ブログを含むクリーニングオンライン内の検索ができます

2017年4月29日

平成29年春の叙勲受章者を発表

平成29年春の叙勲の受章者が4月29日付で発令。クリーニング業界関係では、生活衛生功労として森康宏氏、刈山年春氏が旭日双光章を受賞されました。

森康宏氏 (もり・やすひろ、78歳、石川県組合理事長、全ク連理事)
刈山年春氏(かりやま・としはる、74歳、元和歌山県組合理事長、和歌山県組合副理事長)

受章者は5月11日に皇居で天皇陛下に拝謁する予定。

2017年4月28日

3月のクリーニング代支出は424円、20.9%減少

総務省統計局の「家計調査報告(二人以上の世帯)」2017年3月分がまとまりました。

3月分の結果は、全国全世帯のクリーニング代支出額は424円で、前年の536円より20.9%減少。2カ月連続の減少となりました。勤労者世帯も前年より24%減少して489円(前年643円)でした。

地方別では、
  • 北海道 532円(前年514円)
  • 東 北 359円(前年754円)
  • 関 東 450円(前年585円)
  • 北 陸 420円(前年419円)
  • 東 海 375円(前年447円)
  • 近 畿 375円(前年497円)
  • 中 国 445円(前年452円)
  • 四 国 493円(前年460円)
  • 九 州 449円(前年537円)
  • 沖 縄 291円(前年258円)
詳細はクリーニングオンラインのデータ集に掲載しています。
http://www.c-online.net/data/c_expense/index.html

自動おしぼり製造機、愛知環境賞を受賞

プールス株式会社(本社豊橋市、高畑昌隆社長)の自動おしぼり製造機「Purus」が2017年愛知環境賞の優秀賞を受賞しました。
http://aichikankyoushou.jp/special_2017/

愛知環境賞は、資源循環や環境負荷の低減に関する先駆的で効果的な<技術・事業><活動・教育>の優れた事例に対し表彰を行うもので、愛知万博の開催に合わせて2005年から実施しています。

自動おしぼり製造機「Purus」は、衛生的で高品位なおしぼりを作り出すもので、外食産業や病院・娯楽施設、介護施設など広い分野で使われています。
今回は、水使用量や消費電力の大幅な削減を実現し、環境負荷低減に貢献する点などが受賞のポイントとなっています。

2017年4月27日

白洋舍が第1四半期決算を発表

株式会社白洋舍(本社東京、五十嵐素一社長)は、平成29年12月期第1四半期の連結業績(平成29年1月1日から3月31日)を発表しました。
http://www.hakuyosha.co.jp/ir/news/financial_report/

それによると、
  • 売上高   :106億2,000万円(前年同期比3.8%増)
  • 営業利益  :△6億7,700万円(−)
  • 経常利益  :△5億8,100万円(−)
  • 四半期純利益:△2億9,600万円(−)
でした。

決算短信によると、業績を事業セグメント別にみると、

個人向けのクリーニング事業は、本年3月からは、ドライクリーニングの洗浄液に当社オリジナルの添加剤を加えることで、主にカシミア等の獣毛素材製品に対ししっとり感を与える「しっとり加工」を新たに開始する等、サービスの付加価値向上をはかりました。
第1四半期における売上は、季節的要因から例年低位に推移する傾向にあり、クリーニング事業の売上高は、42億5,600万円(前年同四半期比1.8%減)、セグメント損失は9億1,800万円でした。

レンタル事業のリネンサプライ部門は、新規の得意先ホテルとの取引が堅調に推移したこと等により増収。ユニフォームレンタル部門は、ナショナルチェーンや食品関連企業からの需要の増加等が、売上増に寄与しました。
これらの結果に加え、昨年6月に子会社化した北海道リネンサプライ株式会社の業績を連結業績に算入したこと等から、レンタル事業の売上高は56億400万円(前年同四半期比8.8%増)、セグメント利益は5億1,600万円(同2.9%増)となりました。

その他事業においては、連結子会社においてクリーニング機械等の売上が増加したこと等から売上高は14億5,000万円(同15.2%増)、セグメント利益は8,200万円(同43.7%増)でした。

「日本クリーニング新聞」1818号発行

クリーニング業界の業界紙「日本クリーニング新聞」2017年4月25日号(第1818号)が発行されました。


今号の主な内容は、
  • CLVクリーニングフェストOSAKA2018開催概要を発表
  • 17春商戦〜中旬以降「ようやく」
  • 最新のIT専門の12展示会を集めた17年春
  • ライオン・働く女性と洗濯の意識調査
  • 解説・クリーニングのための改正取扱い表示(玉井千里)
  • 商品紹介(ニックス・自動投入機用洗剤 など)
  • 溶剤使用管理調査〜ドライ縮小 供給側もエスカレート
  • アピッシュ/中目黒高架下旗艦店を開店

【日本クリーニング新聞のサイト】
http://www.nicli.co.jp/

2017年4月24日

3月のチェーンストア販売、衣料品9.0%減

日本チェーンストア協会が平成29年3月度の「チェーンストア販売統計」を発表しました。
http://www.jcsa.gr.jp/

会員企業数56社(店舗数9,376店)の販売データをまとめたもので、総販売額は1兆520億7,706万円(前年比1.8%減)でした。
概況として、3月は食料品はまずまずの動きだったが、衣料品、住関品ともに気温低下の影響もあり季節商品が苦戦したこともあり、総販売額の前年同月比(店舗調整後)はマイナスとなった、としています。

衣料品を見てみると、販売金額は937億5,723万円で、前年同月比1.1%減でした。
部門別では、
紳士衣料  169億5,177万円(前年比1.4%減)
婦人衣料  289億577万円(前年比2.4%減)
その他衣料 478億9,969万円(前年比0.2%減)

紳士衣料は、スラックス、ドレスシャツ、カジュアルパンツ、長袖Tシャツなどの動きは良かったものの、ジャケット、春物アウター、カジュアルシャツなどの動きは鈍かった。
婦人衣料は、フォーマル、コーディガン、レギンスパンツなどの動きが良かったが、春物コート、ジャケット、ブラウス、カットソーなどは不調に終わった。
その他衣料・洋品は、紳士パジャマ、紳士靴下、婦人下着、女児ハーフパンツ、傘などの動きは良かったが、紳士肌着、子供服、女児トップス、ストッキング、婦人バッグなどの動きは鈍かった。

2017年4月22日

新しい制服が原因?体調不良相次ぐ

米国・アメリカン航空で制服を一新した後、体調不良を訴える従業員が相次いでいると、Forbes JAPANが伝えています。
http://forbesjapan.com/articles/detail/16011

アメリカン航空は昨年9月、30年ぶりに制服を刷新、7万人を超える従業員に新しいユニフォームを支給しました。しかし、その後、体調不良を訴える従業員が相次ぎ、不調を報告したパイロットはおよそ100人、客室乗務員は3,000人を超えているとのこと。主な症状は、発疹、かゆみ、目の腫れ、気分の悪さなど。中には出勤できないほど症状が重い人もいます。

新しい制服がこうした症状の原因であるのかどうかは、さらなる調査が必要ですが、調査結果と今後の方針が固まるまで、以前の制服を着用して勤務することを認めているそうです。

タカケン、宅配クリーニング事業を強化

タカケンサンシャイン株式会社(本社岐阜県大垣市、髙木健志社長)はインターネットを活用した宅配クリーニング事業を強化すると、中部経済新聞が報じています。
http://www.chukei-news.co.jp/news/201704/22/articles_29492.php

宅配クリーニングの需要が拡大しており、従来の本社工場に加え、大阪の豊中工場を宅配クリーニングの拠点とし処理能力を増強。今後は最大1年の長期保管サービスの受け入れ体制も拡充し、顧客を取り込むとしています。

2017年4月20日

3月の百貨店売上、衣料品17カ月連続のマイナス

日本百貨店協会が平成29年3月の「全国百貨店売上高」を発表しました。
http://www.depart.or.jp/

調査対象百貨店80社231店のデータをまとめたもので、売上高総額は約5,195億円、前年同月比で0.9%減。13カ月連続のマイナスとなりました。
3月の特徴としては、富裕層消費やインバウンドの回復が売上を下支えしたが、気温低下により主力の春物衣料が伸び悩み前年には僅かに届かなかった、としています。

衣料品を見てみると、売上高は1,691億8,137万円で、前年同月比4.6%減。17カ月連続のマイナスとなりました。
商品別では、
  • 紳士服・洋品 327億6,453万7千円 (前年比2.6%減)
  • 婦人服・洋品 1,034億2,758万6千円 (前年比5.6%減)
  • 子供服・洋品 216億5,921万3千円 (前年比1.8%減)
  • その他衣料品 113億3,003万4千円 (前年比6.2%減)
となっています。

2017年4月19日

田辺市シルバー人材センター、洗濯代行が急増

和歌山県の田辺市シルバー人材センターで、入院患者から洗濯代行の依頼が急増していると紀伊民報が伝えています。
http://www.agara.co.jp/news/daily/?i=332287&p

センターによると昨年春、洗濯代行ができる会員が5人に増えたため、市内の病院に洗濯代行の営業に回ったところ、南和歌山医療センターなどから注文が相次ぐようになったとのこと。2015年度までの3年間で3件だった洗濯件数が、2016年度は190件になったとしています。

この洗濯代行は入院患者やその家族から注文があると、1週間ごとに着替えを取りにいって病院内の洗濯機と乾燥機を使って洗濯し畳んで返却。1回の料金は3,200円前後。

2017年4月18日

高級車を買うと節税になる?

MONEY PLUSのFPの家計相談シリーズで、クリーニング機材商さんから寄せられた質問<高級車を買うと、会社にとって「節税」になりますか?>が掲載されています。
https://moneyforward.com/media/career/30811/

「利益が出ているなら、社用車として高い外車を買いなさい」というアドバイスは、よくあるものなのでしょうか〜 クリーニング店向けに設備やサービスを販売する自営業を営んでいるという男性からの質問に、プロのファイナンシャルプランナー・野瀬大樹氏が答えています。

「日本クリーニング新聞」1817号発行

クリーニング業界の業界紙「日本クリーニング新聞」2017年4月15日号(第1817号)が発行されました。


今号の主な内容は、
  • 改正個人情報保護法・5月施行
  • 春の衣替え〜早くも5月型の動き!?
  • かなめグループ/29年度通常総会と研修会
  • TeMA第31回総会/TPP効果と17年日本経済の現状
  • 生産性管理者講習会・既成思考法からの脱出
  • 東横サポートのしみ抜きライトスクール
  • 商品紹介(カミナガ販売・シルエットメイク など)
  • ふとん協/大分でホーム、リネン工場見学と新JIS研修会

【日本クリーニング新聞のサイト】
http://www.nicli.co.jp/

2017年4月16日

CVSベイエリア、クリーニング事業11億9,000万円

株式会社シー・ヴイ・エス・ベイエリア(本社千葉市、上山富彦社長)が平成29年2月期の連結業績(平成28年3月1日から29年2月28日)を発表しました。
http://www.cvs-bayarea.co.jp/ir05.html

それによると、
  • 営業総収入 :294億5,200万円 (前年同期比0.9%増)
  • 営業利益  :3,300万円 (−)
  • 経常利益  :2億1,300万円 (同47.2%増)
  • 当期純利益 :9,400万円 (同52.4%減)
でした。

決算短信によると、クリーニング事業では、マンションフロントやコンビニエンス・ストア店舗での便利、かつ、高品質のクリーニングサービスを提供しているほか、法人向けクリーニングでは、社員寮のほか、施設内における宿泊関連やホテル施設などの案件を獲得。また、自社工場と商品管理センターによる、制服のクリーニングからメンテナンス、在庫管理までを一元管理するメリットを活かしたトータルサービスの拡大を進めています。

当連結会計年度における業績は、クリーニング事業収入11億9,000万円(対前年同期比4.1%増)、セ
グメント利益5,300万円(同14.0%増)でした。

きょくとう、売上高68億300万円

株式会社きょくとう(本社福岡市、牧平年廣社長)が平成29年2月期の業績(平成28年3月1日から29年2月28日)を発表しました。
http://www.cl-kyokuto.co.jp/ir/

それによると、
  • 売上高   :68億300万円(前年同期比0.9%減)
  • 営業利益  :3億6,100万円(同158.8%増)
  • 経常利益  :4億4,600万円(同94.3%増)
  • 当期純利益 :9,400万円(同70.5%増)
でした。

決算短信によると、同社は「NBM(ニュー・ビジネス・モデル)-16」を掲げ、ブロック長制の導入による目標必達主義、工場経理事務員の戦力化による経営数値の早期把握など改革を進めてきました。また、女性がより活躍できる工場や店舗に向けた取り組みも継続。

営業面では、春の衣替えシーズンに人気キャラクターの「妖怪ウォッチ」とタイアップした販促活動を展開し、秋の繁忙期には「新規ご入会キャンペーン」を実施し、会員数と需要の拡大に努めました。一方、人手不足で採用環境が厳しさを増す中、店舗の受付シフトに対応するため定休日の新設を含む営業時間の見直しを行いました。

生産面では、新機種として特注の人体フォーマー(上着立体仕上げ機)を導入し、全工場・プラントに配備したことにより、安定した仕上げ品質と生産効率の向上を確保しました。

投資面では4月に大阪府堺市でM&Aを実施し、1工場10店舗を取得しました。反面、不採算店については積極的に閉鎖を進めました。

2017年4月15日

ラップパンツ、洗濯で著しい縮み

株式会社ストライプインターナショナルは、セブンデイズ サンデイ(SEVENDAYS=SUNDAY)ブランドのラップパンツの一部で、洗濯により縮みが発生するものがあると発表しました。
http://7days-sunday.jp/news/index.php?c=topics_view&pk=310

対象商品は2017年3月2日から4月12日まで販売した「エスニックストライプリボン付きラップパンツ」(品番30171F30060)。洗濯表示通りの「手洗い」処理により、著しい縮みが発生するものが混在していることが判明したため、同社では回収、返金対応するとしています。

2017年4月14日

生活衛生資金貸付、利率を改定

生活衛生資金貸付の貸付利率が平成29年4月12日から改定されました。
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000162027.html

基準利率 :1.76〜2.35%
特別利率A:1.36〜1.95%
特別利率B:1.11〜1.70%
特別利率C:0.86〜1.45%
特別利率E:0.36〜0.95%
特別利率F:1.11%

「クリーニング流通新聞」323号発行

クリーニング業界の業界紙「クリーニング流通新聞」2017年4月10日号(第323号)が発行されました。


今号の主な内容は、
  • 宅配の新しい業態を提案〜5月に本紙後援でセミナー
  • アイナックスと稲本が合併
  • 厚労省の営業対策補助金・4県組合が活用して事業
  • カミナガ販売/恒例のエネロキャンペーン
  • ガード加工で利益を確保・AMG有馬義
  • “時代と環境に合わせて”ラクナ新本社を披露
  • 京技術会で店頭シミ抜き・高効率のユニット見学も

2017年4月13日

厚労省「外国人の活用好事例集」作成

厚生労働省は「外国人の活用好事例集~外国人と上手く協働していくために~」を作成しました。
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000160961.html

外国人を雇用している企業約50社を対象とした雇用管理等に関するヒアリング調査を実施し、有識者で構成された研究会において調査結果の分析を行い、好事例となる取組内容を取りまとめたもの。より良い就労環境等を整備するきっかけとして活用してほしいとしています。

wash-plus、コイン店内に宅配ロッカー

株式会社wash-plus(本社千葉県浦安市、高梨健太郎社長)はヤマト運輸株式会社、Packcity Japan株式会社と連携し、宅配便ロッカー「PUDO(プドー)ステーション」をコインランドリーwash+中葛西店(東京都江戸川区)の店内に設置しました。
https://www.atpress.ne.jp/news/126345


24時間営業しているコインランドリーへ宅配便ロッカーを設置することで、自宅を不在にすることが多い方に対して、生活に必要なサービスとして利便性、快適さを提供し、社会的な諸課題の解消に寄与することを目的としているとのこと。
同社では今後、宅配便ロッカー設置店舗の拡大をはかっていくとしています。

2017年4月12日

新潟県、生衛組合連合会と支援協定

新潟県は災害時における被災者の生活衛生の向上をはかるため、新潟県生活衛生同業組合連合会と災害時における支援協定を4月11日、締結しました。
http://www.pref.niigata.lg.jp/seikatueisei/1356865813758.html

新潟県生活衛生同業組合連合会は、新潟県クリーニング生活衛生同業組合を含む11組合で構成。今回の協定に基づく支援の主な内容として、「被災者の毛布、衣類等のクリーニングの実施」などがあります。

LGのホームクリーニング機、10万台突破

韓国・LG電子のホームクリーニング機「LGスリムスタイラー」が、韓国で累計販売台数10万台を超えたと、ソウル聯合ニュースが報じています。
http://japanese.yonhapnews.co.kr/economy/2017/04/12/0500000000AJP20170412000600882.HTML

「LGスリムスタイラー」は衣類のしわを減らして消臭し、衣類に残ったPMや大腸菌・黄色ブドウ球菌などを除菌するというもの。2015年に発売を開始し、今年1~3月期には月平均1万台以上が売れたとのこと。一般家庭だけでなく、ホテル、リゾートなどの高級宿泊施設でも設置事例が増えているとしています。

2017年4月11日

ローマ法王、無料のコインランドリー開設

ローマ法王フランシスコが貧困層のために、無料で使えるコインランドリーをローマ市内に開設しました。CNNが伝えています。
http://www.cnn.co.jp/fringe/35099581.html

ランドリーはバチカンからも近いローマのトラステベレ地区にあるキリスト教団体が運営する古い病院施設内に開設。ワールプール社が洗濯機、乾燥機を各6台、およびアイロン多数を寄贈。プロクター・アンド・ギャンブル社が洗濯用洗剤や柔軟剤を供給しています。
フランシスコ法王のランドリーの目的は「私たちの兄弟姉妹である多くの人に尊厳を取り戻してもらう」ことにあるとしています。

2017年4月9日

「ザ・サプライヤー」19号発行

テキスタイルレンタルの専門情報誌「ザ・サプライヤー」2017年春季号(第19号)が発行されました。


今号の主な内容は、
  • ビジョン具現化した新工場/ベネック関東支店第二事業所
  • ボイラ、排水処理設備等の監視システム/テーオーリネンサプライ厚木工場
  • 高齢者中心の生産現場で省人・省力効果を発揮/白清舎
  • 水とエアーだけ!!低コストの暑さ対策/北基サービス、モリチクリーニング
  • 利益創出する工場作り『プラント・コンシェルジュ』/ヤブサメ
  • 世界600工場で稼働する最先端ERP提案/ABSランドリービジネスソリューションズ
  • ドイツNo.1のバーコードラベル/EID SYSTEM
  • 様々な産業で採用広がる衛生・省エネ資材/松本日光舎
  • アナログ管理からの転換で業務効率を改善/デジジャパン
  • ラベルの活用で付加価値を/共栄産業
  • インクの裏移りを抑えた「耐洗ラベル-S」発売/昭好
  • ローコスト高生産工場のつくり方(ケーエスシー・北川幸一)
  • リネン工場の現場改善&生産管理術(エムアイイーシーシステム研究所・伊藤良哉)
【ゼンドラ/ザ・サプライヤーのサイト】
http://www.zendora.co.jp/supplier.html

2017年4月7日

「日本クリーニング新聞」1816号発行

クリーニング業界の業界紙「日本クリーニング新聞」2017年4月5日号(第1816号)が発行されました。


今号の主な内容は、
  • 「家事代行」認証制度で本格化
  • 7月「アイナックス稲本株式会社」に
  • 全ク連・関連団体 17年行事日程発表
  • RAL/2017年大変化するホテル業界とクリーニング
  • カミナガ販売17エネロキャンペーンはじまる
  • クリーンフェアー大阪17〜西日本機材商10社で開催
  • 4組合で補助金事業・エコバッグ配布やホームページ刷新
  • クリーニングメリー/SMS会員増と経費削減に貢献

【日本クリーニング新聞のサイト】
http://www.nicli.co.jp/

「東京クリーニング界」810号発行

東京都クリーニング生活衛生同業組合の「東京クリーニング界」2017年4月号(第810号)が発行されました。


今号の主な内容は、
  • 溝口悦夫氏 旭日双光章受章祝賀会を開催
  • 消費生活センター依頼による消費者講座開催
  • 中小企業事業者の事業承継
  • Cleaningクロスワードパズルvol.1
  • 平成28年度クリーニング師学科試験問題
  • 2016年全国一世帯当たり平均クリーニング支出額まとまる
  • 本部だより
【東京都クリーニング生活衛生同業組合のサイト】
http://www.tokyo929.or.jp/

シャツの袖口パイピング部分が滑脱

株式会社タカキューは、ドレスシャツの一部で袖口のパイピング部分が滑脱するおそれがあると発表しました。
http://www.taka-q.com/img/news/170406.pdf

対象商品は2016年12月1日から2017年2月23日まで販売したTAKA-Q、およびMALE&Co.の「白ドビーボタンダウンパイピングシャツ」(品番TQV49-17H)。
袖口部分のパイピングが滑脱することが判明したため、同社では交換、または返金対応するとしています。

2017年4月6日

ダスキン、プレミアムフライデーを実施

株式会社ダスキン(本社大阪府吹田市、山村輝治社長)は2017年4月から全拠点(本社、地域本部、直営拠点・工場)のパート従業員、派遣労働者を含む全従業員を対象に、プレミアムフライデーを実施すると発表しました。
http://www.duskin.co.jp/news/2017/0404_01/index.html

これは働き方改革の一環として、従業員の疲労回復、自己研さんに充てる時間の創出を目的にしたもの。4月から本社は毎月最終金曜日を15時終業に、地域本部、直営拠点・工場では月に1回、いずれかの金曜日の所定終業時間を2時間30分早めるとしています。

ニット製品の組成表記に誤り

株式会社ユナイテッドアローズは、BEAUTY&YOUTHブランドのニットの一部で組成表記に誤りがあったと発表しました。
http://www.united-arrows.co.jp/info/2017/04/078583.html

対象商品は、BEAUTY&YOUTHの「ショートスリーブニット」(品番1618-105-0271)、「ノースリーブニット」(品番1618-105-0270)。
下札、洗濯絵表示の組成表記が、RAYON 70%、NYLON 30%となっていますが、正しくは「RAYON 70%、ポリエステル 30%」。取り扱い方法には問題ないとしています。

2017年4月5日

ナガイレーベンが第2四半期決算を発表

ナガイレーベン株式会社(本社東京、澤登一郎社長)が平成29年8月期第2四半期決算の連結業績(平成28年9月1日から29年2月28日)を発表しました。
http://www.nagaileben.co.jp/ir-statements/

それによると、
  • 売上高   :71億4,900万円(前年同期比3.0%増)
  • 営業利益  :19億3,200万円(同13.0%増)
  • 経常利益  :20億700万円(同17.9%増)
  • 四半期純利益:13億8,000万円(同22.8%増)
でした。

決算短信によると、高付加価値商品戦略の推進のもとに、主力のヘルスケアウェアの更新物件の確実な受注と新規物件の獲得及び患者ウェアの好調な推移により、前年同期比3.0%の増収となり、販売計画をクリアーするとともに過去最高売上を達成した、としています。

アイナックス/稲本製作所、情報誌第1号を発行

アイナックス/稲本製作所は情報誌「I-POST」2017年4月1日号(第1号)を発行しました。


今号の主な内容は、
  • 【特集】新生 アイナックス稲本株式会社へ
  • 研究・開発からアフターフォローまでを担うテクニカルセンター
  • 稲本とカーネギッサ社の技術を融合したチェスト&カレンダー
  • アイナックス稲本はホームクリーニングに全力で取り組みます
  • TBSテレビ「がっちりマンデー!!」に登場

2017年4月2日

「かなめ」387号発行

かなめ流通グループの情報紙「かなめ」2017年4月1日号(第387号)が発行されました。


今号の主な内容は、
  • 1台でマルチに使える人体仕上げ機/イツミ製作所
  • かなめ会員機材商の展示会・研修会
  • 昨年の洗剤出荷量2.5%増/洗剤同業会の出荷統計
  • ぶんちゃんの販促道場/A4縦半チラシをオススメする3つの理由
  • 新リフォームは宝の山だ!!ダウンのリスクその2・3
  • 歴史ある街にたたずむ老舗・花平クリーニング(村上市)
  • 資材REPORT(セブンリバー など)
  • 新しいテキスタイルケアビジネスの基本モデル
  • とうきょう こころも らぼ〜無印良品のイベントに2年連続参加
【かなめ流通グループのサイト】
http://www.kaname-g.jp/

2017年4月1日

稲本製作所とアイナックスが合併

株式会社稲本製作所(本社石川県白山市)と株式会社アイナックス(本社東京)は7月に合併すると日本経済新聞・北陸版が伝えています。
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO14779870R30C17A3LB0000/

新会社「アイナックス稲本」で、本社はアイナックスと同じ東京都品川区に置き、白山市の拠点は製造・開発機能を担うとのこと。両社の社長を務める佐々田和男氏が新会社の社長に就く予定。資本金3億円。

今回の製造と販売部門の統合は、東京五輪や訪日外国人の増加をにらんだホテル建設の増加でリネンサプライ業界からの受注が拡大しており、製販一体で開発設計や顧客サービスを強化するのが狙い。当面は堅調な需要が続くとみており、総務や経理の集約など効率化も進めるとしています。

ニット、縫い合わせ部でほつれ

株式会社ルドームは、IENAブランドのニットの一部でほつれが生じる可能性が高いと発表しました。
http://www.baycrews.co.jp/information/apology/2017/007760.html

対象商品は2016年9月3日から2017年2月28日までIENA各店で販売した「wish 16G 天竺タートルP/O」「イタリア糸リブV C/D」「イタリア糸リブタートル」。
縫い合わせている糸の強度が弱いため、脇や袖等縫い合わせている部分で、ほつれが生じる可能性が高いことが判明したため、同社では修理対応するとしています。

リネット初のラジオコーナー

株式会社ホワイトプラス(本社東京、井下孝之社長)の運営する「リネット」は4月1日より、J-WAVE(81.3FM)「RADIO DONUTS」の中で「Lenet FUN! MY STYLE」の放送を開始します。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000012.000016048.html

ファッションにこだわりのあるゲストの、自分らしくファッションを楽しむ「FUN! MY STYLE」なエピソードや、お洋服のお手入れ・ケア方法など、お気に入りのお洋服を長く大切にする楽しさについて伺うという内容。
第1回目のゲストは水曜日のカンパネラのコムアイさん。「Lenet FUN! MY STYLE」の放送時間は8:30〜8:40。

「クリーニングニュース」816号発行

全国クリーニング生活衛生同業組合連合会の「クリーニングニュース」2017年4月号(第816号)が発行されました。


今号の内容は、
  • 特集/平成28年度生活衛生関係営業対策事業報告
  • 注目/新JIS L 0001に対応したウエットクリーニング
  • 情報ファイル(平成28年度第6回理事会を開催 など)
  • クリーニング師研修・業務従事者講習インフォメーション
  • 業務従事のクリーニング師の変更届
  • 日本政策金融公庫/平成29年度「生活衛生資金貸付」予算案の概要
  • 技術部会のページ〜平成28年度『技術情報』に掲載した主要テーマ
  • 青の時代ーホームページ、SNSを利用したPR
  • 全国ふるさと自慢(山形県/霞城公園、大阪府/あべのハルカス)
  • トピックス(春先に「ジャコット」 など)
  • 衣料管理情報〜紫外線による変色
  • 全国クリーニング業企業年金基金・ホームページのご案内
  • みんなの共済広場「潮流」
  • CLEANER'S VOICE〜読者のページ〜
  • 全ク連活動報告Diary(平成29年2月)
  • 「編集委員だより」・編集後記

【全ク連のサイト】
http://www.zenkuren.or.jp/