生同業組合
  • 職業観向上のための映像を活用したPR事業
  • 計画額212万円
  • 審議結果<B>
  • 事業計画どおり実施されたい。

2017年7月2日

「かなめ」390号発行

かなめ流通グループの情報紙「かなめ」2017年7月1日号(第390号)が発行されました。


今号の主な内容は、
  • ツー・エム化成のウェット用資材
  • 三浦工業がアイナックスを買収
  • ぶんちゃんの販促道場/Yシャツを増やすために行うこと
  • 商売のネタ帳/経費0円!回収率2〜5割弱のペタペタ販促
  • 地域に密着して元気に営業・クリーニング春光舎(栃木市)
  • 資材REPORT(松井化学・ウエット洗剤 など)
  • クリーニング綜合研究所事故衣料品統計
  • 《産機工》機械出荷台数21%増
【かなめ流通グループのサイト】
http://www.kaname-g.jp/

2017年7月1日

リネット、フリークスストアとコラボ

株式会社ホワイトプラス(本社東京、井下孝之社長)は、株式会社デイトナ・インターナショナル(本社東京、鹿島研社長)が運営するフリークスストアとコラボしたキャンペーンを実施すると発表しました。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000015.000016048.html

キャンペーン「FUN MY STYLE〜お気に入りを楽しもう〜」は、フリークス・ストアの公式ECサイト「FREAK’S STORE ONLINE」で新作アウターを購入すると、宅配クリーニングサービス「リネット」で利用できる「デラックス加工」50%オフを含む、アフターケアチケット2,000円分をプレゼントするというもの。
キャンペーン期間は2017年6月30日〜7月31日。

フリークスストアの、お客様がアフターケアを心配せず、お気に入りを長く大切に着て欲しいという想いが、リネットの実現する世界観とマッチし、コラボレーションすることとなったとしています。

「クリーニングニュース」819号発行

全国クリーニング生活衛生同業組合連合会の「クリーニングニュース」2017年7月号(第819号)が発行されました。


今号の内容は、
  • 第9回全国クリーニング大会 in 大阪 開催案内
  • 特集/第59回全ク連通常総会 開催
  • 日本政策金融公庫/経営改善のための融資のご案内
  • 情報ファイル(新JISに係るクリーニング機械の適合化について など)
  • クリーニング師研修・業務従事者講習インフォメーション
  • 技術部会のページ〜平成28年度クリーニング技術部会事業報告
  • 青の時代ー需要開発研究委員会について
  • 全国ふるさと自慢(埼玉県/草加松原、兵庫県/有馬温泉)
  • トピックス(洗濯物、自動で折り畳み など)
  • 衣料管理情報〜着用による目寄れ
  • 全国クリーニング業国民年金基金・新規加入事業所募集中
  • みんなの共済広場「土用の丑は鰻」
  • CLEANER'S VOICE〜読者のページ〜
  • 全ク連活動報告Diary(平成29年5月)
  • 「編集委員だより」・編集後記

【全ク連のサイト】
http://www.zenkuren.or.jp/

2017年6月30日

きょくとうが第1四半期決算を発表

株式会社きょくとう(本社福岡市、牧平年廣社長)が平成30年2月期第1四半期の業績(平成29年3月1日から5月31日)を発表しました。
http://www.cl-kyokuto.co.jp/ir/

それによると、
  • 売上高   :23億8,200円(前年同期比0.8%減)
  • 営業利益  :5億8,600万円(同10.7%増)
  • 経常利益  :6億400万円(同10.4%増)
  • 四半期純利益:3億7,400万円(同18.3%増)
決算短信によると、営業面では販促活動として、春の衣替えシーズンに合わせて「春のプレゼントキャンペーン」を実施し、特別会員数の増大と需要の拡大に努めました。加えて店舗の定休日や営業時間外でも、利用できるサービスとして「無人受付ボックス」の設置をスタート。今後、設置台数を拡大していくことで、お客様の利便性と満足度の向上をはかるとしています。

生産面では平成29年3月に品質と生産性の向上を目的として「仕上げ競技会」を実施。

店舗政策は、新規出店として新たに4店舗を出店しましたが、不採算店の閉鎖や取次店オーナーの高齢化に伴う閉鎖により9店舗を閉鎖し、当第1四半期累計期間末の店舗数は680店舗(前事業年度末に比べて5店舗の減少、前年同四半期累計期間末に比べて19店舗の減少)となりました。

フレディレック・ウォッシュサロン、OKULABがプロデュース

株式会社OKULAB(本社東京、久保田淳社長)は、2017年7月1日にオープンする日本初のフレディレック・ウォッシュサロン トーキョー(東京都目黒区本町)の洗濯サービスのトータルプロデュースをしたと発表しました。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000026908.html

フレディレック・ウォッシュサロンは、「洗濯の時間を使い、楽しいコミュニティの場をつくること」という発想から生まれたドイツ・ベルリンにある利便性の高いセルフランドリー店舗で、利用者同士のコミュニケーションが生まれる地域社会を意識したコミュニティスペースやこだわったインテリアや内装が特徴。

OKULABは今回、セルフランドリーとクリーニング取次、洗濯代行の洗濯総合サービスのサービスの創造、運営、管理をトータルプロデュースしているそうです。

5月のクリーニング代支出は934円、2.2%増加

総務省統計局の「家計調査報告(二人以上の世帯)」2017年5月分がまとまりました。

5月分の結果は、全国全世帯のクリーニング代支出額は934円で、前年の914円より2.2%増加しました。勤労者世帯も前年より8.7%増加して939円(前年864円)でした。

地方別では、
  • 北海道 981円(前年908円)
  • 東 北 1,105円(前年648円)
  • 関 東 1,027円(前年1,134円)
  • 北 陸 858円(前年719円)
  • 東 海 718円(前年926円)
  • 近 畿 998円(前年832円)
  • 中 国 814円(前年601円)
  • 四 国 620円(前年787円)
  • 九 州 879円(前年794円)
  • 沖 縄 183円(前年196円)
詳細はクリーニングオンラインのデータ集に掲載しています。
http://www.c-online.net/data/c_expense/index.html

2017年6月29日

ナガイレーベンが第3四半期決算を発表

ナガイレーベン株式会社(本社東京、澤登一郎社長)が平成29年8月期第3四半期決算の連結業績(平成28年9月1日から29年5月31日)を発表しました。
http://www.nagaileben.co.jp/ir-statements/

それによると、
  • 売上高   :134億4,900万円(前年同期比4.4%増)
  • 営業利益  :43億円(同10.4%増)
  • 経常利益  :43億8,000万円(同12.4%増)
  • 四半期純利益:30億1,400万円(同17.6%増)
でした。

決算短信によると、ヘルスケアウェアおよび手術ウェアの順調な推移に加え患者ウェアが大幅な増収となり、当第3四半期連結累計期間の売上高は過去最高を達成。生産面では、ここ数年来のトレンドである国内外の生産拠点での人件費・加工賃の上昇という厳しい状況が依然として続いている、としています。

2017年6月27日

「日本クリーニング新聞」1824号発行

クリーニング業界の業界紙「日本クリーニング新聞」2017年6月25日号(第1824号)が発行されました。


今号の主な内容は、
  • 業務用洗濯機部会28年機械出荷
  • 近クリ・記念の60周年総会開催
  • ふとん協会/品質基準適合店認定制度
  • 全協「ワイシャツ1点工場内原価アンケート」を開始
  • クリーンフェアー大阪2017/7月22日・23日に開催
  • 木戸商事〜さっぱり洗い研究会・2017
  • 全自動衣類折りたたみ機/一般向けに実機を初展示
  • 米国・クリーン17速報(2)日本メーカーの実力好評

【日本クリーニング新聞のサイト】
http://www.nicli.co.jp/

2017年6月26日

ナノイーX搭載の脱臭ハンガーを発売、パナソニック

パナソニック株式会社は、ニオイや花粉をケアできる脱臭ハンガーを9月1日より発売すると発表しました。
http://news.panasonic.com/jp/press/data/2017/06/jn170626-1/jn170626-1.html

衣類用ハンガーに「ナノイー」の10倍のOHラジカルを生成する微粒子イオン「ナノイー X(エックス)」を搭載したもので、電源を入れると「ナノイー X」が発生し、衣類に付着した汗やタバコ、焼肉などのニオイを分解脱臭。さらに花粉も抑制するというもの。付属の衣類用カバーを使用すると衣類の内側だけでなく、外側までしっかりケアします。

ハンガー自体も衣類を美しく保ち、型崩れを防ぐデザインで、男性用のスーツにも、女性用のジャケットやブラウスなどにも使えます。

また電気代は1回1円以下で、モバイルバッテリーでの運転もできるためコンセントがない場所でも使用可能。
同社ではこの脱臭ハンガーで手軽にできる衣類ケアを提案し、新たな需要を創造するとしています。


2017年6月22日

ライオンの排水リサイクル、日本水環境学会で受賞

ライオン株式会社(本社東京、濱逸夫社長)は、千葉工場(千葉県市原市)に導入した製造工程排水のリサイクル技術が、洗剤製造工場における高い節水効果で水環境保護に貢献し、将来を期待される技術と認められ、公益社団法人日本水環境学会の「技術奨励賞」を受賞したと発表しました。
http://www.lion.co.jp/ja/company/press/2017/2287

千葉工場では従来、製造工程から排出された水は工場内の排水処理設備で汚れを取り除いた後、海に放流していました。排水リサイクルシステムでは、排水を既存の排水処理設備で処理した後に新規に設置したリサイクル設備によって再度使用できるリサイクル用水としています。
本システムの特徴は、リサイクル用途に応じて設備洗浄用水とボイラー用水の2種類の設備に分け、それぞれで必要な水量や水質を設定できること。

排水リサイクルシステムの導入は国内の日用品工場では初めての取り組みとのことで、大きな節水効果を得ることができたとしています。今後はさらなる節水量向上のための運転条件の改善やリサイクル対象水の拡大を進め、国内だけでなく海外を含めたライオングループ製造事業所への展開を検討していくとしています。

山形県、引火性溶剤の安全対策設備で助成金

山形県では「クリーニング所緊急施設整備支援事業費補助金」制度を設けています。
http://www.pref.yamagata.jp/ou/kankyoenergy/020071/104/kuriningurisijyosei.html

平成22年9月10日以前に山形県内で建築された建築基準法の用途規制違反、または既存不適格のクリーニング所を有している方を対象に、引火性溶剤の安全対策設備を導入するために、日本政策金融公庫の融資を受けた場合、その利子を助成するというもの。

1人あたり1,000万円を限度とし、融資の償還残高に対する0.45%が補助上限で、平成29年4月から平成30年3月までの利子支払分が助成対象となります。

【補助金の案内書】
http://www.pref.yamagata.jp/ou/kankyoenergy/020071/104/cleaningannai29.pdf

2017年6月21日

5月のチェーンストア販売、衣料品2.2%減

日本チェーンストア協会が平成29年5月度の「チェーンストア販売統計」を発表しました。
http://www.jcsa.gr.jp/

会員企業数56社(店舗数9,434店)の販売データをまとめたもので、総販売額は1兆831億2,466万円(前年比1.8%減)でした。
概況として、5月は食料品は相場安の影響で農産品が苦戦。衣料品も月前半の気温低下も影響し苦戦し、住関品の動きも鈍かったことから、総販売額の前年同月比(店舗調整後)はマイナスとなった、としています。

衣料品を見てみると、販売金額は953億9,084万円で、前年同月比2.2%減でした。
部門別では、
紳士衣料  183億7,936万円(前年比2.4%減)
婦人衣料  277億3,440万円(前年比3.8%減)
その他衣料 492億7,708万円(前年比1.3%減)

紳士衣料は、紳士衣料は、ジャケット、スラックス、ニットショートパンツ、夏物ブルゾンなどの動きは良かったが、スーツ、カッターシャツ、カジュアルシャツ、ジーンズなどの動きは鈍かった。
婦人衣料は、スーツ、ジャケット、スカーチョ、カットソーなどの動きは良かったものの、フォーマル、ブラウス、スカート、デニムなどは不調に終わった。
その他衣料・洋品は、母の日の関連で婦人バッグやエプロン、婦人・子供パジャマ、紳士・婦人・子供肌着、男児半袖Tシャツ、スクール水着、スニーカーなどは好調だったが、男児ハーフパンツ、女児スカート、ベビー服、レイングッズなどは不調だった。

wash-plus、新連携事業計画に認定

株式会社wash-plus(本社千葉県浦安市、高梨健太郎社長)は、6月9日付で経済産業省関東経済産業局より『中小企業等経営強化法に基づく新連携計画(異分野連携新事業分野開拓計画)』の認定を受け、『平成29年度商業・サービス競争力強化連携支援事業(新連携支援事業)』の補助事業者に採択されたと発表しました。
https://www.atpress.ne.jp/news/131146

対象となった事業テーマはIoTを活用した「スマートランドリー」サービスの事業化で、その概要は、
コインランドリーのシステム開発と運営管理を行うコア企業と、コインランドリー機器の開発・設計・製造技術を持つ連携企業、アプリ開発ノウハウを持つ連携企業との連携体制により、IoTを活用した「スマートランドリー」サービスの事業化を行う。 スマートフォンアプリケーション及びIoT化した洗濯機の開発を行い、スマートフォンを使って、予約から洗濯機の操作、終了時間の通知、カード決済などを可能にし、コインラン ドリー機器の稼働率、利便性の向上を実現させる。
というもの。

【中小企業庁の発表】
http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/shinpou/2017/170609Ibunya.htm
http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/shinpou/2017/170609shinpou.htm

2017年6月20日

5月の百貨店売上、衣料品19カ月連続のマイナス

日本百貨店協会が平成29年5月の「全国百貨店売上高」を発表しました。
http://www.depart.or.jp/

調査対象百貨店80社229店のデータをまとめたもので、売上高総額は約4,588億円、前年同月比で0.0%。2カ月ぶりのマイナスとなりました。
5月の特徴としては、円安株高によるストック効果やインバウ ンドの活況で、基調としては高額商材を中心に増勢を示していたが、前年に比べ日曜日が1日少なかったことから、前年実績には僅かに届かなかった。衣料品は気温上昇で一部夏物の動きが本格化するなど、特に大都市では下げ止まりの傾向も見られたがプラス転換には至らなかった、としています。

衣料品を見てみると、売上高は1,493億9,471万円で、前年同月比3.1%減。19カ月連続のマイナスとなりました。
商品別では、
  • 紳士服・洋品 335億6,435万7千円 (前年比2.0%減)
  • 婦人服・洋品 932億2,168万5千円 (前年比3.5%減)
  • 子供服・洋品 122億8,671万円 (前年比1.1%減)
  • その他衣料品 103億2,195万8千円 (前年比5.4%減)
となっています。

2017年6月17日

「日本クリーニング新聞」1823号発行

クリーニング業界の業界紙「日本クリーニング新聞」2017年6月15日号(第1823号)が発行されました。


今号の主な内容は、
  • 米国・クリーン2017/単機からシステムの時代
  • 「民泊」全国解禁でビジネスチャンス拡大なるか
  • 生産性名古屋/講演と白洋舎見学
  • 2017年初夏の個展
  • 29年3月期決算特集
  • 最盛期から閑散期へ<業界提案>あれこれ
  • 東京ホールセール〜ふとんキャンペ  真空パックも
  • 長崎スワン・ドライ「攻めのIT経営中小企業百選」に

【日本クリーニング新聞のサイト】
http://www.nicli.co.jp/

2017年6月15日

豊中市の跡地、基準値超えのテトラクロロエチレン

大阪府豊中市のクリーニング店跡地から基準値の1.5倍のテトラクロロエチレンが検出されたと読売新聞が報じています。
http://www.yomiuri.co.jp/local/osaka/news/20170614-OYTNT50260.html

豊中市の発表によると、曽根西町のクリーニング店の跡地(約160平方メートル)でテトラクロロエチレンが基準値の1.5倍の濃度で検出。うち約80平方メートルを工事などの際に届け出が必要な区域に指定しました。周囲に飲用の井戸はなく、住民の健康被害の恐れはないとのことです。

2017年6月14日

オートランドリータカノ、父の日フェア開催

株式会社オートランドリータカノ(本社仙台市、高野十社長)は、Yシャツクリーニング1年間無料パスポートが当たる父の日フェアを開催します。
http://www.dreamnews.jp/press/0000154601/

6月18日の父の日に合わせて、宮城県内の直営26店舗で、6月17日、18日にYシャツクリーニングを出した方の中から各店3名に最大で1年間毎日1枚のYシャツクリーニングが無料になる年間パスポートを抽選でプレゼントするというもの。
日頃から頑張るお父さんに、いつもパリッとしたYシャツを着こなしカッコいいお父さんであって欲しい、そんな想いで企画したそうです。

2017年6月13日

「クリーニング流通新聞」325号発行

クリーニング業界の業界紙「クリーニング流通新聞」2017年6月10日号(第325号)が発行されました。


今号の主な内容は、
  • 全ク連総会・真の大同団結望む声
  • 外国人実習生問題で〜全ク連会長と事務局長が語る
  • アイナックス稲本が三浦工業グループに
  • 全協が会員にアンケート/ワイシャツ1点の原価は!?
  • 中青会・利用者意識調査「10年先も選ばれるお店づくり」
  • TeMA31回通常総会を開催〜3副理事長の新体制に
  • 新宅配セミナー満席に
  • ふとんCLの品質認定/JAFCA

2017年6月12日

ワッペン付スタジャン、クリーニングで色落ち

株式会社オリーブ・デ・オリーブは、スタジャンの一部でクリーニング時に色落ちが発生すると発表しました。
https://www.olivedesolive-ec.jp/topics/detail?id=1618

対象商品は2016年11月3日から2017年1月3日まで販売したOLIVE des OLIVE「ワッペン付フード取り外しビッグスタジャン」(品番:6184171303/6184171313)。クリーニングの際に身頃やワッペンの染料が色落ちし、袖生地に移染する可能性のあることが判明したため、同社では回収、返金対応するとしています。

2017年6月8日

リアクア、ふとんも6カ月無料保管

株式会社喜久屋(本社東京、中畠信一社長)が運営する「リアクア」は、衣類のクリーニングと無料保管サービスにつづいて、ふとん・寝具類の6カ月無料保管サービスの受付を開始しました。
http://www.dreamnews.jp/press/0000154354/

ふとん・寝具類を宅配便で自宅まで集荷配達しクリーニング、さらに6カ月間無料で保管するというもの。料金は「ふとん/羽毛」4,800円、「ふとん/その他」4,000円、「毛布」1,500円など。衣類に関しては同様のサービスをこれまでも行なっています。

「リアクア」は喜久屋が運営する全国56社のクリーニング工場をネットワーク化した宅配クリーニングサービス。

スラックス、タテ糸の強度低下

デサントジャパン株式会社は、マンシングウェアのメンズスラックスの一部で生地不良が判明したと発表しました。
http://www.descente.co.jp/jp/important/

対象商品は2017年2月15日から販売したマンシングウェア メンズスラックス(品番:XJWMJ800CH)。カラーがM606(白×ブルーストライプ)、N950(白×ブラックストライプ)の商品。
生地のタテ糸の強度低下により、部分的に脱落して白く見える可能性があるため、同社では返品(返金)対応するとしています。

「東京クリーニング界」812号発行

東京都クリーニング生活衛生同業組合の「東京クリーニング界」2017年6月号(第812号)が発行されました。


今号の主な内容は、
  • 平成29年度通常総代会開催
  • 東京組合・全ク連〜表彰受賞者発表
  • 経営技術講習会・受講者申込受付中
  • 平成28年度事業報告
  • 平成28年度決算報告
  • 日本クリーニングセンター第47期営業報告
  • 本部だより
【東京都クリーニング生活衛生同業組合のサイト】
http://www.tokyo929.or.jp/

北海道・石狩の工場で火災

株式会社エンパイアー石狩支店で火災が発生しました。北海道新聞が報じています。
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/society/society/1-0407958.html

6月7日午前5時ごろ、北海道石狩市の石狩支店の工場(鉄骨造り2階建)から出火、棟続きのプレハブ平屋の倉庫約490平方メートルを全焼し、工場の外壁も焼きました。
当時、工場は稼働前で、従業員数人は避難し、けが人はいなかったそうです。倉庫にはタオルやシーツなどを保管していました。札幌北署が出火原因を調べているとのこと。

2017年6月6日

クリーニング店に車突っ込む事故

栃木県小山市のクリーニング店に乗用車が突っ込む事故がありました。テレビ朝日newsが報じています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000102472.html

6月6日正午前、栃木県小山市で56歳の女性が運転する乗用車がクリーニング店の入り口付近に前向きに突っ込みました。
警察によると、当時、店内に客はおらず、店長の女性が奥で作業していましたが、けがはありませんでした。乗用車を運転していた女性は、店の駐車場に車を止めようとしていたということで、警察はアクセルとブレーキの踏み間違えが事故の原因とみて調べています。

米アライアンス社がベトナムに進出

ランドリー機器メーカーの米国アライアンス・ランドリー・システムズ社(Alliance Laundry Systems)は、ベトナム・ホーチミン市に東南アジア地域で初の海外事務所を開設しました。ベトナム総合情報サイトVIETJOが伝えています。
http://www.viet-jo.com/news/economy/170602071442.html

同社はベトナム経済が急速に成長していること、全人口で若い世代の占める割合が高いこと、中間層の年間増加率が上っていることを踏まえて、ベトナム進出を決定。

7月中にホーチミン市で「スピードクイーン(Speed Queen)」ブランドのランドリーを開業し、年内に7店舗へと増やすほか、2022年にはハノイ市や南中部沿岸地方ダナン市など全国の各省・市で250店舗を展開する計画とのこと。

利用者は2割〜コインランドリーのアンケート調査

オレンジページくらし予報は、「コインランドリーと梅雨時の洗濯」に関する調査を実施しました。
https://www.atpress.ne.jp/news/129671

それによると、コインランドリーを利用したことがある人は20.3%、「ない」が79.7%でした。

利用したことのない人の理由としては、「利用する必要性を感じない」53.8%、「行くのが面倒」36.2%、「衛生面に不安」30.8%が上位となっています。

利用者の理由としては「自宅では洗いにくい大型のものを洗えるから」66.5%と最も多く、次いで「クリーニングに出すより安上がりだから」30.2%、「雨天時に洗濯〜乾燥までできるから」28.9%の順。またコインランドリーの1回の利用金額は「500~1,000円未満」が一番多く40.5%。次いで「500円未満」28.1%、「1,000~2,000円未満」26.4%でした。

調査は2017年4月27日〜5月7日、オレンジページくらし予報モニター会員を対象にインターネットで行われました。有効回答数は1,190人。

「日本クリーニング新聞」1822号発行

クリーニング業界の業界紙「日本クリーニング新聞」2017年6月5日号(第1822号)が発行されました。


今号の主な内容は、
  • 全ク連第59回総会/組合員減少止まず、単組存続問題も浮上
  • 『民法』120年ぶり大改正
  • 近クリ28年度総会と研修会〜元気経営の秘密を聴く
  • 4月のCL代・3月からずれ込みも
  • 東海染工/名古屋にリネンサプライ向け洗濯工場立ち上げ
  • アイナックス/安定株主を得て中長期戦略を立て、一層の業界貢献を
  • 2017初夏のリネンサプライ特集

【日本クリーニング新聞のサイト】
http://www.nicli.co.jp/

2017年6月4日

「Pandora」2017年春号発行

品質情報研究所の「Pandora(パンドラ)」2017年春号(第68号)が発行されました。


今号の主な内容は、
  • クリーニングの大衆化によって「失われた一手間」毛利春雄
  • プロのテキスタイルケア技術はガラス張りで公開
  • JIS L 1930に基づくMA値測定方法
  • 事故事例報告
    • シルクのコートの変色と損傷
    • ズボンの汗による退色
    • コシートベルトによるパイルの脱落
    • クリーニング工程でのスナッグの発生
  • 消費者庁告示によって以下のように繊維の指定用語が改正されました
  • テキスタイルケアの超・基礎講座
  • <連載>繊維素材の雑学コラム

【日本テキスタイルケア協会のサイト】
http://www.textilecare.jp/

2017年6月2日

きょくとう、自己株式を取得

株式会社きょくとう(本社福岡市、牧平年廣社長)は、経営環境の変化に対応した機動的な資本政策の遂行を可能とするため、自己株式の取得を行うと発表しました。
http://www.cl-kyokuto.co.jp/ir/

取得する株式総数は、平成29年6月1日の終値584円で280,000株(1億6,352万円)。
6月2日午前8時45分の東京証券取引所の自己株式立会外買付取引(ToSTNeT-3)において買付けの委託を行うとのこと。

「かなめ」389号発行

かなめ流通グループの情報紙「かなめ」2017年6月1日号(第389号)が発行されました。


今号の主な内容は、
  • AMGゆかた用洗剤/「色止め効果」と「移染防止効果」
  • かなめ総会/より充実した商品群を構築へ
  • ぶんちゃんの販促道場/カビ落としコース、ありますか?
  • 商売のネタ帳<第1回>
  • 全員一丸体制で、ますます発展・クリーニングハウスアート(八王子市)
  • 資材REPORT(FunFusion・fonfunSMS など)
  • 海渡産業50周年記念展示会レポート
【かなめ流通グループのサイト】
http://www.kaname-g.jp/

2017年6月1日

シニアの衣替えアンケート調査

株式会社シニアコム(本社東京、津崎慎二社長)は、50歳以上の男女を対象に「衣替えに関するアンケート」調査を実施しました。調査は2017年5月2日〜8日、インターネットで行われ、有効回答者数は725人(男性452人、女性273人)。
https://www.atpress.ne.jp/news/129748

衣替えをする人は88.1%で、衣替えをする年代で最も多いのは、60代男女。50代男女、70代女性が衣替えをしない傾向にあります。
衣替えの回数は1年に2回が61.2%と最も多く、次いで4回16.4%、3回16.1%。

衣替えをするときに気を付けていること(複数回答)は「洗濯・クリーニングをしてしまう」75.7%、「収納ケースに防虫剤、防湿剤、カビ防止剤などを入れる」57.4%、「不要な服を捨てるなど、整理する」54.0%など。

また衣替えをしない理由として、16.3%の人が「洗濯やクリーニングが面倒だから」としています。

スワン・ドライ、攻めのIT経営中小企業百選に

経済産業省は「攻めのIT経営中小企業百選」を選定しました。攻めの分野でのITの効果的な活用に積極的に取り組み、成果を上げている中小企業をベストプラクティスとして選定するもので、平成26年度から開始。今年で3回目となります。
http://www.meti.go.jp/press/2017/05/20170531008/20170531008.html

今回、クリーニング業関係で、株式会社スワン(店名スワン・ドライ、本社長崎市、原誠一社長)が選ばれました。
同社では顧客の確保を確実なものとするため、来店された顧客の様々な情報を分析して活用し、顧客との関係をより強くすることを目的に、ITを活用した改革に取り組んだとのこと。

Webシステムでの開発を行い、顧客がWebから伝票番号を入力すればクリーニングの進捗状況や引取りの予約も可能。各店舗のPOSシステムの売り上げデータ・伝票データを伝票 明細サーバーに集めることで、本社からリアルタイムに現在の売上高を確認したり、伝票管理や商品の問い合わせ対応、さらには勤怠管理までが可能となるなど、素早い経営判断に役立てています。
また顧客購買履歴のRFM分析結果を利用して、効率的なDMの発行を行い、Facebook等のSNSを活用した情報を発信し、顧客の来店率の向上に繋げているそうです。

ASTEMPO SMARTに決済システム

株式会社ペイジェント(本社東京、上林靖史社長)は、株式会社デジジャパン(本社東京、平井英幸社長)が提供するクリーニング店向けのスマートフォンアプリ提供サービス「ASTEMPO SMART」(アステンポスマート)のオプション機能『オンライン決済』にクレジットカード決済システムを提供すると発表しました。
https://www.paygent.co.jp/news_release/2017/170531.html

これによりアステンポスマート導入クリーニング店では、店頭での決済はもちろん、無人受付ボックスでもカード決済を利用することができるとのこと。
利用客が店頭で直接受付ボックスへ預けた衣類を、クリーニング店で検品した後、利用客へ「検品結果」とそれに伴う「利用料金」をアプリへ通知。利用客はこの情報を確認したうえで、アプリ経由でオンラインでカード決済することが可能になります。

「クリーニングニュース」818号発行

全国クリーニング生活衛生同業組合連合会の「クリーニングニュース」2017年6月号(第818号)が発行されました。


今号の内容は、
  • 春の叙勲
  • 特集/平成28年度クリーニングサービスに関する利用者意識調査
  • クリーニング師研修・業務従事者講習インフォメーション
  • 日本政策金融公庫/クリーニング業の業況DI等
  • 情報ファイル(第1回理事会を開催 など)
  • 技術部会のページ〜平成28年度組合講習会開催報告
  • 青の時代ー平成28年度の常任委員会について
  • 全国ふるさと自慢(東京都/両国駅界隈、鹿児島県/西郷南洲顕彰館)
  • トピックス(通勤バッグA4サイズで肩かけが人気 など)
  • 衣料管理情報〜ドライクリーニングでの再汚染
  • 全国クリーニング業国民年金基金・平成29年度のポスターが完成しました!
  • みんなの共済広場「はじめまして 粘り強くよろしくお願いします」
  • CLEANER'S VOICE〜読者のページ〜
  • 全ク連活動報告Diary(平成29年4月)
  • 「編集委員だより」・編集後記

【全ク連のサイト】
http://www.zenkuren.or.jp/

2017年5月31日

カーディガン、色落ちのおそれ

MARK STYLER株式会社は、EMODAブランドのカーディガンの一部で色落ちが発生する可能性があると発表しました。
http://emoda-japan.com/news/

対象商品は2017年4月9日から5月26日まで販売した「スプリングフリンジカーディガン」(品番041720130001)。色落ちが発生する可能性があるため、同社では着用を中止し、購入店舗またはカスタマーサービス部まで連絡してほしいとしています。

「ニュークリーナーズ」第550号発行

全国クリーニング協議会の「ニュークリーナーズ」2017年5月25日号(第550号)が発行されました。


今号の主な内容は、
  • 第26回環境保全全国大会/11月8日(水)に開催
  • 便利でお得な「メンテ」の話〜冷却装置のメンテナンス
  • 三浦工業がアイナックスを買収
  • クリーニング業の労務管理/労働基準監督署の調査
  • 全協会員コラム<常務理事・伊藤博>50周年ありがとう感謝
  • 異常な長時間労働を課す業者
  • 法律相談/賞与の査定方法
  • ハガキ値上げで注目のSMS

2017年5月30日

ワイエイシイ、クリーニング関連売上高16億8,900万円

ワイエイシイホールディングス株式会社(本社東京都昭島市、百瀬武文社長)が平成29年3月の連結業績(平成28年4月1日から29年3月31日)を発表しました。
http://www.yac.co.jp/ir/

それによると、
  • 売上高   :294億5,200万円(前年同期比15.3%増)
  • 営業利益  :10億3,600万円(同28.3%増)
  • 経常利益  :11億2,200万円(同105.5%増)
  • 当期純利益 :7億9,000万円(ー)
でした。

決算短信によると「クリーニング関連その他事業」は顧客需要を確実に取り込み、業績は底堅く推移した結果、売上高は16億8,900万円(前年同期比1.2%増)、セグメント利益は2億9,100万円(同49.3%増)でした。

4月のクリーニング代支出は930円、1.7%減少

総務省統計局の「家計調査報告(二人以上の世帯)」2017年4月分がまとまりました。

4月分の結果は、全国全世帯のクリーニング代支出額は930円で、前年の946円より1.7%減少。3カ月連続の減少となりました。勤労者世帯は前年より8.9%増加して1,116円(前年1,025円)でした。

地方別では、
  • 北海道 1,170円(前年906円)
  • 東 北 791円(前年1,005円)
  • 関 東 1,036円(前年1,094円)
  • 北 陸 722円(前年738円)
  • 東 海 894円(前年981円)
  • 近 畿 876円(前年876円)
  • 中 国 838円(前年819円)
  • 四 国 550円(前年1,072円)
  • 九 州 992円(前年648円)
  • 沖 縄 225円(前年309円)
詳細はクリーニングオンラインのデータ集に掲載しています。
http://www.c-online.net/data/c_expense/index.html

2017年5月27日

「日本クリーニング新聞」1821号発行

クリーニング業界の業界紙「日本クリーニング新聞」2017年5月25日号(第1821号)が発行されました。


今号の主な内容は、
  • 星光舎&パールドライ/全社一丸、折目加工成長企業に邁進
  • 三浦工業がアイナックス稲本を子会社化
  • FMC/繊維商学実現へ〜テキスタイル商業論の提案
  • 衣料管理協会・2016年衣料の使用実態調査
  • 環境保全センター/土壌汚染で委員会
  • マルソー産業/生地にやさしいハンガー〜スカート・パンツ用で新提案
  • 閑散期の売上づくりに備える
  • 中青会/利用者意識調査(1)

【日本クリーニング新聞のサイト】
http://www.nicli.co.jp/

「洗濯の科学」245号発行

一般財団法人洗濯科学協会の「洗濯の科学」2017年5月号(第245号)が発行されました。


今号の内容は、
  • 制汗デオドラント剤の現状と今後の展開
  • コットン生産と繊維製品にもフェアトレードを
  • アパレル構造改革は道半ば
  • 日本および世界・アジアの衣料用洗剤のトレンド
  • 家計にみる洗濯関連支出2016年
  • クリーニングの苦情事例(26)汗付着によるラメ糸の変退色
  • 自然素材でのんびりナチュラル・ライフ(43)油の活用あれこれ
  • 平成28年度研究助成による研究報告(要旨)
  • 編集後記

【洗濯科学協会のサイト】
http://www.foundation-f.com/~sentakukagaku/

2017年5月26日

月額制のランドリー、東京にオープン

日建リース工業株式会社(本社東京、関山正勝社長)は、月額会員制の使い放題ランドリー「Araeru」1号店を、東京都新宿区山吹町にオープンしました。
https://www.atpress.ne.jp/news/129124



日本で初めて、定額制によるランドリーの使い放題サービス。洗濯機のシェアリングをコンセプトに、会員登録すれば24時間いつでも何度でも、自宅の洗濯機と変わらない感覚で利用できるので、洗濯機を購入する必要がなくなります。また会員制のため、女性でも安心して利用できるとしています。
洗濯機はすべて乾燥機能付き。洗濯機の空き状況や残り時間は、スマホからチェックできます。

現在、先着500名限定で会員を募集中。利用料金は1カ月4,000円。

2017年5月25日

Clean 2017、展示スペースは完売

米国ラスベガスで6月5日から開かれるクリーニングの国際展示会「Clean 2017」の展示スペースが完売したと、事務局が発表しました。
今回の展示会は約21,000平方メートルのスペースで、481以上の出展になるとのこと。事前の入場登録も前回より大幅に増加しています。

40周年を迎えるClean Showですが、展示スペースが完全に売り切れたのは1997年以来だとしています。

2017年5月24日

黒川クリーニング、ワイシャツに防臭加工

株式会社黒川クリーニング社(本社福井県坂井市、黒川秀晶社長)は、ワイシャツのクリーニングに防臭加工サービスをはじめたと、福井新聞が報じています。
http://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/197812

臭いが気になる中年男性らのニーズに応えようと、加工工程に各種洗剤や漂白剤、のり剤に加え、臭いの元を打ち消す極小のカプセル状の薬剤を入れた防臭剤を付加。ワイシャツを着たときに、摩擦などでそのカプセルがはじけて嫌な臭いを中和するそうです。

防臭剤は日華化学株式会社と共同開発。薬剤の効き目などのテストを繰り返して実用化したとのこと。

4月のチェーンストア販売、衣料品0.2%増

日本チェーンストア協会が平成29年4月度の「チェーンストア販売統計」を発表しました。
http://www.jcsa.gr.jp/

会員企業数56社(店舗数9,391店)の販売データをまとめたもので、総販売額は1兆656億870万円(前年比0.6%増)でした。
概況として、4月は食料品はお花見需要もあり衣料品ともにまずまずの動きだった。住関品は気温の変動影響もあり動きが鈍かったが、総販売額の前年同月比(店舗調整後)はプラスとなった、としています。

衣料品を見てみると、販売金額は918億174万円で、前年同月比0.2%増でした。
部門別では、
紳士衣料  173億5,053万円(前年比0.5%減)
婦人衣料  262億5,530万円(前年比1.7%減)
その他衣料 481億9,591万円(前年比1.6%増)

紳士衣料は、ジャケット、イージーパンツ、ドレスシャツ、ブルゾン、長袖カジュアルシャツなどの動きは良かったものの、ニットカーディガン、カットソー、ジーンズなどの動きは鈍かった。
婦人衣料は、ジャケット、春物コート、スカート、七分セーター・カーディガンなどの動きは良かったが、マニッシュスーツ、ブラウス、カットソーなどの動きは鈍かった。
その他衣料・洋品は、紳士・婦人・子供パジャマ、婦人下着、紳士靴下、レイングッズなどの動きは良かったものの、女児パンツ、男児・女児長袖Tシャツなどの動きは鈍かった。

4月の百貨店売上、衣料品18カ月連続のマイナス

日本百貨店協会が平成29年4月の「全国百貨店売上高」を発表しました。
http://www.depart.or.jp/

調査対象百貨店80社229店のデータをまとめたもので、売上高総額は約4,527億円、前年同月比で0.7%増。14カ月ぶりのプラスとなりました。
4月の特徴としては、円安株高によるストック効果で高額消費に一段弾みがついたほか、集客・販促施策の積極展開などが奏功。主力の春物衣料は気温上昇に伴い動き始めた、としています。

衣料品を見てみると、売上高は1,510億4,236万4千円で、前年同月比1.2%減。18カ月連続のマイナスとなりました。
商品別では、
  • 紳士服・洋品 320億6,815万円 (前年比0.7%減)
  • 婦人服・洋品 942億8,478万2千円 (前年比1.7%減)
  • 子供服・洋品 148億5,563万1千円 (前年比1.6%増)
  • その他衣料品 98億3,380万1千円 (前年比2.5%減)
となっています。

ワンピースの取扱表示に誤り

株式会社ナノ・ユニバースは、ワンピースの一部で誤った取扱い絵表示(洗濯表示)が混在していると発表しました。
http://www.nanouniverse.jp/blog/archives/27540

対象商品は2017年3月15日から5月20日まで販売した「FO Iラインセットアップ風ワンピース」(品番:9999175117018)。
正しくは「ウェットクリーニング処理はできない」という絵表示が表記されていますが、一部の商品で当該絵表示が表記されていないことが判明。誤表示に該当する場合、同社では返金、または正しい洗濯表示への付け替え対応するとしています。

2017年5月22日

アスレチックパンツで縫製糸が切れるおそれ

株式会社ユナイテッドアローズは、パンツの一部で着用時に縫製糸が切れる可能性があると発表しました。
http://www.united-arrows.co.jp/info/2017/05/078884.html

対象商品は、ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシングで2017年4月8日から5月1日まで販売した「アスレチックジョッパーズパンツ 」(品番:3619-105-0567)、「アスレチックガウチョパンツ」(品番:3619-105-0568)。
着用の際にウエスト・尻ぐり部分に力が加わることで縫製糸が切れる可能性があることが判明したため、同社では販売各店舗、またはお客様相談室まで連絡してほしいとしています。

モッズコート、着用時に破損の可能性

株式会社ビームスは、コートの一部で着用時に表地が裂ける可能性があると発表しました。
http://www.beams.co.jp/company/information/detail/143

対象商品は2016年10月25日から2017年3月31日まで販売した「BEAMS オリジナル 裏ボア モッズコート」(品番:11-19-0644-187)。着用時に表地が裂ける可能性のあることが判明したため、同社では回収、返金対応するとしています。

2017年5月19日

生活衛生資金貸付、利率を改定

生活衛生資金貸付の貸付利率が平成29年5月17日から改定されました。
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000165371.html

基準利率 :1.76〜2.35%
特別利率A:1.36〜1.95%
特別利率B:1.11〜1.70%
特別利率C:0.86〜1.45%
特別利率E:0.36〜0.95%
特別利率F:1.11%

2017年5月18日

リネット会員25万人突破、会報誌も創刊

株式会社ホワイトプラス(本社東京、井下孝之社長)は、宅配クリーニング「リネット」が2017年5月、会員数25万人を突破したと発表しました。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000013.000016048.html


会員数25万人突破を記念して会報誌「Lenet MAGAZINE」を創刊。創刊号は「都心散歩」をテーマに、大手アパレル企業とコラボレーション。オススメ商品やこの時期お気に入りを着て出かけたい都心のお散歩スポットなどの情報を掲載しています。

また、会員数25万人突破キャンペーンを5月18日から24日まで実施。初めて利用される方はアウタープレミアム仕上げ40%OFF、すでに利用されている方にはアウター40%OFFなどお得な特典をプレゼントするというもの。

2017年5月17日

ポニーが宅配・保管を開始、日本ユニシスのシステム利用

日本ユニシス株式会社(本社東京、平岡昭良社長)は、ポニークリーニングを展開する穂高株式会社(本社東京区、松岡永髙社長)に「収納サービスプラットフォーム」の提供を開始したと発表しました。
https://www.unisys.co.jp/news/nr_170516_storageservicepfs.html

ポニークリーニングは、収納サービスプラットフォームを利用した衣類の「ネット宅配&クリーニング保管サービス」を4月からスタート。
https://hokan.pony-cl.co.jp

このサービスは、日本郵便株式会社の保管倉庫と宅配サービス(ゆうパック、ゆうパケット)を利用した「収納サービスプラットフォーム」の第一弾になります。

日本ユニシスの収納サービスプラットフォームは、異業種サービス事業者間のビジネス連携を可能としたもので、検品業務および発送管理の機能や、ECサイトに集客するためのプロモーションエンジンを実装しているため、サービス事業者は、保管や宅配サービス、ICTの仕組みを容易に利用できるとしています。

「日本クリーニング新聞」1820号発行

クリーニング業界の業界紙「日本クリーニング新聞」2017年5月15日号(第1820号)が発行されました。


今号の主な内容は、
  • 春商戦続報〜5月連休から本格化
  • かなめグループが総会/組織で業の活性化図る
  • クリーナーズ防炎協会〜創立50周年記念式典
  • 毛利講座・納期に問題を抱えている方々へ
  • 東京都組合/CL保険適用28年度事故統計
  • 最新タグニュース
  • 従業員満足・職場推奨できる?
  • TLSパートナーズ総会/本社移転や18年佐野新工場

【日本クリーニング新聞のサイト】
http://www.nicli.co.jp/

2017年5月16日

ダスキン、売上高1,618億8,000万円

株式会社ダスキン(本社大阪府吹田市、山村輝治社長)は、平成29年3月期の連結業績(平成28年4月1日から29年3月31日)を発表しました。
http://www.duskin.co.jp/ir/library/result/index.html

それによると、
  • 売上高   :1,618億8,000万円(前年同期比2.0%減)
  • 営業利益  :60億6,900万円(同13.0%増)
  • 経常利益  :75億5,400万円(同12.6%増)
  • 当期純利益 :43億1,800万円(同44.8%増)
でした。

決算短信によると、クリーン・ケアグループでは、主力のダストコントロール商品の売上高はフランチャイズ加盟店から前期に譲受した拠点の売上が計上されたものの、フランチャイズ加盟店向けの売上は減少し、最終的には前期の売上高を下回る結果となりました。しかしながら、レントオール事業等、その他の事業が総じて好調に推移したこと等により、クリーン・ケアグループ全体の売上高は前期から0.3%増加し1,105億3,700万円となりました。
営業利益は、販売促進費、退職給付費用等の経費が増加したものの、「スタイル クリーナー」の原価減少、マット等の新布投入の減少、重油価格下落により売上原価が減少した結果、136億7,100万円(前年同期比5.2%増)でした。

2017年5月15日

三浦工業、アイナックス稲本を子会社化

三浦工業株式会社(本社松山市、宮内大介社長)は、子会社のMLE株式会社が、株式会社アイナックス稲本ホールディングス(本社東京、佐々田和男社長)の株式を取得し、子会社化すると発表しました。
http://www.miuraz.co.jp/info/newsrelease/f1bfcc5cffa3bed1e9d0517a39ee358ef9ff93d7.pdf

MLEはアイナックス稲本ホールディングスの株主であるライジング・ジャパン・エクイティ第一号投資事業有限責任組合から34,000株(所有割合100%)を111億円で取得。株式譲渡実行日は平成29年7月3日予定。

今回の株式取得により、アイナックス稲本ホールディングスを通して国内市場においてトップシェアを有する事業領域へ参入し、新たな事業軸を獲得する考え。業務用の製品ラインナップの拡充を実現するとともに、更なる工場全体のトータルソリューションを提供し、また三浦工業グループの国内、海外の販売ネットワークを活用することで、アイナックスが取り扱う製品の市場シェアの拡大も目指すとしています。

洗濯指数アイコン『部屋干し』仕様に

tenki.jp(一般財団法人日本気象協会)、ライオン株式会社、パナソニック株式会社は、洗濯に関する情報提供として『部屋干し』アイコンを共同開発しました。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000002752.000003442.html

梅雨の時期に向けて2017年5月15日からの期間限定で、洗濯指数アイコンが『部屋干し』仕様に変わります。このアイコンは、従来のTシャツマークの後ろに家マークを配したもので、現代の部屋干しニーズをとらえたデザインとしています。

2017年5月13日

「クリーニング流通新聞」324号発行

クリーニング業界の業界紙「クリーニング流通新聞」2017年5月10日号(第324号)が発行されました。


今号の主な内容は、
  • 「保管」を武器に需要拡大〜梅雨味方に荷の平準化も
  • 大阪全国展の概要発表
  • TeMA・31回通常総会を開催
  • クリーナーズ防炎協会/創立50周年で記念式典
  • シティホテルの利用率〜昨年は熊本地震が影響
  • ダニのアレルギーと対策 家庭洗濯や天日干し無効
  • ドライ溶剤の状況等調査/厚生労働省
  • ふとんCLの品質マーク/新JISチャンスに市場拡大

WASHハウスが第1四半期決算を発表

WASHハウス株式会社(本社宮崎市、児玉康孝社長)は、平成29年12月期第1四半期の連結業績(平成29年1月1日から3月31日)を発表しました。
https://corporate.wash-house.jp/ir/ir-news.php

それによると、
  • 売上高   :7億4,100万円(−)
  • 営業利益  :3,500万円(−)
  • 経常利益  :3,800万円(−)
  • 四半期純利益:2,300万円(−)
でした。

決算短信によると、コインランドリー事業を取り巻く環境としては、政府が推し進める働き方改革により、従来非労働者であった高齢者及び女性が労働者となる仕組みが作られることが予想され、このことから時間を有効活用できるコインランドリーは更なる利用者層の拡大と需要の伸長が期待されます。
このような状況の下、「布団を洗う」という新たな洗濯習慣の変革への啓蒙活動や積極的な広告施策も継続して行いながら、既存エリアでの営業活動に加え、新規エリアへの営業活動も強化し、フランチャイズ店舗の出店を中心に取り組んでいます。 また3月に既存エリアでも出店数の少ない山口県、長崎県に営業所を設置しました。

エランが第1四半期決算を発表

株式会社エラン(本社松本市、櫻井英治社長)は、平成29年12月期第1四半期の連結業績(平成29年1月1日から3月31日)を発表しました。
http://www.kkelan.com/ir/index.php

それによると、
  • 売上高   :32億9,900万円(−)
  • 営業利益  :2億3,600万円(−)
  • 経常利益  :2億4,100万円(−)
  • 四半期純利益:1億9,000万円(−)
でした。

決算短信によると、介護医療関連事業の主力サービスである「CS(ケア・サポート)セット」を、より普及・拡大させるために、全国10営業拠点において、営業活動を施設(病院および介護老人保健施設等)に対して展開。これにより、当第1四半期連結累計期間の新規契約の施設数は21施設、解約施設数は6施設となり、CSセット導入施設数は前事業年度末より15施設増加し779施設となりました。
また平成29年2月28日付けで、エルタスクを完全子会社しました。エルタスクは、東北エリア4営業拠点(岩手、宮城、青森、秋田)で、CSセットと同種のサービスである「LTセット」を展開しています。当第1四半期連結会計期間末のLTセット導入施設数は125施設で、エルタスクを含めた当社グループ全体における導入施設数は904施設となりました。

2017年5月12日

ナック、レンタル事業売上高131億3,500万円

株式会社ナック(本社東京、吉村寛社長)が平成29年3月期決算の連結業績(平成28年4月1日から29年3月31日)を発表しました。
http://www.nacoo.com/ir/library.html

それによると、
  • 売上高   :859億100円(前年同期比7.0%増)
  • 営業利益  :11億3,000万円(同53.8%増)
  • 経常利益  :11億6,700万円(同46.3%増)
  • 当期純利益 :4億6,700万円(同85.1%増)
でした。

決算短信によると「レンタル事業」に関しては、主力のダストコントロール商品部門では、M&A戦略の推進と既存顧客への深耕が奏功したことにより顧客数と顧客単価が堅調に推移しました。害虫駆除部門および法人向け定期清掃サービスでは、地道な営業活動により優良顧客が順調に増加したことや既存顧客からの紹介で新規顧客が増加したことが要因となり、売上高が前期比で増加しました。
レンタル事業の売上高131億3,500万円(前年同期比2.9%増)、営業利益18億5,300万円(同0.7%増)でした。

テーオーシー、リネンサプライ売上高17億900万円

株式会社テーオーシー(本社東京、大谷卓男社長)が平成29年3月期の連結業績(平成28年4月1日から29年3月31日)を発表しました。
http://www.toc.co.jp/toc/ir/article/index.html

それによると、
  • 売上高   :218億円3,100万円(前年同期比2.0%増)
  • 営業利益  :66億7,000万円(同7.3%増)
  • 経常利益  :65億7,100万円(同9.8%増)
  • 当期純利益 :44億8,200万円(同7.4%増)
でした。

決算短信によると、リネンサプライおよびランドリー事業に関しては、売上高は17億900万円(前年比0.1%減)、営業利益は1億1,600万円(同60.7%増)でした。

トーカイ、売上高1,045億7,200万円

株式会社トーカイ(本社岐阜市、小野木孝二社長)が平成29年3月期の連結業績(平成28年4月1日から29年3月31日)を発表しました。
「健康生活サービス」「環境サービス」で増収を達成しましたが、「調剤サービス」の減収により、前年同期を下回る結果となりました。
http://www.tokai-corp.com/finance/

それによると、
  • 売上高   :1,045億7,200万円(前年同期比0.9%減)
  • 営業利益  :74億4,300万円 (同0.9%減)
  • 経常利益  :76億9,100万円 (同0.5%減)
  • 当期純利益 :53億600万円 (同1.5%増)
でした。

決算短信によると、「健康生活サービス」は病院関連事業およびシルバー事業において、レンタル売上が堅調に推移したほか、クリーニング設備製造事業についても好調で前年同期比増収となりました。「健康生活サービス」の売上高は514億8,800万円(前年同期比2.7%増)。営業利益は53億9,700万円(同14.3%増)。

2017年5月10日

DMMがワイシャツレンタル開始

株式会社DMM.com(本社東京、片桐孝憲社長)は、2017年5月10日より「ワイシャツレンタル」サービスを開始すると発表しました。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000002094.000002581.html

着用したワイシャツは洗濯することなく返却すればよく、毎日ワイシャツを着て仕事をする方には大変便利でお得なサービスとしています。まとめてレンタルすることが可能で、まとめ借りBOX(800円)と一緒にレンタルすると1枚300円からレンタルでき、1カ月分(20枚)借りて6,800円からという料金。

伊藤忠商事株式会社とコラボし、さまざまな価格帯のシャツから高級ドレスシャツまで、多数のラインナップも取り揃えているとのこと。


2017年5月7日

「日本クリーニング新聞」1819号発行

クリーニング業界の業界紙「日本クリーニング新聞」2017年5月5日号(第1819号)が発行されました。


今号の主な内容は、
  • 17春商戦〜4月最週末各地でヤマ場
  • 経産省「ICタグ」大手コンビニ一斉導入
  • 3月のCL代・大震災の年下回る
  • 繊製消科学/不当景品類&表示防止法を学ぶ消費科学講座
  • きょくとう平成29年2月決算・売上減傾向続く
  • 需要喚起応援【春の大特集】
  • 北海道/業界現勢〜総需要200億死守
  • 海渡50周年記念展示会・新潮流生み出すヒント

【日本クリーニング新聞のサイト】
http://www.nicli.co.jp/

2017年5月6日

「東京クリーニング界」811号発行

東京都クリーニング生活衛生同業組合の「東京クリーニング界」2017年5月号(第811号)が発行されました。


今号の主な内容は、
  • 平成29年度クリーニング師研修・業務従事者講習日程決まる
  • 東京クリーニング学校/門出と入学
  • 限定特価によるMA試験布の斡旋販売がスタートしました
  • 産業廃棄物管理票交付等状況報告書の書き方
  • 平成28年度開催支部講習会報告!
  • 都青会 平成28年度事業を振り返る
  • 平成28年度クリーニング保険適用事故統計まとまる
  • 本部だより
【東京都クリーニング生活衛生同業組合のサイト】
http://www.tokyo929.or.jp/

2017年5月3日

「ニュークリーナーズ」第549号発行

全国クリーニング協議会の「ニュークリーナーズ」2017年4月25日号(第549号)が発行されました。


今号の主な内容は、
  • 春の感謝キャンペーン6月15日に抽選会
  • 新社名は「アイナックス稲本(株)」
  • 便利でお得な「メンテ」の話〜水分離機の掃除方法
  • 全国各地で春の繁忙期スタート
  • クリーニング業の労務管理/有休の買い取り
  • 全協会員コラム<常務理事・星野将元>慢性的な人手不足
  • 再び登場、クリーニングの迷惑サイト
  • 法律相談/加工剤の変更 説明義務は?
  • クリーニング業界と銀行〜クリーニング業者をブラック化?

2017年5月2日

洗濯絵表示の缶バッチ、キレイニが販売

株式会社キレイニ(本社姫路市、米井敏進社長) は、新しくなった洗濯絵表示をモチーフにした缶バッジ「ケアマーク」9種類を販売しました。
https://www.value-press.com/pressrelease/182537

「ケアマーク」缶バッジは、洗濯絵表示の大切さやその意味をもっと広く知ってもらうために製作したとのこと。特に若者層の方々に、見た目からでもこの洗濯絵表示をまず慣れ親しんでもらい、衣類のラベルを少しでも確認する機会が増えればとしています。
販売価格は9個セット1,620円(税込み)。

「かなめ」388号発行

かなめ流通グループの情報紙「かなめ」2017年5月1日号(第388号)が発行されました。


今号の主な内容は、
  • 世界で評価されるドライソープ/ツー・エム化成
  • かなめ会員機材商の展示会・研修会
  • CLVクリーニングフェストOSAKA〜概要決定、出展者募集も
  • ぶんちゃんの販促道場/自分の給料を月60万円以上にするためには!?
  • 新リフォームは宝の山だ!!「いつ気づくか」本当にこの先も安泰ですか?
  • 当たり前のことを当たり前に・株式会社ブルーベア(吹田市)
  • 資材REPORT(三浦工業・油焚き小型貫流蒸気ボイラ など)
  • MA値測定のカウント方法
【かなめ流通グループのサイト】
http://www.kaname-g.jp/

2017年5月1日

アプリ「洗濯だより」タグから洗い方を表示

株式会社DONIKA(本社大阪市、大内鶴松社長)は、iOS向けアプリ「洗濯だより - タグから選んで洗い方を表示!読み上げ機能あり」(無料)を、2017年4月28日(金)にApp Storeにリリースしました。
https://www.value-press.com/pressrelease/182422

「洗濯だより」は、洗う際の工夫や簡単に手に入るおすすめアイテムの紹介コンパクトなたたみ方など、洗濯表示アイコン以外の情報も多数掲載、あらゆるシーンに対応して最適な方法を案内。新しくなった洗濯表示にも対応しています。

またアプリが説明を読んでくれる、読み上げ機能も搭載しています。

「クリーニングニュース」817号発行

全国クリーニング生活衛生同業組合連合会の「クリーニングニュース」2017年5月号(第817号)が発行されました。


今号の内容は、
  • 特集/支部の現状大解剖
  • クリーニング師研修・業務従事者講習インフォメーション
  • 日本政策金融公庫/振興事業貸付のご案内
  • 特集/平成28年度第2回全国理事長会議開催
  • 注目/新JIS L 0001に対応したウエットクリーニング
  • 情報ファイル(平成28年度第7回理事会を開催 など)
  • 技術部会のページ〜平成28年度第3回常任幹事会を開催
  • 青の時代ー出前授業の各青年部への普及について
  • 全国ふるさと自慢(岩手県/チャグチャグ馬コ、福岡県/八幡製鉄所東田第一高炉)
  • トピックス(大人も肌見せ広がるオフショルダー など)
  • 衣料管理情報〜部分使いした天然皮革からの色泣き
  • 全国クリーニング業企業年金基金・新規加入事業所募集中
  • みんなの共済広場「健康管理」
  • CLEANER'S VOICE〜読者のページ〜
  • 全ク連活動報告Diary(平成29年3月)
  • 「編集委員だより」・編集後記

【全ク連のサイト】
http://www.zenkuren.or.jp/

2017年4月29日

平成29年春の叙勲受章者を発表

平成29年春の叙勲の受章者が4月29日付で発令。クリーニング業界関係では、生活衛生功労として森康宏氏、刈山年春氏が旭日双光章を受賞されました。

森康宏氏 (もり・やすひろ、78歳、石川県組合理事長、全ク連理事)
刈山年春氏(かりやま・としはる、74歳、元和歌山県組合理事長、和歌山県組合副理事長)

受章者は5月11日に皇居で天皇陛下に拝謁する予定。

2017年4月28日

3月のクリーニング代支出は424円、20.9%減少

総務省統計局の「家計調査報告(二人以上の世帯)」2017年3月分がまとまりました。

3月分の結果は、全国全世帯のクリーニング代支出額は424円で、前年の536円より20.9%減少。2カ月連続の減少となりました。勤労者世帯も前年より24%減少して489円(前年643円)でした。

地方別では、
  • 北海道 532円(前年514円)
  • 東 北 359円(前年754円)
  • 関 東 450円(前年585円)
  • 北 陸 420円(前年419円)
  • 東 海 375円(前年447円)
  • 近 畿 375円(前年497円)
  • 中 国 445円(前年452円)
  • 四 国 493円(前年460円)
  • 九 州 449円(前年537円)
  • 沖 縄 291円(前年258円)
詳細はクリーニングオンラインのデータ集に掲載しています。
http://www.c-online.net/data/c_expense/index.html

自動おしぼり製造機、愛知環境賞を受賞

プールス株式会社(本社豊橋市、高畑昌隆社長)の自動おしぼり製造機「Purus」が2017年愛知環境賞の優秀賞を受賞しました。
http://aichikankyoushou.jp/special_2017/

愛知環境賞は、資源循環や環境負荷の低減に関する先駆的で効果的な<技術・事業><活動・教育>の優れた事例に対し表彰を行うもので、愛知万博の開催に合わせて2005年から実施しています。

自動おしぼり製造機「Purus」は、衛生的で高品位なおしぼりを作り出すもので、外食産業や病院・娯楽施設、介護施設など広い分野で使われています。
今回は、水使用量や消費電力の大幅な削減を実現し、環境負荷低減に貢献する点などが受賞のポイントとなっています。

2017年4月27日

白洋舍が第1四半期決算を発表

株式会社白洋舍(本社東京、五十嵐素一社長)は、平成29年12月期第1四半期の連結業績(平成29年1月1日から3月31日)を発表しました。
http://www.hakuyosha.co.jp/ir/news/financial_report/

それによると、
  • 売上高   :106億2,000万円(前年同期比3.8%増)
  • 営業利益  :△6億7,700万円(−)
  • 経常利益  :△5億8,100万円(−)
  • 四半期純利益:△2億9,600万円(−)
でした。

決算短信によると、業績を事業セグメント別にみると、

個人向けのクリーニング事業は、本年3月からは、ドライクリーニングの洗浄液に当社オリジナルの添加剤を加えることで、主にカシミア等の獣毛素材製品に対ししっとり感を与える「しっとり加工」を新たに開始する等、サービスの付加価値向上をはかりました。
第1四半期における売上は、季節的要因から例年低位に推移する傾向にあり、クリーニング事業の売上高は、42億5,600万円(前年同四半期比1.8%減)、セグメント損失は9億1,800万円でした。

レンタル事業のリネンサプライ部門は、新規の得意先ホテルとの取引が堅調に推移したこと等により増収。ユニフォームレンタル部門は、ナショナルチェーンや食品関連企業からの需要の増加等が、売上増に寄与しました。
これらの結果に加え、昨年6月に子会社化した北海道リネンサプライ株式会社の業績を連結業績に算入したこと等から、レンタル事業の売上高は56億400万円(前年同四半期比8.8%増)、セグメント利益は5億1,600万円(同2.9%増)となりました。

その他事業においては、連結子会社においてクリーニング機械等の売上が増加したこと等から売上高は14億5,000万円(同15.2%増)、セグメント利益は8,200万円(同43.7%増)でした。

「日本クリーニング新聞」1818号発行

クリーニング業界の業界紙「日本クリーニング新聞」2017年4月25日号(第1818号)が発行されました。


今号の主な内容は、
  • CLVクリーニングフェストOSAKA2018開催概要を発表
  • 17春商戦〜中旬以降「ようやく」
  • 最新のIT専門の12展示会を集めた17年春
  • ライオン・働く女性と洗濯の意識調査
  • 解説・クリーニングのための改正取扱い表示(玉井千里)
  • 商品紹介(ニックス・自動投入機用洗剤 など)
  • 溶剤使用管理調査〜ドライ縮小 供給側もエスカレート
  • アピッシュ/中目黒高架下旗艦店を開店

【日本クリーニング新聞のサイト】
http://www.nicli.co.jp/

2017年4月24日

3月のチェーンストア販売、衣料品9.0%減

日本チェーンストア協会が平成29年3月度の「チェーンストア販売統計」を発表しました。
http://www.jcsa.gr.jp/

会員企業数56社(店舗数9,376店)の販売データをまとめたもので、総販売額は1兆520億7,706万円(前年比1.8%減)でした。
概況として、3月は食料品はまずまずの動きだったが、衣料品、住関品ともに気温低下の影響もあり季節商品が苦戦したこともあり、総販売額の前年同月比(店舗調整後)はマイナスとなった、としています。

衣料品を見てみると、販売金額は937億5,723万円で、前年同月比1.1%減でした。
部門別では、
紳士衣料  169億5,177万円(前年比1.4%減)
婦人衣料  289億577万円(前年比2.4%減)
その他衣料 478億9,969万円(前年比0.2%減)

紳士衣料は、スラックス、ドレスシャツ、カジュアルパンツ、長袖Tシャツなどの動きは良かったものの、ジャケット、春物アウター、カジュアルシャツなどの動きは鈍かった。
婦人衣料は、フォーマル、コーディガン、レギンスパンツなどの動きが良かったが、春物コート、ジャケット、ブラウス、カットソーなどは不調に終わった。
その他衣料・洋品は、紳士パジャマ、紳士靴下、婦人下着、女児ハーフパンツ、傘などの動きは良かったが、紳士肌着、子供服、女児トップス、ストッキング、婦人バッグなどの動きは鈍かった。

2017年4月22日

新しい制服が原因?体調不良相次ぐ

米国・アメリカン航空で制服を一新した後、体調不良を訴える従業員が相次いでいると、Forbes JAPANが伝えています。
http://forbesjapan.com/articles/detail/16011

アメリカン航空は昨年9月、30年ぶりに制服を刷新、7万人を超える従業員に新しいユニフォームを支給しました。しかし、その後、体調不良を訴える従業員が相次ぎ、不調を報告したパイロットはおよそ100人、客室乗務員は3,000人を超えているとのこと。主な症状は、発疹、かゆみ、目の腫れ、気分の悪さなど。中には出勤できないほど症状が重い人もいます。

新しい制服がこうした症状の原因であるのかどうかは、さらなる調査が必要ですが、調査結果と今後の方針が固まるまで、以前の制服を着用して勤務することを認めているそうです。

タカケン、宅配クリーニング事業を強化

タカケンサンシャイン株式会社(本社岐阜県大垣市、髙木健志社長)はインターネットを活用した宅配クリーニング事業を強化すると、中部経済新聞が報じています。
http://www.chukei-news.co.jp/news/201704/22/articles_29492.php

宅配クリーニングの需要が拡大しており、従来の本社工場に加え、大阪の豊中工場を宅配クリーニングの拠点とし処理能力を増強。今後は最大1年の長期保管サービスの受け入れ体制も拡充し、顧客を取り込むとしています。

2017年4月20日

3月の百貨店売上、衣料品17カ月連続のマイナス

日本百貨店協会が平成29年3月の「全国百貨店売上高」を発表しました。
http://www.depart.or.jp/

調査対象百貨店80社231店のデータをまとめたもので、売上高総額は約5,195億円、前年同月比で0.9%減。13カ月連続のマイナスとなりました。
3月の特徴としては、富裕層消費やインバウンドの回復が売上を下支えしたが、気温低下により主力の春物衣料が伸び悩み前年には僅かに届かなかった、としています。

衣料品を見てみると、売上高は1,691億8,137万円で、前年同月比4.6%減。17カ月連続のマイナスとなりました。
商品別では、
  • 紳士服・洋品 327億6,453万7千円 (前年比2.6%減)
  • 婦人服・洋品 1,034億2,758万6千円 (前年比5.6%減)
  • 子供服・洋品 216億5,921万3千円 (前年比1.8%減)
  • その他衣料品 113億3,003万4千円 (前年比6.2%減)
となっています。

2017年4月19日

田辺市シルバー人材センター、洗濯代行が急増

和歌山県の田辺市シルバー人材センターで、入院患者から洗濯代行の依頼が急増していると紀伊民報が伝えています。
http://www.agara.co.jp/news/daily/?i=332287&p

センターによると昨年春、洗濯代行ができる会員が5人に増えたため、市内の病院に洗濯代行の営業に回ったところ、南和歌山医療センターなどから注文が相次ぐようになったとのこと。2015年度までの3年間で3件だった洗濯件数が、2016年度は190件になったとしています。

この洗濯代行は入院患者やその家族から注文があると、1週間ごとに着替えを取りにいって病院内の洗濯機と乾燥機を使って洗濯し畳んで返却。1回の料金は3,200円前後。

2017年4月18日

高級車を買うと節税になる?

MONEY PLUSのFPの家計相談シリーズで、クリーニング機材商さんから寄せられた質問<高級車を買うと、会社にとって「節税」になりますか?>が掲載されています。
https://moneyforward.com/media/career/30811/

「利益が出ているなら、社用車として高い外車を買いなさい」というアドバイスは、よくあるものなのでしょうか〜 クリーニング店向けに設備やサービスを販売する自営業を営んでいるという男性からの質問に、プロのファイナンシャルプランナー・野瀬大樹氏が答えています。

「日本クリーニング新聞」1817号発行

クリーニング業界の業界紙「日本クリーニング新聞」2017年4月15日号(第1817号)が発行されました。


今号の主な内容は、
  • 改正個人情報保護法・5月施行
  • 春の衣替え〜早くも5月型の動き!?
  • かなめグループ/29年度通常総会と研修会
  • TeMA第31回総会/TPP効果と17年日本経済の現状
  • 生産性管理者講習会・既成思考法からの脱出
  • 東横サポートのしみ抜きライトスクール
  • 商品紹介(カミナガ販売・シルエットメイク など)
  • ふとん協/大分でホーム、リネン工場見学と新JIS研修会

【日本クリーニング新聞のサイト】
http://www.nicli.co.jp/

2017年4月16日

CVSベイエリア、クリーニング事業11億9,000万円

株式会社シー・ヴイ・エス・ベイエリア(本社千葉市、上山富彦社長)が平成29年2月期の連結業績(平成28年3月1日から29年2月28日)を発表しました。
http://www.cvs-bayarea.co.jp/ir05.html

それによると、
  • 営業総収入 :294億5,200万円 (前年同期比0.9%増)
  • 営業利益  :3,300万円 (−)
  • 経常利益  :2億1,300万円 (同47.2%増)
  • 当期純利益 :9,400万円 (同52.4%減)
でした。

決算短信によると、クリーニング事業では、マンションフロントやコンビニエンス・ストア店舗での便利、かつ、高品質のクリーニングサービスを提供しているほか、法人向けクリーニングでは、社員寮のほか、施設内における宿泊関連やホテル施設などの案件を獲得。また、自社工場と商品管理センターによる、制服のクリーニングからメンテナンス、在庫管理までを一元管理するメリットを活かしたトータルサービスの拡大を進めています。

当連結会計年度における業績は、クリーニング事業収入11億9,000万円(対前年同期比4.1%増)、セ
グメント利益5,300万円(同14.0%増)でした。

きょくとう、売上高68億300万円

株式会社きょくとう(本社福岡市、牧平年廣社長)が平成29年2月期の業績(平成28年3月1日から29年2月28日)を発表しました。
http://www.cl-kyokuto.co.jp/ir/

それによると、
  • 売上高   :68億300万円(前年同期比0.9%減)
  • 営業利益  :3億6,100万円(同158.8%増)
  • 経常利益  :4億4,600万円(同94.3%増)
  • 当期純利益 :9,400万円(同70.5%増)
でした。

決算短信によると、同社は「NBM(ニュー・ビジネス・モデル)-16」を掲げ、ブロック長制の導入による目標必達主義、工場経理事務員の戦力化による経営数値の早期把握など改革を進めてきました。また、女性がより活躍できる工場や店舗に向けた取り組みも継続。

営業面では、春の衣替えシーズンに人気キャラクターの「妖怪ウォッチ」とタイアップした販促活動を展開し、秋の繁忙期には「新規ご入会キャンペーン」を実施し、会員数と需要の拡大に努めました。一方、人手不足で採用環境が厳しさを増す中、店舗の受付シフトに対応するため定休日の新設を含む営業時間の見直しを行いました。

生産面では、新機種として特注の人体フォーマー(上着立体仕上げ機)を導入し、全工場・プラントに配備したことにより、安定した仕上げ品質と生産効率の向上を確保しました。

投資面では4月に大阪府堺市でM&Aを実施し、1工場10店舗を取得しました。反面、不採算店については積極的に閉鎖を進めました。

2017年4月15日

ラップパンツ、洗濯で著しい縮み

株式会社ストライプインターナショナルは、セブンデイズ サンデイ(SEVENDAYS=SUNDAY)ブランドのラップパンツの一部で、洗濯により縮みが発生するものがあると発表しました。
http://7days-sunday.jp/news/index.php?c=topics_view&pk=310

対象商品は2017年3月2日から4月12日まで販売した「エスニックストライプリボン付きラップパンツ」(品番30171F30060)。洗濯表示通りの「手洗い」処理により、著しい縮みが発生するものが混在していることが判明したため、同社では回収、返金対応するとしています。

2017年4月14日

生活衛生資金貸付、利率を改定

生活衛生資金貸付の貸付利率が平成29年4月12日から改定されました。
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000162027.html

基準利率 :1.76〜2.35%
特別利率A:1.36〜1.95%
特別利率B:1.11〜1.70%
特別利率C:0.86〜1.45%
特別利率E:0.36〜0.95%
特別利率F:1.11%

「クリーニング流通新聞」323号発行

クリーニング業界の業界紙「クリーニング流通新聞」2017年4月10日号(第323号)が発行されました。


今号の主な内容は、
  • 宅配の新しい業態を提案〜5月に本紙後援でセミナー
  • アイナックスと稲本が合併
  • 厚労省の営業対策補助金・4県組合が活用して事業
  • カミナガ販売/恒例のエネロキャンペーン
  • ガード加工で利益を確保・AMG有馬義
  • “時代と環境に合わせて”ラクナ新本社を披露
  • 京技術会で店頭シミ抜き・高効率のユニット見学も

2017年4月13日

厚労省「外国人の活用好事例集」作成

厚生労働省は「外国人の活用好事例集~外国人と上手く協働していくために~」を作成しました。
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000160961.html

外国人を雇用している企業約50社を対象とした雇用管理等に関するヒアリング調査を実施し、有識者で構成された研究会において調査結果の分析を行い、好事例となる取組内容を取りまとめたもの。より良い就労環境等を整備するきっかけとして活用してほしいとしています。

wash-plus、コイン店内に宅配ロッカー

株式会社wash-plus(本社千葉県浦安市、高梨健太郎社長)はヤマト運輸株式会社、Packcity Japan株式会社と連携し、宅配便ロッカー「PUDO(プドー)ステーション」をコインランドリーwash+中葛西店(東京都江戸川区)の店内に設置しました。
https://www.atpress.ne.jp/news/126345


24時間営業しているコインランドリーへ宅配便ロッカーを設置することで、自宅を不在にすることが多い方に対して、生活に必要なサービスとして利便性、快適さを提供し、社会的な諸課題の解消に寄与することを目的としているとのこと。
同社では今後、宅配便ロッカー設置店舗の拡大をはかっていくとしています。

2017年4月12日

新潟県、生衛組合連合会と支援協定

新潟県は災害時における被災者の生活衛生の向上をはかるため、新潟県生活衛生同業組合連合会と災害時における支援協定を4月11日、締結しました。
http://www.pref.niigata.lg.jp/seikatueisei/1356865813758.html

新潟県生活衛生同業組合連合会は、新潟県クリーニング生活衛生同業組合を含む11組合で構成。今回の協定に基づく支援の主な内容として、「被災者の毛布、衣類等のクリーニングの実施」などがあります。

LGのホームクリーニング機、10万台突破

韓国・LG電子のホームクリーニング機「LGスリムスタイラー」が、韓国で累計販売台数10万台を超えたと、ソウル聯合ニュースが報じています。
http://japanese.yonhapnews.co.kr/economy/2017/04/12/0500000000AJP20170412000600882.HTML

「LGスリムスタイラー」は衣類のしわを減らして消臭し、衣類に残ったPMや大腸菌・黄色ブドウ球菌などを除菌するというもの。2015年に発売を開始し、今年1~3月期には月平均1万台以上が売れたとのこと。一般家庭だけでなく、ホテル、リゾートなどの高級宿泊施設でも設置事例が増えているとしています。

2017年4月11日

ローマ法王、無料のコインランドリー開設

ローマ法王フランシスコが貧困層のために、無料で使えるコインランドリーをローマ市内に開設しました。CNNが伝えています。
http://www.cnn.co.jp/fringe/35099581.html

ランドリーはバチカンからも近いローマのトラステベレ地区にあるキリスト教団体が運営する古い病院施設内に開設。ワールプール社が洗濯機、乾燥機を各6台、およびアイロン多数を寄贈。プロクター・アンド・ギャンブル社が洗濯用洗剤や柔軟剤を供給しています。
フランシスコ法王のランドリーの目的は「私たちの兄弟姉妹である多くの人に尊厳を取り戻してもらう」ことにあるとしています。

2017年4月9日

「ザ・サプライヤー」19号発行

テキスタイルレンタルの専門情報誌「ザ・サプライヤー」2017年春季号(第19号)が発行されました。


今号の主な内容は、
  • ビジョン具現化した新工場/ベネック関東支店第二事業所
  • ボイラ、排水処理設備等の監視システム/テーオーリネンサプライ厚木工場
  • 高齢者中心の生産現場で省人・省力効果を発揮/白清舎
  • 水とエアーだけ!!低コストの暑さ対策/北基サービス、モリチクリーニング
  • 利益創出する工場作り『プラント・コンシェルジュ』/ヤブサメ
  • 世界600工場で稼働する最先端ERP提案/ABSランドリービジネスソリューションズ
  • ドイツNo.1のバーコードラベル/EID SYSTEM
  • 様々な産業で採用広がる衛生・省エネ資材/松本日光舎
  • アナログ管理からの転換で業務効率を改善/デジジャパン
  • ラベルの活用で付加価値を/共栄産業
  • インクの裏移りを抑えた「耐洗ラベル-S」発売/昭好
  • ローコスト高生産工場のつくり方(ケーエスシー・北川幸一)
  • リネン工場の現場改善&生産管理術(エムアイイーシーシステム研究所・伊藤良哉)
【ゼンドラ/ザ・サプライヤーのサイト】
http://www.zendora.co.jp/supplier.html

2017年4月7日

「日本クリーニング新聞」1816号発行

クリーニング業界の業界紙「日本クリーニング新聞」2017年4月5日号(第1816号)が発行されました。


今号の主な内容は、
  • 「家事代行」認証制度で本格化
  • 7月「アイナックス稲本株式会社」に
  • 全ク連・関連団体 17年行事日程発表
  • RAL/2017年大変化するホテル業界とクリーニング
  • カミナガ販売17エネロキャンペーンはじまる
  • クリーンフェアー大阪17〜西日本機材商10社で開催
  • 4組合で補助金事業・エコバッグ配布やホームページ刷新
  • クリーニングメリー/SMS会員増と経費削減に貢献

【日本クリーニング新聞のサイト】
http://www.nicli.co.jp/

「東京クリーニング界」810号発行

東京都クリーニング生活衛生同業組合の「東京クリーニング界」2017年4月号(第810号)が発行されました。


今号の主な内容は、
  • 溝口悦夫氏 旭日双光章受章祝賀会を開催
  • 消費生活センター依頼による消費者講座開催
  • 中小企業事業者の事業承継
  • Cleaningクロスワードパズルvol.1
  • 平成28年度クリーニング師学科試験問題
  • 2016年全国一世帯当たり平均クリーニング支出額まとまる
  • 本部だより
【東京都クリーニング生活衛生同業組合のサイト】
http://www.tokyo929.or.jp/

シャツの袖口パイピング部分が滑脱

株式会社タカキューは、ドレスシャツの一部で袖口のパイピング部分が滑脱するおそれがあると発表しました。
http://www.taka-q.com/img/news/170406.pdf

対象商品は2016年12月1日から2017年2月23日まで販売したTAKA-Q、およびMALE&Co.の「白ドビーボタンダウンパイピングシャツ」(品番TQV49-17H)。
袖口部分のパイピングが滑脱することが判明したため、同社では交換、または返金対応するとしています。

2017年4月6日

ダスキン、プレミアムフライデーを実施

株式会社ダスキン(本社大阪府吹田市、山村輝治社長)は2017年4月から全拠点(本社、地域本部、直営拠点・工場)のパート従業員、派遣労働者を含む全従業員を対象に、プレミアムフライデーを実施すると発表しました。
http://www.duskin.co.jp/news/2017/0404_01/index.html

これは働き方改革の一環として、従業員の疲労回復、自己研さんに充てる時間の創出を目的にしたもの。4月から本社は毎月最終金曜日を15時終業に、地域本部、直営拠点・工場では月に1回、いずれかの金曜日の所定終業時間を2時間30分早めるとしています。

ニット製品の組成表記に誤り

株式会社ユナイテッドアローズは、BEAUTY&YOUTHブランドのニットの一部で組成表記に誤りがあったと発表しました。
http://www.united-arrows.co.jp/info/2017/04/078583.html

対象商品は、BEAUTY&YOUTHの「ショートスリーブニット」(品番1618-105-0271)、「ノースリーブニット」(品番1618-105-0270)。
下札、洗濯絵表示の組成表記が、RAYON 70%、NYLON 30%となっていますが、正しくは「RAYON 70%、ポリエステル 30%」。取り扱い方法には問題ないとしています。

2017年4月5日

ナガイレーベンが第2四半期決算を発表

ナガイレーベン株式会社(本社東京、澤登一郎社長)が平成29年8月期第2四半期決算の連結業績(平成28年9月1日から29年2月28日)を発表しました。
http://www.nagaileben.co.jp/ir-statements/

それによると、
  • 売上高   :71億4,900万円(前年同期比3.0%増)
  • 営業利益  :19億3,200万円(同13.0%増)
  • 経常利益  :20億700万円(同17.9%増)
  • 四半期純利益:13億8,000万円(同22.8%増)
でした。

決算短信によると、高付加価値商品戦略の推進のもとに、主力のヘルスケアウェアの更新物件の確実な受注と新規物件の獲得及び患者ウェアの好調な推移により、前年同期比3.0%の増収となり、販売計画をクリアーするとともに過去最高売上を達成した、としています。

アイナックス/稲本製作所、情報誌第1号を発行

アイナックス/稲本製作所は情報誌「I-POST」2017年4月1日号(第1号)を発行しました。


今号の主な内容は、
  • 【特集】新生 アイナックス稲本株式会社へ
  • 研究・開発からアフターフォローまでを担うテクニカルセンター
  • 稲本とカーネギッサ社の技術を融合したチェスト&カレンダー
  • アイナックス稲本はホームクリーニングに全力で取り組みます
  • TBSテレビ「がっちりマンデー!!」に登場

2017年4月2日

「かなめ」387号発行

かなめ流通グループの情報紙「かなめ」2017年4月1日号(第387号)が発行されました。


今号の主な内容は、
  • 1台でマルチに使える人体仕上げ機/イツミ製作所
  • かなめ会員機材商の展示会・研修会
  • 昨年の洗剤出荷量2.5%増/洗剤同業会の出荷統計
  • ぶんちゃんの販促道場/A4縦半チラシをオススメする3つの理由
  • 新リフォームは宝の山だ!!ダウンのリスクその2・3
  • 歴史ある街にたたずむ老舗・花平クリーニング(村上市)
  • 資材REPORT(セブンリバー など)
  • 新しいテキスタイルケアビジネスの基本モデル
  • とうきょう こころも らぼ〜無印良品のイベントに2年連続参加
【かなめ流通グループのサイト】
http://www.kaname-g.jp/

2017年4月1日

稲本製作所とアイナックスが合併

株式会社稲本製作所(本社石川県白山市)と株式会社アイナックス(本社東京)は7月に合併すると日本経済新聞・北陸版が伝えています。
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO14779870R30C17A3LB0000/

新会社「アイナックス稲本」で、本社はアイナックスと同じ東京都品川区に置き、白山市の拠点は製造・開発機能を担うとのこと。両社の社長を務める佐々田和男氏が新会社の社長に就く予定。資本金3億円。

今回の製造と販売部門の統合は、東京五輪や訪日外国人の増加をにらんだホテル建設の増加でリネンサプライ業界からの受注が拡大しており、製販一体で開発設計や顧客サービスを強化するのが狙い。当面は堅調な需要が続くとみており、総務や経理の集約など効率化も進めるとしています。

ニット、縫い合わせ部でほつれ

株式会社ルドームは、IENAブランドのニットの一部でほつれが生じる可能性が高いと発表しました。
http://www.baycrews.co.jp/information/apology/2017/007760.html

対象商品は2016年9月3日から2017年2月28日までIENA各店で販売した「wish 16G 天竺タートルP/O」「イタリア糸リブV C/D」「イタリア糸リブタートル」。
縫い合わせている糸の強度が弱いため、脇や袖等縫い合わせている部分で、ほつれが生じる可能性が高いことが判明したため、同社では修理対応するとしています。

リネット初のラジオコーナー

株式会社ホワイトプラス(本社東京、井下孝之社長)の運営する「リネット」は4月1日より、J-WAVE(81.3FM)「RADIO DONUTS」の中で「Lenet FUN! MY STYLE」の放送を開始します。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000012.000016048.html

ファッションにこだわりのあるゲストの、自分らしくファッションを楽しむ「FUN! MY STYLE」なエピソードや、お洋服のお手入れ・ケア方法など、お気に入りのお洋服を長く大切にする楽しさについて伺うという内容。
第1回目のゲストは水曜日のカンパネラのコムアイさん。「Lenet FUN! MY STYLE」の放送時間は8:30〜8:40。

「クリーニングニュース」816号発行

全国クリーニング生活衛生同業組合連合会の「クリーニングニュース」2017年4月号(第816号)が発行されました。


今号の内容は、
  • 特集/平成28年度生活衛生関係営業対策事業報告
  • 注目/新JIS L 0001に対応したウエットクリーニング
  • 情報ファイル(平成28年度第6回理事会を開催 など)
  • クリーニング師研修・業務従事者講習インフォメーション
  • 業務従事のクリーニング師の変更届
  • 日本政策金融公庫/平成29年度「生活衛生資金貸付」予算案の概要
  • 技術部会のページ〜平成28年度『技術情報』に掲載した主要テーマ
  • 青の時代ーホームページ、SNSを利用したPR
  • 全国ふるさと自慢(山形県/霞城公園、大阪府/あべのハルカス)
  • トピックス(春先に「ジャコット」 など)
  • 衣料管理情報〜紫外線による変色
  • 全国クリーニング業企業年金基金・ホームページのご案内
  • みんなの共済広場「潮流」
  • CLEANER'S VOICE〜読者のページ〜
  • 全ク連活動報告Diary(平成29年2月)
  • 「編集委員だより」・編集後記

【全ク連のサイト】
http://www.zenkuren.or.jp/

2017年3月31日

「ニュークリーナーズ」第548号発行

全国クリーニング協議会の「ニュークリーナーズ」2017年3月25日号(第548号)が発行されました。


今号の主な内容は、
  • 第48回通常総会/高木体制2年目がスタート
  • 各支部で会合を開催〜業界の課題・最新情報を共有
  • 便利でお得な「メンテ」の話〜繁忙期のメンテポイント
  • 都経協・春季クリーニング大学
  • クリーニング業の労務管理/保険料率の改定
  • 全協会員コラム<常務理事・井上周一郎>「再配達」に思うこと
  • 法律相談/契約業者名の公開 法に抵触する?
  • 記念講演を振り返る〜クリーニング経営を数字で解説

2月のクリーニング代支出は278円、12.6%減少

総務省統計局の「家計調査報告(二人以上の世帯)」2017年2月分がまとまりました。

2月分の結果は、全国全世帯のクリーニング代支出額は278円で、前年の318円より12.6%減少。6カ月ぶりの減少となりました。勤労者世帯も前年より14.8%減少して311円(前年365円)でした。

地方別では、
  • 北海道 568円(前年212円)
  • 東 北 336円(前年475円)
  • 関 東 288円(前年377円)
  • 北 陸 229円(前年291円)
  • 東 海 213円(前年250円)
  • 近 畿 240円(前年269円)
  • 中 国 250円(前年221円)
  • 四 国 174円(前年297円)
  • 九 州 292円(前年289円)
  • 沖 縄 207円(前年175円)
詳細はクリーニングオンラインのデータ集に掲載しています。
http://www.c-online.net/data/c_expense/index.html

きょくとう社長・松本氏が死去

株式会社きょくとうの代表取締役社長・松本真次氏(まつもと・しんじ)が2017年3月29日、死去、67歳。葬儀は近親者のみで行われる予定です。
http://contents.xj-storage.jp/xcontents/23000/fd376485/aae9/42cc/95e2/5be46b6b67b0/140120170330431163.pdf

3月30日付で代表取締役会長・牧平年廣氏が代表取締役会長兼社長に就任しました。

2017年3月29日

プラス、体操マットクリーニングを開始

プラス株式会社(本社東京、今泉公二社長)は、小・中学校向け「教材総合カタログ」(年1回発刊)第51版を2017年4月1日に発刊。その中で体操マットクリーニングも開始します。
http://www.plus.co.jp/news/201703/001593.html

今回のカタログでは、新たに学校教員・事務職員の困りごとを解決するサービスが登場。小・中学校向けサービスとしては業界初の「体操マットクリーニング」のサービスも実施します。

長年使用してきた体操マットや職員室の椅子など、汚れが気になってもどうしてよいか分からなかった数々の備品のクリーニングサービスを導入。すっきりキレイになれば購入費の節約にもなり、児童・生徒には “ものを大切に長く使う心”が育まれるとしています。

2017年3月27日

「日本クリーニング新聞」1815号発行

クリーニング業界の業界紙「日本クリーニング新聞」2017年3月25日号(第1815号)が発行されました。


今号の主な内容は、
  • さわやかグループ/値打ちある価値観を追求してブランド力向上へ
  • メサゴ・メッセ/宇宙も視野の欧州テキスタイル展募集と業界動向
  • JTCC・専門技術士が充実指導
  • 衣管協・TES試験7月16日
  • TeMA各科修了式〜1年間学んだ基礎・専門知識でお客様や会社・仲間に貢献
  • 欧米の防火衣や防炎物品、防炎製品を研究
  • さっぱり洗い365研究会/色修正  積極的に研修
  • [特集]春の衣替え+α

【日本クリーニング新聞のサイト】
http://www.nicli.co.jp/

海谷商店、自己破産を申請へ

株式会社海谷商店(山形市、堀孝浩社長)は3月23日までに事業を停止、自己破産を申請予定だと山形新聞が報じています。負債は約1億2千万円とのこと。
http://yamagata-np.jp/news/201703/24/kj_2017032400477.php

東京商工リサーチ山形支店によると、海谷商店は1932年(昭和7年)に創業、クリーニング資材販売を主体に山形県内をはじめ一時は東北各地に販売網を構築。93年3月期には約3億4600万円の売上高を計上していましたが、2016年3月期には約1億1千万円まで落ち込んでいたとのこと。

2017年3月24日

ジャカルタの展示会、アサヒ製作所も出展

3月23〜25日、インドネシアのジャカルタでクリーニングの展示会「EXPO CLEAN」、ランドリーの展示会「EXPO LAUNDRY」が開催されています。
インドネシアで唯一の総合的なクリーニング関係の展示会で、世界各国のメーカーが出展。約6,000人の来場を見込んでいます。

今回の展示会には、株式会社アサヒ製作所(本社神奈川県中井町、鈴木孝則社長)も出展。ランドリー工場の入荷、洗浄から仕上、出荷まで、同社が展開するシステムをジオラマで紹介しています。